宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

2012年5月アーカイブ

特別観察会「日食をみよう」大盛況でした!

【イベントレポート】

 

5月21日(月)、天文台は臨時開館し特別観察会「日食をみよう」を開催しました。

月曜日、そして朝6時の開館という早朝にもかかわらず、なんと400名を超えるお客様にお越しいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

nissyokukodomotati.jpg▲子ども達も早起き!! えらいね。

当日の朝は少し曇天で天気が心配されましたが、食の始まる時間になるとすっきりキレイな青空が広がり、太陽も輝き始めました。

今回はこのMAPのように、様々な方法で日食を観察するコーナーを設け、お客様と一緒にみんなで楽しみました。

 

120521chirashi.jpg

(1) 特別なフィルターをつけた望遠鏡で直接太陽をみよう!は一番人気?のコーナー。長蛇の列がとぎれません。

1205211.jpg

(2)  望遠鏡から壁に映した太陽をみよう!

12052123.jpg

このように、鏡に反射させると欠けた様子がくっきり!

ケータイカメラで撮影されるお客様も多数いらっしゃいました。

食の最大の頃にはこの人だかり!! そして若干うす暗くなったようです。「さっきより肌寒くなった」とおっしゃるお客様も。12052124.jpg

(3)  ピンホールを利用して太陽を映してみよう!

12052131.jpg
日食グラスがなくても、簡単に、かつ安全に日食を楽しめるピンホール。文字の通りに穴をあけて、その時を待ちます。

食の最大時、穴を通した太陽の形はどう変化するでしょうか?

大成功!! 欠けた太陽と同じように、三日月形に変わりました!少しわかりづらいかもしれませんが、色々なもので試しました。

12052133.jpg

木漏れ日も三日月型に。神秘的です。

12052134.jpg

 12052135.jpg

 お客様もお手製ピンホールを持参し投影。

こんな簡単なものでも日食はじゅうぶん楽しめる、という素敵なお手本です。

5.21ってキレイにはっきり見えます。小さくて見えづらいですが、しっかり欠けていました。

そのほかにも、5円玉や50円玉の穴や、自分の両手を組み合わせて小さな隙間を作って影を映すなど、色々な方法でピンホールをみんなで楽しみました。


(4) 太陽望遠鏡からの太陽投影像をみよう!では、展示室にて太陽の姿を観察。黒点も出ていたので欠けていなくても見ごたえがありました。

 12052141.jpgIMG_1253.jpg 

←欠ける前は黒点を観察。


「欠けてきた~」とびっくりしている小学生。もしかしてあくび?→

 

 

 

 (6) 金環日食のライブ中継をみよう!

125216.jpg仙台にいながらにして金環日食を見たい!という声にお応えし、ユーストリーム配信をしているところ何か所かに繋げて、スクリーンに映して楽しみました。

途中で雲がかかって見えなくなったり、中継が途切れてしまったり、その都度よさげなところを探しながらの綱渡り中継。それでも最大食の時間には、無事美しい金環を拝むことができました。

会場の皆様と一緒に拍手!! (その時の画像ではありません)。


その他、天文台以外でも、榴岡公園にて観察会、八木山動物園にて動物の行動観察、青葉城址にて写真撮影、埼玉にて金環日食撮影、とスタッフ総出で日食イベントに力を注いだ1日となりました。

begatai.jpg

yagiyamakansatu.jpg