宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

2011年6月アーカイブ

雨のキャンドルナイト


毎年恒例となった「100万人のキャンドルナイトin仙台市天文台」が6/18(土)に行われました。

web0.jpgあいにくの空模様で午後からは雨が降ってきてしまいましたが、閉館までたくさんのお客様で賑わいました。

web1.jpg

▲ベニヤマボウシから移動天文車ベガ号を望んだ図。雨は残念ですが、なんとも風情があります。

web3.jpg

▲関連イベントとして開催された、宇宙物語3~そらものがたり~の「ライブペイントパフォーマンス」

web4.jpg

▲外から見た完成図。動画も公開しています→DO you know "uwabami"?

web5.jpg

▲仙台市野草園とのコラボ企画「竹で星座のキャンドルホルダーをつくろう!」も大盛況

web7.jpg

web6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

▲自分で竹を切って、好きな星座を選んで穴をあけます。


できあがったものを実際にキャンドルナイトで使用しました。幻想的で素敵ですね→ 

 

 

 web8.jpg

 ▲ベガ号での観望会は何も観察できませんでしたが、ベガ号そのものを楽しんでいただきました。

web10.jpg 次回のキャンドルナイトは冬至近くの土曜日12月24日(クリスマスイブ!!)です。ぜひロマンチックな夜を楽しみにしていてください。

アナタハ“ウワバミ”ヲシッテマスカ?

6/25(土)、はらだかおるさんとムトウアキヒトさんによるアートユニット“uwabami”による、ライブペイントパフォーマンスが行われました。

お二人は、その日に開催されていた“キャンドルナイト”と“宇宙をはかる”をテーマに、プラネットカフェのガラスに直接絵を描いていきました。迷うことなくサラサラとペンを運び、時にはしごに登りながら、透明なガラスにカラフルな新しい命を吹き込んでいきます。その場にいたお客様もリアルタイムで画面に描きこみ、その日、その時、その空間でしか表現できない作品が完成。中には“台長座”や“まーくん座”といった、架空の星座もたくさん生まれました。

6月末まで消さずに公開予定ですので、ぜひ実際の“uwabami”の輝きを見にいらしてください。

↓実際は8時間かけて描いた絵があっという間にできあがる動画。三角の再生ボタンをクリック!

フラッシュバック、春。

4/24(日) に開催されたキセルコンサート「COZMIC RHYTHM」の画像を、共催した陰空さんが送ってくださいました。震災後すぐのイベントということで開催まで色々不安はありましたが、蓋を開けてみたら県外からもたくさんのお客様が来てくださり、満員御礼の大成功でした。

季節はあっという間に初夏に移り変わり、あの時がすでに懐かしくも感じられます。しばし「あの春」を思い出してみませんか。

ki2.jpg
ki3.jpg
ki5.jpg
ki6.jpg

わたあめ!?

 

P1040840s.jpg   スタッフルームで真剣な表情で取り組んでいるのは、、、

わたあめづくり!

割り箸に丁寧にわたあめを張り付けていきます。

「わたあめに見えるかな?」

「おいしそうに見えるかな?」

「よし、これでいこう!」

 

 

 

 

 

 

P1040852s.jpg

次は、撮影。大真面目なスタッフたちの表情。

これは、いったい何に使うのでしょう? 気になりますね~

このわたあめは、「こどもの時間」で登場します。 

 

 

amanogawa.jpg

あまのがわのふしぎを、是非わたあめで感じてみてください!

 

企画交流/高橋(博)