宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

2012年7月アーカイブ

【特集】夏の企画展「たべる」vol.2  百星レストランへようこそ!     

 

taberu.jpg 

夏の企画展『たべる』を食べつくせ! 

ということで、今回から順次、見どころをご紹介していこうと思います。

 
メイン会場の「加藤・小坂ホール」は、4つの『たべる』にちなんだ展示コーナーがあります。

kikaku-1.jpg 

 

 

 

 

 

 

最初のコーナーは、「宇宙」と「たべる」をテーマに描いた 『百星レストランへようこそ!』

 

   kikaku-3.jpg

 どこかにある?! 宇宙の食材とそれを料理してくれるレストラン。仙台出身の ものつくりびと・はらだかおるさんによるファンタジーイラスト展です。

 

   →はらだかおるさんのHPと天文台でのイベントの様子はこちら

     http://sora-neko.uyulala-fantasy.com/sora-neko.html

     http://mamecov.blog135.fc2.com/blog-entry-371.html

 

kikaku-4.jpg

ここは宇宙の選りすぐりのシェフが集まるレストラン

宇宙フルコースを食べればおなかもこころも大満足

 

kikaku-2.jpgいろいろなメニューがそろっています!kikaku-5.jpgkikaku-6.jpg

kikaku-7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...まだまだありますよ

 

 どんなメニューがそろっているか、ご覧になってみて

 お気に入りのメニューがありましたら、ぜひアンケートへ!

 

あなたは、どの『たべる』がお気に入り?!

 

★ 次回は、天文台スタッフが撮影した今年の天文現象の「たべる」のコーナー ②『宇宙(そら)の食べ録写真館』

 

【特集】夏の企画展「たべる」vol.1

 taberu.jpg

いよいよ本日7/21(土)から始まった夏の企画展「たべる」とは一体どのようなものなのでしょうか。

数回に分けてその楽しみ方に迫ってみたいと思います。

まずはちらしを大公開です。


taberuomotejpg.jpgtaberuura.jpg

エレクトーンコンサートレポート

7/14(土)、 「親子で楽しむエレクトーンコンサートinプラネタリウム~コックピットはエレクトーン!?宇宙大冒険~」が開催されました。

こちらは前日のリハーサルの様子。

takenosan1.jpg

プラネタリウムで行うエレクトーンコンサートは今回が初めてです。エレクトーンは楽器1台で色々な音を出すことができ、まるで一人オーケストラのよう。一体どんなステージが繰り広げられるか期待が高まります。

そして迎えた本番当日。

takenosan2.jpgたくさんの子供達に迎えられ、演奏が始まりました。

多くの方に耳馴染みのある童謡やアニメソング、スタンダードナンバーが、ときに壮大に、ときに幻想的に奏でられ、コンサートは順調に進んでいきます。

「知ってる曲は一緒に歌ってね~」という奏者・竹野靖子さんの呼びかけに応え子供達もノリノリ。

takenosan3.jpg竹野さんはエレクトーンを弾くだけではありません。司会進行はもちろん、満天の星空の下星座の解説をしたり、エレクトーンを宇宙船のコックピットに見立て、操縦士として宇宙旅行に連れて行ってくれたりと大活躍です。

途中で「星めぐり~STAR SAMBA」という、88星座がすべて歌詞に出てくる曲を作られた山口蘭さんをゲストに迎え、リズミカルなサンバナンバーを披露。

yamaguchisan.jpg









仙台市天文台オリジナルキャラクター、プラネくんも登場し会場を盛り上げます。

さて、これは何をしているところでしょう?? お客様もステージにあがっています。

takenosan4.jpg正解は...来てからのお楽しみです。


というのもこのコンサートは15日(日)、16日(月・祝)と開催いたしますので、興味をもたれた方はぜひ、実際にコンサートを楽しんでいただきたいと思います。

コンサート直後の竹野さんと山口さんに今日の感想を伺いました。


竹野さん「プラネタリウムという、いつもとは違った場所での演奏で最初はドキドキしましたが、お客様が一緒に歌ってくださり会場が一体となっている、という雰囲気に、私自身とても楽しめました。」

山口さん「いつかこの曲(星めぐり~STAR SAMBA~)がプラネタリウムで流れたら嬉しいな、素敵だろうな、と思ってたので、その夢が叶って自分でもびっくりしています。たくさんの方にこの曲を歌ってもらうのが次の夢です。」

takenosantoyamaguchisan.jpg(7月14日)