宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

2013年8月アーカイブ

【特集】夏の企画展「うつす」vol.3

utsusuomote1.jpg

 

夏の企画展「うつす」で 星景写真展「時空(とき)の彩(いろ)」を開催している 大西浩次さんにお出でいただき、8/10(土)8/11(日)に「トークショー」と「ギャラリートーク」を開催しました。

表示

トークショーでは、大西さんが撮影された写真を交えながら 昨年の日食や今年話題のアイソン彗星について  星空の写真の向こうにひろがる宇宙のお話をいただきました。

  IMG_2441.jpg

 

ギャラリートークでは、実際の撮影方法や撮影秘話など、その写真の前だからこそ聞き応えのあるお話を伺うことができました。

IMG_2411.jpg

 

また8/10(土)には 夏休みということで 親子向けの「星景写真の撮り方講座」も開催。

10組 24名の参加者が 初めての星景写真に挑戦しました。

IMG_2437.jpg

 

まずは、大西さんの説明を聞きながら 自分のカメラの設定を確認し、外で撮影してみました。

2013_08_10_TUBAKURO_8046small.jpg

2013_08_10_TUBAKURO_8062small.jpg

撮影時間は1時間程でしたが、シャッタースピードやISO感度の調整など大西さんからアドバイスをいただきながら、思い思いに星景写真を撮っていました。

 

ちなみに、大西さんはその後 長野の燕岳で ペルセウス座流星群の撮影をなさったそうです。

そのときの写真も送ってくださいました。

2013_08_13_TUBAKURO_8564small.jpg

 

星空の楽しみ方のひとつとしても 星景写真って 素敵ですよね。

夏の企画展「うつす」もあと2日。

大西さんの撮影された写真の数々や写真コンテスト入選作品をぜひご覧ください。

 

 

 

【特集】夏の企画展「うつす」vol.2

utsusuomote1.jpgCO1.jpg夏の企画展「うつす」の関連イベントとして、8/3(土)から3日間、ワークショップ、富士フィルム「あっと驚く!カラー写真を作ってみよう!」が開催されています。カラー写真のしくみを学びながら、フルカラーの写真をつくると実験教室で、夏休みの自由研究にもピッタリです。


まずはカラー写真の歴史を勉強し、その後実験で確かめます。みんな白衣を着用し、専用のメガネをかけて、科学者気分でチャレンジです。

CO2.jpg

 

 










一般に市販されているカラーフイルムはそれ自体でカラーを出せるものなのですが、実はカラーは色の3原色、シアン(そらいろ)、マゼンダ(あかむらさき)、イエロー(きいろ)だけで、すべての色を表しています。それを理解するため、3色別々のフイルムを、元の白黒の写真に光をあてて像を写しこみ、現像、乾燥させます。



CO3.jpgそうして出来た3枚のフイルムを重ね合わせて見ると、あっと驚く!鮮やかなカラー写真の出来上がり!不思議なフイルム写真の世界が体験できました。


                      CO.jpg         「カラー写真の仕組みがわかったよ」→


このワークショップは4日、5日(1)10:30-、(2)13:30-、(3)15:00-(※5日の15:00の回は満席)にも開催します。当日直接の申込でも大丈夫です。



ぜひ、あっ!と驚く体験をお楽しみください。イベント詳細はこちら→参加しよう