お知らせ

お知らせ

2014年10月アーカイブ

【プレスリリース】"皆既月食"の撮影に成功しました!

|

報道関係各位

平成26年10月9日

仙台市天文台が"皆既月食"の撮影に成功しました!

~満ち欠けする月・赤く染まる満月【画像提供します!!】~

 

このたび仙台市天文台では、10月8日に起こった天体ショー"皆既月食"の撮影に成功いたしました。

太陽、地球、月の順番で一直線に並び、月が地球の影に完全に入り込んでしまう皆既月食。今回は、約2年10ヶ月ぶりに日本で見ることができた皆既月食となりました。

 

欠けていく月の様子、赤く色づく皆既の様子、再び満月へと戻っていく月の様子をご覧いただくことができます。月に映ったカーブを描く影の輪郭は、地球自身の丸みを表しています。月を見ながら、地球自身の姿を感じられる皆既月食の魅力を、ぜひ市民のみなさまへ周知していただければと思います。

つきましては、今回撮影に成功した画像の数々を、報道用資料としてご提供させていただきます。別紙に、画像の一覧をまとめました。メール添付等により生の画像データ(カラー)の提供が可能です。ご希望の方は、下記までご連絡ください。

 

次回日本で皆既月食が見られるのは2015年4月4日。短いスパンで皆既月食の様子の違いについて観察できる格好の機会となっております。何卒、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

kaiki_141008.jpg  kaiki_141008_02.jpg

 

観測日時:10月8日18時13分から21時34分 撮影

使用機材:ε180反射望遠鏡 キヤノンイオス6D ISO640-1000

撮影場所:仙台市天文台

撮影者:企画・交流担当 溝口小扶里

撮影者のコメント:「地球の影の中を、月が右から左へ通っていく様子を撮影しました。地球が丸いということを実感することが出来ます。」

 

<お問合せ>

仙台市天文台         (担当/熊田・松田・仲)

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32  TEL 022-391-1300  FAX 022-391-1301

※皆既月食情報webサイト http://www.sendai-astro.jp/news/2014/10/108.html

 

<画像一覧>  ※Webサイトに他の画像もございます。

月が刻々と様子を変えていく姿も撮影に成功いたしました。

 

▼部分食 開始から35分後 (撮影時刻:18:49 露出時間:1/320 秒)

kaiki_141008_03.jpg

 

▼皆既食 最大 (撮影時刻:19:54 露出時間:1/2秒)

kaiki_141008_04.jpg.png

撮影日:2014/10/08

撮影機材:Takahashi TOA-150 + Canon EOS60Da (ISO1600)

撮影場所:仙台市天文台

撮影者:企画・交流担当 松下真人

 

※画像は必要に応じてメールにてデータで送付可能です。(10/9朝9:00以降対応可)

※お急ぎの場合は、天文台ウェブサイト(http://www.sendai-astro.jp/observation/blog/2014/10/20141008-1.html)からダウンロードしてご利用ください。

使用の際は、仙台市天文台のクレジットの挿入をお願いいたします。

また、使用後で構いませんので、①使用日、②使用画像、③使用媒体(番組名、誌面名など)をメールかお電話にてお知らせください。

 

<動画>

※皆既月食当日、ライブ中継したUstream動画をご提供可能です。

動画内容についてはこちらをご覧ください。→ http://www.ustream.tv/channel/sendai-astro#/recorded/53715139

【2014年10月8日】皆既月食情報

|

 

2014年10月8日(水)、日本全国で皆既月食が見られます。

皆既月食とは、太陽・地球・月が一直線に並び、地球がつくる影に月が完全に入り込む現象です。

今回の皆既月食は、欠け始めから終了までの全過程を観察することができる上、見やすい時間帯と高さでの現象となります。

日本で皆既月食が見られるのは、2011年12月10日以来、約2年10ヶ月ぶりです。

 

仙台市天文台では、この天体ショーをみなさまと楽しめるよう、以下の通りイベントを開催いたします。

 

▼イベント情報

【特別観察会「皆既月食をみよう!!」】

・日 時/10月8日(水) 19:00-22:00

・場 所/勾当台公園 いこいのゾーン(宮城県仙台市 青葉区本町3−9)

・料 金/無料

・内 容/皆既月食の観察会を行います。移動天文車「ベガ号」も出動します。

・お問合せ/TEL 022-391-1300 (平日・日祝日/9:00-17:00、土曜日/9:00-21:30)

       ※イベント当日お問合せはお電話(9:00-17:00)でお願いいたします。

・備 考/天候に関わらずベガ号は出動します。また、イベント当日、天文台は休館日となります。天文台で開催されるイベントではございませんので、ご注意ください。

 

【Ustream配信】 

皆既月食当日、仙台市天文台で撮影する月食の様子を、Ustreamにてライブ中継します。

仙台市天文台Ustreamは→こちら

 

 

▼皆既月食情報

【天文Q&A. 月食とは?】

月食について詳しくは→こちら

 

【天体観察ガイド「2014/10/08 皆既月食」】

2014年の皆既月食について詳しくは→こちら

 

【月食観察ポイント】

kaiki01_m.jpg

 ①まずは肉眼で観察しよう ~場所~

月食の時間中、月が見える場所であれば肉眼でどこでも観察可能です。月が欠けていく経過に注目しましょう。

②皆既月食中の月の色に注目しよう ~色~

皆既月食の間、月は全く見えなくなるわけでなく、少し赤みがかったような色で暗く見えます。これは、夕焼けの時に太陽が赤くなるのと同じ原理で、太陽の光が地球の大気を通過するときに青い方の光は散乱され、通過した赤い方の光だけが回りこんで月を照らすためです。皆既月食中の月の明るさや赤さの度合いは、その時の地球大気の状態で変化するため皆既月食ごとに異なります。今年の皆既月食中の月はどんな色に見えるでしょうか。

 

(※10月8日から国立天文台で、「皆既月食を観察しよう 2014」キャンペーンを行います。

 「皆既月食の色を観察してみんなで報告しよう」というキャンペーンです。

 参加など詳しくはこちら → 「皆既月食を観察しよう 2014」キャンペーン )

 

③星空の変化に注目しよう ~星空~

皆既月食中には、月明かりで見えなかった星たちが見えてきます。まわりの星空の変化にも注目してみましょう。

④双眼鏡や望遠鏡で見てみよう ~観察~

より詳しい色や明るさの変化、影の様子を観察できるでしょう。 

  kaikitime.jpg

 ※半影食については詳しくは→こちら

 

次回、皆既月食が見られるのは2015年4月4日です。