お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

2015年1月アーカイブ

「星空とともに」投映情報2015

|

 

311.jpg 

 

 

東日本大震災から四年。

 

 

仙台市天文台では今年も、2012年に天文台で制作したプラネタリウム番組「星空とともに」を投映します。

 

 

また、今年も、全国の施設からお声がけいただき、各地のプラネタリウムで投映されることとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「星空とともに」

 

東日本大震災の夜、大停電の被災地を照らしたのは、見たこともないような満天の星でした。

 

その輝きに被災者たちは何を見たのでしょうか?

 

被災者から寄せられた星と震災にまつわるエピソードをもとに、仙台市天文台が制作したプラネタリウム特別番組。

 

 

 

<仙台市天文台投映スケジュール>

 

○日時/

 

3月9日(月)、10日(火)、12日(木)、13日(金)・・・14:30-15:10

 

3月7日(土)、14日(土)、21日(土)、28日(土)・・・18:00-18:40

 

○料金/無料(当日9時から整理券を配布)

○定員/各日270名

 

 

<全国投映館>

 

【北海道】

釧路市こども遊学館 / 3月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日) 14:45-

 

【群馬県】

前橋市児童文化センター / 3月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日) 14:30-

 

【新潟県】

新潟県立自然科学館 / 3月7日(土)、8日(日) 17:00-

 

【埼玉県】

さいたま市宇宙劇場 / 3月14日(土) 18:00-

 

【千葉県】

白井市文化センター / 2月14日(土) 16:10-

 

【東京都】

ギャラクシティ / 3月7日(土)、8日(日) 18:00-、 3月11日(水) 19:30-

 

東大和市立郷土博物館 / 3月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日) 16:00-、

                  3月17日(火)、18日(水)、19日(木)、20日(金) 13:30-

 

【神奈川県】

平塚市博物館 / 3月11日(水) ①14:00-、②15:30-、 3月14日(土)、15日(日) 15:30-

 

【山梨県】

山梨県立科学館 / 3月7日(土)、8日(日) 17:05-

 

【和歌山県】

和歌山大学観光学部観光デジタルドームシアター / 3月11日(水) ※学内向け公開となります

 

【兵庫県】

伊丹市立こども文化科学館 /

1月17日(土) 16:15-、 1月18日(日) ①17:30-、②12:20-、 1月25日(日) 12:20-

※阪神・淡路大震災20年特別企画

3月8日(日) 12:20-、 11日(水) 13:30-

 

【岡山県】

人と科学の未来館サイピア / 3月11日(水)、14日(土)、15日(日)

ライフパーク倉敷科学センター / 3月8日(日)、11日(水)、14日(土)、15日(日) 11:40-

 

【島根県】

島根県立三瓶自然館サヒメル / 3月7日(土)、8日(日)、9日(月)、11日(水) 13:30-

 

 

 

※投映日時は変更となる場合があります。詳細につきましては、各館へお問い合わせください。

 

 

【60周年記念事業】シンボルマークについて

|

~60周年シンボルマークについて~

 

仙台市天文台では、ビジュアルアイデンティティとして、施設のミッションである「宇宙を身近に」を象徴的に表現するシンボルマークをつくっています。シンボルマークは「日常」の世界を連想させる絵柄と宇宙を表す絵柄を対にしたものを使用します。「日常」の絵柄によって、宇宙の絵柄の持つ意味が視覚的に解釈されるようになっています。

宇宙と身の回りのものごとを対比し、その繋がりを指し示すことで、「宇宙を身近に」感じていただけるようデザインしています。

 

60周年のビジュアルアイデンティティは、太陽風によってたなびく彗星の尾が、日常の世界で息を吹きかけるとゆれるバースデーケーキのろうそくの光に例えられています。

 

 60thVI_cmyk02.jpg

【プレスリリース】「天文台まつり2015」開催!

|

60logo_s.jpg

 

 

報道関係者各位

平成27年1月23日

 

「天文台まつり2015」開催!

~「天文台まつり」および「記念セレモニー」取材のお願い~

 

仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)は、おかけさまで2015年2月1日(日)に開台60周年を迎えます。そこで、アニバーサリーイヤーのはじまりと、市民のみなさまへ日頃の感謝をこめて、1月31日(土)、2月1日(日)の2日間、「天文台まつり」を開催いたします。星や宇宙を身近に感じていただけるイベントはもちろん、仙台市天文台60年の歴史を感じていただけるイベントなど、まつりならではのイベントが盛りだくさんです。

また、2日目の2月1日(日)は、60周年を記念したセレモニーを開催いたします。台長挨拶のほか、今年認定された「仙台市天文台の日」の記念日登録証授与も行います。仙台が杜の都だけでなく、星の都と呼ばれるよう、多くの方に参加して頂き、星や宇宙をもっと身近に感じていただければと願っております。ぜひご取材いただければ幸いです。

 

1 日  時      2015年1月31日(土)9:00-21:30、2月1日(日)9:00-17:00
2 場  所     
仙台市天文台(仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)
3 内  容      プラネタリウム特別投映、天体観望会、展示室無料開放 他 ※チラシ参照

 

<記念セレモニー>        2月1日(日) 11:00-11:20

  1.開会

  2.主催者挨拶

  3.設置者挨拶

  4.来賓紹介

  5.記念日登録証授与

  6.くす玉割

  7.閉会

 

~仙台市天文台60周年の取り組み~

 仙台市天文台は1955(昭和30)年2月1日、市民のための天文台として開台しました。それから60年、錦ケ丘に移転後も、宇宙をテーマに市民が集い、市民参加型のプログラムを開発するなど、市民と共に成長する、ひらかれた「宇宙の広場」を目指して様々な活動に取り組んでおります。

開台60周年を迎える2015年は、市民のみなさまと一緒に天文台の歴史を振り返り、一緒にお祝いしていただける、60周年ならではのイベントを企画すると共に、これまでにない新たな視点で、身近な宇宙の魅力について伝えていくイベントを企画してまいります。

 

仙台市天文台はこれからも、市民のみなさまの「宇宙を観る眼」となり、市民のみなさまに「宇宙を身近に」感じていただく機会を提供してまいります。

 

 

<お問合せ> 仙台市天文台 

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32  TEL 022-391-1300  FAX 022-391-1301

 

※60周年の各企画に関して、随時プレスリリースを予定しております。

また、イベントの詳細などお気軽に担当者までお問い合わせください。

【お詫び・訂正】天文台まつりちらし・裏面

|

天文台まつりちらし・裏面イベントスケジュール2日目の情報に誤りがありました。

2/1のスケジュール表内、展示室開館時間「9:00-18:30」が「9:00-17:00」の誤りでした。

訂正してお詫び申し上げます。