お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

2014年9月アーカイブ

宇宙の日作文絵画コンテスト表彰式&講演会

|

【祝】 仙台から3作品が全国入賞しました!! 【表彰式開催】

~「宇宙たんけん」をテーマにした記念講演もあります!~

 

 仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)は、下記の通り「宇宙の日」記念行事として行われた全国小・中学生作文絵画コンテストの入賞者表彰式を開催いたします。

 

 このコンテストは、文部科学省、国立天文台、宇宙航空開発機構などが主催しているもので、各地方の科学館が最優秀賞を選定し、その中からさらに厳正な審査のもと、部門ごとに主催者賞が贈られる、というものです。

 

 仙台市天文台にも、今年のテーマ「宇宙たんけん」を題材にした多くの作品が寄せられました。

その結果、絵画の部では、全国表彰七つの主催者賞の一つ"国立天文台長賞"に、小学生部門において、仙台白百合学園小学校5年  井崎 英里(いざきえり)さんの作品が、中学生部門において、仙台市立人来田中学校3年 石橋 涼汰(いしばしりょうた)※さんの作品が選ばれました。※橋は異字体

 

 さらに、作文の部では、中学生部門において、山形県酒田市立東部中学校3年 土門 瞳(どもんひとみ)さんの作品「地球外生命の発見今伝えたいこと"文部科学大臣賞"に選ばれました!

 

 今回は、受賞された3名を含めた受賞者(小・中学生)約20名が、天文台で行われる表彰式に出席予定です。

また、それに伴い、今年は天文台長・土佐誠による講演会も開催いたします。今年のコンテストテーマ「宇宙たんけん」についてお話しする予定です。

夢いっぱいの子供達、そして貴重な講演会の様子を、ぜひご覧ください。

 

 

1.日時/2014年9月28日(日)  13:00-14:30

2.場所/仙台市天文台 加藤・小坂ホール(仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)
3.内容/受賞者表彰式、記念講演会

4.料金/無料(どなたでもご覧いただけます)

※11月14日(金)まで、入賞作品の展示も開催中!

 

 
【参考】宇宙の日とは...

1992年は、世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという国際宇宙年(ISY)でした。日本においても、この国際宇宙年をきっかけに末永く宇宙の普及活動を行おうと考え、一般の方々から「宇宙の日」にふさわしい日を公募しました。その結果、1992年、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日、「9月12日」が選ばれました。以後、毎年9月12日を「宇宙の日」として、様々な関連行事を行っています。

 

ソラリスト秋号配布のお知らせ

|

 

仙台市天文台が編集・発行しているフリーペーパー「ソラリスト」秋号(10-12月)ができあがりました。

 

2014soralist_au_omote.jpg 

 

今回のVol.24では、12月に打ち上げを予定している「はやぶさ2」にちなんで、小惑星探査の目的や成果などを紹介しています。

 

10月-12月に開催されるイベント情報や、秋の星図、人気のプラネタリウムプログラムなども掲載しております。ぜひお楽しみください。

 

ふとソラを見上げたくなるきっかけづくりができれば良いな、と願って作ったこの「ソラリスト」をぜひご一読くださいませ。
現在天文台にて配布中、近々市内各所でも配布予定です。


 

なお、確実に入手したい方には、一足お先に送付する特典がある、ファンサポーターへの加入をお勧めいたします。
ソラリストを設置してくださるお店様も募集中です。

 

 

 

▲星座のような"ソラリスト"というロゴが目印です

<主な配布場所(敬称略)> 天文台近隣飲食店、JR愛子駅他仙山線の駅、仙台市役所1階 市民のへや、仙台市役所 市政情報センター、各区役所・総合支所、宮城県庁1階・宮城県観光連盟、市内各市民・文化センター、各児童館、各のびすく、各図書館(仙台市、宮城県)、市内主要ホテル、スリーエム仙台市科学館、メディアテーク、八木山動物園、イズミティ21、仙台文学館、地底の森ミュージアム、仙台国際センター、シルバーセンター、福祉プラザ、仙台市市民活動サポートセンター、宮城県美術館、県内・近県の道の駅、エルパーク仙台、エルソーラ仙台、愛子観光タクシー、仙台タクシー、東北大学総合学術博物館、秋保里センタ―、万華鏡美術館、仙台駅2階 総合観光案内所、宮城ふるさとプラザ(東京池袋)、全国の類似館、その他..

【プレスリリース】特別観察会「皆既月食をみよう!!」開催のお知らせ

|

報道関係者各位

平成26年9月19日

 

特別観察会「皆既月食をみよう!!」開催

~イベント広報のお願い~

 

2014年10月8日(水)、午後6時台から9時台にかけて日本全国で皆既月食が見られます。

皆既月食とは、太陽・地球・月が一直線に並び、地球がつくる影に月が完全に入り込む現象です。

今回の皆既月食は、欠け始めから終了までの全過程を観察することができる上、見やすい時間帯と高さでの現象となるため、多くの方が3時間におよぶ天体ショーを楽しめる機会となるでしょう。

 

仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)では、この天体ショーをお楽しみいただける、特別イベントを下記の通り開催いたします。日本で皆既月食が見られるのは、2011年12月10日以来、約2年10ヶ月ぶりとなります。久しぶりの天文現象となりますので、たくさんの方々にお越しいただきたく、広報のご協力をお願いいたします。

 

 

1 日 時/ 2014年10月8日(水) 19:00-22:00
2 場 所/勾当台公園いこいのゾーン(仙台市青葉区本町3−9)
3 内 容/移動天文車「ベガ号」が出動し、ベガ号に備え付けられた望遠鏡で皆既月食の様子をご覧いただけます。車外では、天文台スタッフが刻々と変わる現象について解説もいたします。

4 備 考/ ・天候に関わらずベガ号は出動いたします。

                  ・イベント当日、天文台は休館日のため、電話のみ問合せ可(9:00-17:00)

<参考>

仙台市天文台では、報道の際にご使用いただける資料として、月食について説明したものや、当日の月食の見え方についてまとめた図(イラスト)をご用意しております。また、過去の月食画像につきましても、可能な限りご提供させていただきます。必要な画像等ございましたら、下記問合せ先までご連絡ください。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

<お問合せ>

仙台市天文台    (担当/熊田・松田・仲)

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32  TEL 022-391-1300  FAX 022-391-1301

【プレスリリース】「皆既月食」について報道の依頼

|

報道関係者各位

平成26年9月19日

 

10月8日(水)仙台で皆既月食が見られます

~「皆既月食」について報道の依頼~

 

2014年10月8日(水)、午後6時台から9時台にかけて日本全国で皆既月食が見られます。

皆既月食とは、太陽・地球・月が一直線に並び、地球がつくる影に月が完全に入り込む現象です。

今回の皆既月食は、欠け始めから終了までの全過程を観察することができる上、見やすい時間帯と高さでの現象となるため、多くの方が3時間におよぶ天体ショーを楽しめる機会となるでしょう。

 

日本で皆既月食が見られるのは、2011年12月10日以来、約2年10ヶ月ぶりということもあるため、ぜひ「皆既月食」について市民のみなさまへ周知いただきたく、報道のご協力をお願いいたします。

 

仙台市天文台では、報道の際にご使用いただける資料として、月食について説明したものや、当日の月食の見え方についてまとめた図(イラスト)をご用意しております。また、過去の月食画像につきましても、可能な限りご提供させていただきます。必要な画像等ございましたら、下記問合せ先までご連絡ください。皆既月食当日は、仙台市天文台で撮影した月食の様子をUstreamでライブ中継いたします。

 

はたして、今年の皆既月食中の月はどんな色に見えるでしょうか。

※次回、皆既月食が見られるのは2015年4月4日です。

 

また、仙台市天文台は当日、休館日となりますが、勾当台公園(所在地:仙台市青葉区本町3−9)にて、この天体ショーをお楽しみいただけるイベントを開催します(19:00-22:00)。イベントの詳細につきましては、別途ご案内させていただきます。

 

何卒、よろしくお願いいたします。

 
 

<お問合せ>

仙台市天文台

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32  TEL 022-391-1300  FAX 022-391-1301

 

※皆既月食情報webサイト http://www.sendai-astro.jp/news/2014/09/108.html

来館者延べ200万人を達成!!

|

 

200sre.jpg

 

仙台市天文台では、平成20年7月1日のリニューアルオープン以来、延べ200万人目のお客様を迎え、記念セレモニーを開催しました。

 

記念すべき200万人目のお客様は、天文台学習で来館された仙台市立荒巻小学校4年生のみなさま(47名)でした。

 

記念セレモニーでは、台長の土佐誠から200万人目の達成認定証と花束、および記念品として、仙台市天文台オーナーサポーターのVixen様より頂戴した天体望遠鏡や、天文台のオリジナルグッズが贈られました。

 

児童のみなさまは、「突然だったからびっくりした」と話していました。

 

台長からは、これまで来館されたみなさまへの感謝の気持ちが語られました。