お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

2009年5月アーカイブ

100万人のキャドルナイトin仙台市天文台

|

 candle4.jpg 数年前にほんの数名による呼びかけではじまった「100万人のキャンドルナイト」。今では、その趣旨に共感した多くの人々が全国各所で参加、イベントを開催しています。

天文台でもリニューアルオープンした昨年から参加し、今回が2回目です。入り口付近をライトダウンし、ロウソクの明かりで照らすほか、「キャンドルナイトは天文台で手をつなごう」というテーマを掲げ、仙台在住のミュージシャンA2C(アツシ)さんによるミニコンサートや、皆様に描いていただいた絵の展示などをします。

“あかりを消して、スローな夜を一緒に過ごしてみませんか?”

参加方法は下記の2通りです。

(1) キャンドルで参加

前日まで:ご家庭や職場でご不要になったロウソクや燭台、点灯用具などの寄付を受付けしています。入口付近に設置した回収箱にお入れください。

当日:点灯などのお手伝いをしてくださる方は、直接会場までお越しください。当日のロウソク持参も大歓迎です。

(2) ぬりえで参加

インフォメーションで配布している専用のぬりえ用紙に絵を描いて提出してください。当日まで天文台に飾ります。用紙は下記の詳細ページからもダウンロードできます。

またこの日は「光害」をテーマに天文台台長がトワイライトサロン(17:15-17:45)でお話をする予定です。環境のこと、地球のこと、たまにはみんなで考えてみませんか?

詳細はこちら→100万人のキャンドルナイトin仙台市天文台

“プラネタリウム×落語”異色のコラボイベント開催!!

|


rakugo3.jpg
満天の星空と日本の古典芸能・落語のコラボレーションという、天文台としても初のイベントを開催いたします!

プラネタリウム・シアタープログラム
「セブンワンダーズ~世界の七不思議~」試写会と星空落語

6月21日(日)17:00-18:30

7月1日から投映予定のプラネタリウム番組「セブンワンダーズ~世界の七不思議~」をいち早く皆様にご覧いただく先行試写会と、春風亭流真打・六代目春風亭柳朝さんによる落語会です。
↑クリックすると拡大します。

今から2000年以上前、古代ギリシャの時代より『世界の七不思議』として語り継がれてきた七つの驚異的な巨大建造物-“ギザの大ピラミッド”“バビロンの空中庭園”“エフェソスのアルテミス神殿”などなど...。

現在ギザの大ピラミッド以外、地震による崩壊などでその姿を見ることはできませんが、それぞれの建造物の在りし日の姿を、CGによる全天周デジタル映像で完全再現するのが「セブンワンダーズ~世界の七不思議~」です。

今回落語会に出演される春風亭柳朝さんが、この番組の日本語版ナレーションを担当しています。謎に満ちた古代の神秘的な世界を、軽快な落語調で語るというミスマッチが、番組の面白さをより引き立てています。

プラネタリウムで開催される、初めての落語会。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!!

現在、天文台インフォメーションにて前売券発売中(定員270席)。

どうぞお早めにお買い求めください。

【プレスリリース】仙台市天文台オリジナル「日食グラス」限定販売開始!

|
~7月22日、今世紀最大の日食をその目で観察しよう~
“仙台市天文台オリジナルデザイン「日食グラス」限定販売開始!”
 
仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)は、オリジナルデザインの「日食グラス」の販売を開始しました。

あのガリレオ・ガリレイが宇宙に望遠鏡を向けてから400年、世界天文年に定められている今年7月22日には、鹿児島県のトカラ列島や中国などで今世紀最長の「皆既日食」が見られ、仙台でも部分日食を観察することができます。日本の陸地で皆既日食が観察できるのは実に46年ぶり。天文ファンのみならず日本中の多くの人が太陽を見あげる一日となるでしょう。

日食や太陽の観察には、太陽光をはじめ、人の目にとても危険な光をしっかりと遮る、安全性の高い専用の器具が必要です。

そこで仙台市天文台では、光学機器メーカー「ビクセン社」が開発した“ソーラープロテック”を採用した「日食グラス」を、オリジナルのデザインで作成しました。“ソーラープロテック”は、可視光線・紫外線・赤外線、すべての透過率において、太陽観察器具の基準となるJIS規格に準拠しており、非常に高い安全性を実現しています。

ぜひ、気軽に、そして安全に、自身の目で日食を観察して「宇宙を身近に」感じてみてください。


DSC00059.jpg

←ミュージアムショップにて販売中(税込1,000円・限定1,000個)。鮮やかな天文台レッドが特徴です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00004.jpg

このように使います。大きめなデザインで、危険な反射光も防ぎます。→

 

 

 

 

 

 

 

 

 


使い方を動画にて配信中です。