info_logo_h.svg

仙台市天文台コンセプト

  1. 誰もが本物の宇宙と出会える
    「眼」になります。

    仙台市天文台は、CGや写真ではない、本物の宇宙を身近に感じてもらうために、すべての市民が宇宙と出会い、みつめるための「望遠鏡」として、さまざまな天体観測の機会や、宇宙・天文に関わる最新情報を発信します。

  2. くらしの中に宇宙を見つける、
    体験と情報をお届けします。

    仙台市天文台は、この世界すべてを"宇宙"ととらえ、歴史、環境、生命、音楽、芸術などと融合した多彩なプログラムを展開。あらゆる世代、幅広い興味に応える体験と情報をお届けします。

  3. 市民が作り、市民がふれあう。
    一人ひとりが主役の天文台へ。

    1955年の開台以来、市民とともに歩んできた仙台市天文台。宇宙をテーマに市民が集い、市民参加型のプログラムを開発するなど、地域と共に成長する、ひらかれた「宇宙の広場」をめざします。

宇宙のスケールを体感できる
天文総合博物館

宇宙を楽しむ、にぎわい空間
見て、触って、宇宙のスケールを体感!
誰もが本物の宇宙と出会える

ビジュアル・アイデンティティ

仙台市天文台では、施設のミッションである「宇宙を身近に。」を象徴的に表現するシンボルマークをつくりました。これは宇宙と日常とを結ぶ矢印で、天文台がメッセージするものを常に指し示しています。

このビジュアル・アイデンティティは、あらゆる媒体において一貫してしようし、施設として統一したイメージを発信します。

ビジュアル・アイデンティティ
デザイナー紹介

MICHEAL JOHNSON

マイケル・ジョンソン

グラフィック・デザインやブランディングを手掛ける英国デザイン会社Johnson banks(ジョンソンバンクス)を率いるヨーロッパ屈指のデザイナー。

主な作品には、英国が2005年後半に務めたEU基調国のロゴ、ロイヤル・メールの切手デザイン、パリのラ・ヴィレットのビジュアル・アイデンティティ等がある。

手掛けたポスター・デザインのうち25作品は、ビクトリア&アルバート美術館の永久所蔵品として納められており、最近ではインデペンデント誌が選ぶ「注目すべきデザイナー10人」にも選ばれている。

VIイメージバンク