お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

2017年2月アーカイブ

平成29年度 団体予約 受付開始のお知らせ(14:30の回受付開始)

|
 
平成29年度のプラネタリウム団体予約受付を開始いたします。
※2/25、14:30-の回の予約受付も開始しました。
 
予約可能な日程は下記の通りです。
 
<期間>
 平成29年4月1日-12月28日
 
<時間>
●平日/10:30-(4月中のみ)、14:30-、16:00-
●土日祝日、5/1、5/2/10:00-、11:30-、13:00-、14:30-、16:00-、※土曜のみ17:40-
●学校長期休業期間中/10:00-、11:30-、13:00-、14:30-、16:00-、※土曜のみ17:40-
※5月5日(金・祝)、11月3日(金・祝)を除く
 
投映内容は未定となっております。詳細は電話にてお問い合せください。
 
予約Tel→022(391)1300
※観覧料等の情報は、「団体でのご利用について」をご参照くださいませ。
 
 
 
 

【プレスリリース】震災特別番組「星空とともに」投映のご案内

|

 

報道関係各位

2017年2月13日

 

東日本大震災から6年、あの日の星空とあの日の想い

震災特別番組「星空とともに」

~全国投映決定 番組・イベント広報のお願い~

 

 仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)では、東日本大震災から6年を迎える今年、2月と3月に『震災特別番組「星空とともに」』を投映します。この番組は、新聞などに寄せられた震災の夜の星空にまつわる想いを元に、震災の翌年、仙台市天文台が独自に制作したものです。

 東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは、見たこともないような満天の星でした。その輝きに被災者たちは何を見、何を想ったのでしょうか。

 

 2012年3月11日に初回投映、その後、星に携わる仕事をしている方々にも見ていただき、星の持つ力や意味、私達の仕事の重みなどを共に考えられればという思いから、2013年6月には、日本プラネタリウム協議会全国大会でも投映を行いました。投映後は反響が大きく、「自館でも投映したい」というお声が多く寄せられました。今年は、全国投映をはじめて以来最多となる、全国26箇所での投映が決まっており、より多くの方にご覧いただけるかと存じます。今年の投映箇所につきましては、下記リンクをご参照ください。

 

 また、3月11日、仙台市天文台では番組の投映のほか、サイエンスインストラクター・防災士 阿部清人氏をお招きし、防災エンスショー(トークショー)や、震災に関する写真展なども開催します。

 市民の方はもちろん、県外など多くの方々にこの番組をご覧いただければ幸いです。ご提供可能な番組資料もございますので、ご希望の方は下記までお問合せください。

何卒、取材・広報のご協力をお願いいたします。

 

※日本プラネタリウム協議会全国大会とは、プラネタリウム施設、関連企業およびそれに関わる個人・団体等が参加する、日本を代表するプラネタリウムの会です。

 

 

■投映日: 2月11日(土)、18日(土)、25日(土)  17:40-18:20

     3月4日(土)、18日(土)、25日(土)  17:40-18:20

     3月6日(月)、7日(火)、9日(木)、10日(金)  14:30-15:10

     3月11日(土)  13:50-14:40、16:30-17:20 ※3/11のみ投映時間50分

■場 所: 仙台市天文台(仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32) プラネタリウム

■定 員: 各日270名

■料 金: 無料(各日当日9:00-整理券を配布)

■主 催: 仙台市天文台

以上

 

【お問合わせ】仙台市天文台

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32  TEL 022-391-1300 FAX 022-391-1301

 

 

<全国投映情報リンク>

2017年の全国投映情報

  

<震災関連企画リンク>

「星空とともに」投映と防災トークショー(3/11開催)

「星空とともに」コーナー(2/11-3/25開催)

宍戸清孝写真展「宇宙分の1地球に住むこと~3.11足元のいのちを見つめて~」(3/9-20開催)

 

 

震災特別番組「星空とともに」投映情報2017

|

 

311.jpg 

 

 

東日本大震災から6年。

 

 

仙台市天文台では今年も、2012年に天文台で制作したプラネタリウム番組「星空とともに」を投映します。

 

 

また、今年も、全国の施設からお声がけいただき、各地のプラネタリウムで投映されることとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「星空とともに」

 

東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは、見たこともないような満天の星でした。

 

その輝きに被災者たちは何を見たのでしょうか?

 

被災者から寄せられた星と震災にまつわるエピソードをもとに、仙台市天文台が制作したプラネタリウム特別番組。

 

 

<仙台市天文台投映スケジュール>

○日時/

 2月11日(土)、18日(土)、25日(土)・・・17:40-18:20

 3月4日(土)、18日(土)、25日(土)・・・17:40-18:20

 3月6日(月)、7日(火)、9日(木)、10日(金)・・・14:30-15:10

 3月11日(土)・・・13:50-14:40、16:30-17:20

 

○料金/無料(各日当日9時から整理券を配布)

 

○定員/各日270名

 

※3月11日(土)は、「星空とともに」投映のほか、「防災エンスショー~311の夜、ラジオで呼びかけた言葉とともに~」(トークショー)を開催します。

 

 

<全国投映館>

【北海道】

釧路市こども遊学館 / 3月11日(土)、12日(日) 14:45-

 

北網圏北見文化センター

/ 8月11日(金) 11:10-、13:20-、14:30-、15:40-、19:30-

  8月12日(土) 19:30-

 

【福島県】

福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ

/ 2月17日(金) 19:00-

  3月4日(土)、11日(土)  16:30-

 

【群馬県】

前橋市児童文化センター / 3月11日(土)、12日(日) 14:30-

 

【千葉県】

白井市文化センター・プラネタリウム / 3月4日(土)、11日(土) 16:10-

 

千葉市科学館

/ 3月9日(木)、10日(金) 19:00-、

  3月11日(土) ※同日開催の天文講演会の中で投映

 

【東京都】

ギャラクシティ

/ 3月8日(水) 19:30-、

  3月10日(金)、11日(土) 18:00-

 

東大和市立郷土博物館

/ 3月4日(土)、5日(日)、7日(火)、8日(水)、

  9日(木)、10日(金)、11日(土)、12日(日) 16:00-

 

多摩六都科学館 / 3月11日(土) 17:30-

 

府中市郷土の森博物館 / 3月11日(土) 11:00-

 

【神奈川県】

平塚市博物館 / 3月11日(土)、12日(日) 15:30-

 

相模原市立博物館 / 3月11日(土)

※町田市・相模原市ライトダウンイベント
「まちだ・さがみはら絆・創・光×JAXA」相模原会場の中で投映

 

【新潟県】

新潟県立自然科学館 / 3月11日(土) 17:00-

 

【福井県】

敦賀市こどもの国

/ 3月4日(土)、5日(日)、12日(日) 10:00-、

  3月11日(土) 10:00-、12:00-

 

セーレンプラネット(福井市自然史博物館分館)

/ 3月10日(金)、11日(土)、12日(日) 13:00-、16:00-

  8月4日(金)、5日(土)、6日(日) 16:00-

 

【長野県】

飯田市美術博物館 / 3月11日(土)、12日(日) 16:00-

 

【愛知県】

夢と学びの科学体験館

/ 1月14日(土)、15日(日) 16:00-

  3月11日(土)、12日(日) 16:00-

 

小牧中部公民館

/ 2016年12月3日(土) 19:00-

  2017年1月7日(土)、2月4日(土) 19:00-

  3月4日(土)、11日(土) 19:00-

 

【大阪府】

ソフィア堺プラネタリウム / 3月11日(土) 13:30-

 

【兵庫県】

伊丹市立こども文化科学館

/ 3月10日(金) 14:15-

  3月11日(土)、12日(日) 12:20-

 

姫路科学館 / 3月11日(土) 16:00-

 

【島根県】

三瓶自然館サヒメル / 3月11日(土)、12日(日) 13:30-

 

【岡山県】

人と科学の未来館サイピア

/ 3月10日(金) 19:00、

  3月11日(土) 16:00

 

ライフパーク倉敷科学センター

/ 3月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日) 11:40-

 

【福岡県】

北九州市立児童文化科学館 / 3月11日(土) 16:30-

 

宗像ユリックスプラネタリウム

/ 3月10日(金) 13:00-、17:00-

  3月11日(土) 12:00-、17:00-

 

 

※投映日時は変更となる場合がございます。

※ご観覧につきまして、整理券や事前申込等必要な場合がございます。

 詳細につきましては、各館へお問い合わせください。

 

 

【公募】2017年度 ひとみ望遠鏡観測プロポーザル

|

下記要領にて,ひとみ望遠鏡を活用した観測研究テーマに基づく観測提案書(プロポーザル)を公募します。

現在,2017年4月から2018年2月の観測期間を対象とした公募を受け付けています。

 

 

 

1.仙台市天文台における「観測」とは
仙台市天文台望遠鏡活用指針】に基づき,仙台市天文台における「観測」を以下のように定義します。
『観測とは,天体や宇宙の理解を深めるために,目的と計画を持って天体データ(画像等)を取得し,解析や科学的な考察を加えた結果を報告・発表・公開する一連の作業をいう。』

 

2.公募観測に供される装置:
(1) ひとみ望遠鏡
(2) 可視域撮像冷却CCDカメラ
(3) 可視域中分散分光器

 

3.望遠鏡を使用した観測可能期間:
2017年4月1日(土)から2018年2月27日(火)までの間。ただし,天文台職員の観測や観望会など,天文台のイベントが優先されます。

 

4.応募要件:
(1) 代表研究者の年齢が,観測提案時点で満20歳以上であること。
(2) 営利を目的とした観測提案ではないこと。
(3) 1つの観測提案につき,観測希望時間の合計が最大15時間以内であること。

 

5.応募書類:
観測を提案される方は,以下のURLより指定の提案書をダウンロードし,必要事項を記入の上,電子メールで提出して下さい。記載された個人情報は仙台市天文台の指定管理者である株式会社仙台天文サービスにおいて厳重に管理し,観測提案の審査及び結果の通知にのみ使用します。
 応募書類:ひとみ望遠鏡観測提案書(プロポーザル) MS WORD / PDF

 

6.申込先:
Eメール: 1.3m@sendai-astro.jp
宛先に記入する際には,全てを半角英数で入力しなおして下さい。

 

7.申込締切:
(1) 観測希望日が  4, 5, 6月の場合 → 2月末
(2)    〃    7, 8, 9月の場合 → 5月末
(3)    〃   10,11,12月の場合 → 8月末
(4)    〃    1, 2月の場合 → 11月末

 

8.採択・結果通知:
観測提案書の書類審査により,3ヶ月間で最大2提案を採択し,その結果を申込締切の翌月第3土曜までに通知します。観測日に関しては,観測提案に基づき,天文台にて割振りをします。

 

9.観測報告・その他:
(1) 観測の経過および結果は仙台市天文台ウェブサイトにて報告していただきます。
また,解析データや報告ポスター,成果資料などを提出していただきます。
(2) 提案者が一人でひとみ望遠鏡を使った観測が可能と判断される場合には,提案者と相談の上,
天文台が『市民観測員※』と認定し,単独での観測を可能にします。

 

※市民観測員とは・・・ひとみ望遠鏡の操作方法について職員と同等の技術を習得し,かつ,仙台市天文台の望遠鏡活用指針に基づいた観測提案及び活動ができる市民。市民観測員の認定は,観測提案を受け,それを技術も含めて天文台において審査を行い,認定する。市民観測員と認定された者は,提案された観測テーマに関して,単独で観測活動を行うことを可能とする。

 

10.ひとみ望遠鏡および観測機器基礎データ
ひとみ望遠鏡の仕様
可視域撮像冷却CCDカメラの仕様
可視域中分散分光器の仕様

 

 

その他,お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。