宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

2014年10月アーカイブ

お茶と宇宙を身近に~星空茶会レポート

【イベントレポート】

 

chakai00.jpg 

2014年10月11日(土)、仙台市天文台で、茶道裏千家淡交会宮城青年部のみなさんによるお茶会が開催されました。

 

今年で2回目となるこのイベント。

一昨年は中秋の名月にあわせて9月の開催でしたが、今年は秋も深まる10月に行われました。

 

 

「星空茶会~お茶と宇宙を身近に~」

 

タイトルの通り「宇宙・ソラ・星」をテーマとしたお茶会です。

 

 

 

 

ロビーコンサートvol.13 レポート

【イベントレポート】

 

LobbyConcert13_s.jpg 

2014年9月21日(日)、宮城教育大学&仙台市天文台PRESEBTS ロビーコンサートin 仙台市天文台vol.13を開催しました。

 

宮城教育大学音楽教育専攻の学生の方々や、OBの方々、先生方などによるこのコンサートは、毎年恒例となり、今回で13回目を迎えました。

 

 

13回目となる今回は「星に向かって天駆けるファンタジーの翼」というテーマのもと、ディズニーソングやジブリソングメドレー、映画「オズの魔法使い」でお馴染みの"虹の彼方に"など、夢いっぱいの曲目を演奏してくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

robicon01.jpg

 

まずは台長からご挨拶。ミュージアムとミュージックの関係など、天文台で音楽コンサートを開催する意味についてお話がありました。

 

台長のご挨拶の後は、宮城教育大学の吉川教授に司会をバトンタッチし、いよいよ演奏スタート。

 

**************************

 

最初は、ピアノの連弾です。二人の息ぴったりの演奏に、観客のみなさんも心地よさそうに耳を傾けていました。

robicon07.jpg robicon02.jpg

 

 

続いては、エレクトーンの演奏。

何百もの楽器の音を出すことができるエレクトーン。一つの楽器から出ているとは思えないほど華やかな音色が、コンサートを彩っていました。

 

前半はしっとりと癒しの音楽。ホールの響きとエレクトーンの音の広がりが見事にマッチしていました。

robicon03.jpg

 

 

後半は、色々な音楽のスタイルでアレンジされた個性的な"キラキラ星"などユニークな演奏。打楽器の音もキーボードで出せてしまうエレクトーン。たくさん選択肢がありすぎて、アレンジするのに選ぶのが大変だったとか...。

robicon04.jpg

 

実は、このエレクトーン、譜面台に少し仕掛けが...。

星座が描かれた黒い紙が飾られていたのです。天文台での演奏ということで、エレクトーンも天文台使用にアレンジしてくださいました。 

robicon05.jpg robicon06.jpg

 

 

最後の演奏は、金管五重奏です。

観客のみなさんと演奏者の方の距離がとっても近いため、臨場感たっぷりの演奏を楽しむことができました。

robicon08.jpg

 

金管楽器の演奏をこんなにお客さんの近くで演奏することはほとんどないのだそうです。

大きなホールで演奏するコンサートと違い、観客のみなさんとの距離が近く、気軽に音楽を楽しめるのがこのロビーコンサートの魅力なのかもしれません。

 

robicon09.jpg

盛況のうちに幕を閉じたロビーコンサート。

今回残念ながら見られなかったという方、次回は、12月13日(土)開催予定です。

ぜひご覧になってみてくださいね!