宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

2010年9月アーカイブ

満員御礼☆ソル・デ・ミシオネスコンサート

9月25日、ソル・デ・ミシオネスコンサートは「満員御礼」。プラネタリウムはパラグアイの星空とアルパの調べに魅了されました。お出で下さったみなさま、ありがとうございました。P1040369s.jpg♪オープニングは、パラグアイの曲で イスラ・サカ ISLA SACA 

 

P1040380s.jpgドームいっぱいに映し出される世界地図。仙台からパラグアイまで34時間デース! 

 

P1040403s.jpg

♪ニャンドゥティの空 の曲に合わせて映し出されるパラグアイの風景

ニャンドゥティとは、パラグアイの美しい刺繍のこと。クモの巣という意味です!民族衣装もニャンドゥティ。

 

P1040427s.jpg

CieloGuaraniesVialactea.jpg

 パラグアイの原住民グアラニー族の星伝説のひとつ、天の川は夜行性のバクが踏みつけた枯れ葉が月明かりで輝いているものなんだそうです。プラネタリウムでパラグアイの星空を眺めながら、しばしグアラニー族の見た星たちを辿ってみました。

星伝説はパラグアイの天文台からの情報です↓

http://www.astropar.org/html/sancosmeydamian.html

 

P1040449s.jpg

コンサート後、ソル・デ・ミシオネスとお客さまとのふれあいのひととき!

お二人からはパラグアイの民芸品のプレゼントというサプライズもあり、当選した方は大喜びでした。

楽しくて、アットホームなコンサートをありがとうございました。

 

企画交流/高橋(博)

 

コンサート関連展示開催中!<パラグアイへGO!>

P1040356s.jpg

   南米の星空とアルパの調べ

~ソル・デ・ミシオネス コンサート~

 9月25日(土)に開催されるプラネタリウムコンサートに先がけて、パラグアイのイロイロを展示中です。

 →パラグアイの展示は終了しました。

 

 

☆なぜ、パラグアイ?

「アルパ」を演奏して下さるソル・デ・ミシオネスのルイスさんはパラグアイのご出身。

パラグアイは、南アメリカの中心に位置する国です。

国旗は、表と裏で中央の絵柄が違うという世界でもめずらしいデザイン。

天文台の入口を入ると、パラグアイの映像とともにアルパの美しいメロディが流れています。 →

 

☆アルパって?

16世紀にスペインから南米に持ち込まれたハープが南米各地で独特の発展をとげた民族楽器です。

パラグアイのアルパが特に完成度が高く美しい音色と響きはとっても魅力的です。

 

P1040346s.jpg ☆パラグアイの民芸品

ソル・デ・ミシオネスさんたちの衣装は、一針一針手縫いの繊細で美しい刺繍です。

 

アルパが描かれた皮細工やアルパをかたどった木工品、刺繍の施されたランチョンマットやテーブルクロス。

眺めているだけで、これらを作ったパラグアイの人の手のぬくもりが感じられます。

7月から9月初めにかけて、パラグアイでCD制作というお忙しい中、買ってきて下さった民芸品の一部はコンサートでプレゼント!?

 

☆ソル・デ・ミシオネスとは?

ルイスさんのご出身であるミシオネス地方の太陽という意味です。

ルイスさんとわかなさんのおしどりデュエット、まさに明るい太陽のようなお二人。

楽しいお話満載のインタビューはこちら

インタビューの後編はこちら

 

P1040350s.jpg

 

☆パラグアイの音楽は?

コンサートでどうぞお楽しみください!

 

 チケット発売中!! → 前売りは完売となりました。

 

 

 

 

 

企画交流:高橋(博)

「宇宙を利用した未来の○○」を展示中

 プレショーギャラリーにて、「宇宙の日」記念事業全国小・中学生作文絵画コンクールの入賞作品の展示が始まりました。

 今年のテーマ「宇宙を利用した未来の○○」(※○○の中は自由)をもとに、小中学生達が将来や未来のことを想像して、宇宙だからできる楽しいこと、宇宙を使ったら便利なことなどを考え、応募してくれた絵や作文です。

IMGP1289.jpg 9月19日には表彰式も予定されています。

 子供たちの夢いっぱいの作品をぜひ見にいらしてください。

 宇宙の日のウェブサイトはこちら→http://www.jsforum.or.jp/event/spaceday/oubo.html