台長コラム ときどき土佐日記

2011年7月アーカイブ


 皆様、大変ご無沙汰しております。こうじさんにも「交換日記」の返事を棚上げにしたままですみません。

 トワイライトサロンがいつの間にか150回になっておりました。いろいろな方からお祝いの言葉を頂きありがとうございました。

 もう7月も終わり、いつの間にか1年の後半に入っていました。このところ「いつのまにか」という感覚がついてまわります。時は過ぎていくのに、私の頭の中の時計は止まったままのようです。カレンダーをめくるのも忘れがちです。大震災は3月11日でした。いつのまにか年度が変わり、人事異動でもきちんと挨拶をする間もなく人が入れ変わり、遅れて新学期が始まり、暑いと思ったらいつのまにか夏が来て、もう8月です。

 今年に入っていろいろな経験をしたのですが、特に大震災では大地震・大津波・福島第一原発事故、その被害の惨状、これまでに経験したことのないことでした。私の身のまわりでも、友人が津波の犠牲になったり、天文台が長期間の休館になったり・・・。

 天文台は大震災後一月あまり、4月16日から、ひとみ望遠鏡関係を除いて部分的に開館しました。トワイライトサロンも毎週定期的に開催し、私自身も正常に戻ったように見えます。でも、いろいろな思いが絡み合って頭の中で散乱し被災地の瓦礫の山と重なります。なかなか解きほぐせない噛みきれない思いが積み重なっていくようです。

 これまで、いろいろな機会に「この忙しい世の中、ストレスで精神が歪みがちです。ときには天文台に来て正気を取り戻してください」などと言っていたのですが、今その自分の言葉を思い出しながら私も「正気」を取り戻そうと努めております。

 たくさんの方からお見舞いや励ましの言葉を頂きました。大震災の混乱の中、まだ十分にお礼を申し上げていないような気がしてなりません。本当にありがとうございました。

 今日はここまでにします。