お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

2008年12月アーカイブ

観察室占有利用開始のお知らせ

|

1月17日(土)からの観察室望遠鏡貸出しに伴い、「観察室のご案内」ページをupいたしました。

ご予約の開始は、1月7日(水)17:00―となりますので、下記の貸出日をご確認の上、当ページより

お申込みください。

 

貸出日)

1月17日(土)、22(木)、24(土)、28(水)、31(土)

2月7日(土)、14(土)、18(水)、21(土)、25(水)、28(土)

3月3日(火)、7(土)、11(水)、14(土)、21(土)、28(土)

 

※ご予約にはユーザーID等が必要です。詳細は「観察室ご利用の手順」をご覧ください。

 

 

【プレスリリース】フリーマガジン“ソラリスト”創刊しました!!

|

仙台市天文台が、全く新しいタイプのフリーペーパーを創刊しました!
~ふと宙(そら)を見上げたくなるマガジン「ソラリスト」誕生~

仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)は、2008年12月12日(金)、宇宙を身近にするフリーマガジン「ソラリスト」を創刊いたしました。

「ソラリスト」とは、「宙(ソラ)」「空(ソラ)」と、人を意味する「リスト」を合わせた造語で、多くの皆様が、もっと“ソラ”を見上げたくなるきっかけづくりができれば良いな、という願いを込められています。

宇宙や天文のことをわかりやすく書いたコラムのコーナーや仙台の冬の星空の星図、天文台でのイベント情報など、これまであまり天文に興味のなかった方々や小・中学生にも楽しく宇宙に親しんでもらえるような内容になっており、今後季節ごとに発行する予定です。

配布場所は仙台駅の観光案内所やJR・地下鉄の駅ほか、宮城県内大学や市内小・中・高等学校、市民センターなどを中心に、なるべく多くの市民の皆様の目に触れる場所を予定しております。また、設置してくださる店舗なども随時募集しておりますので、気軽にお問い合わせください。

【プレスリリース】"宇宙のクリスマスツリー"をキャッチしました!

|

仙台市天文台が、"宇宙のクリスマスツリー"をキャッチしました!

冬の天の川にあるNGC2264は「いっかくじゅう座」の方向にあり、散光星雲と散開星団が重なっているところです。L.Sコープランドは、それが矢じり形をしていることから“クリスマスツリー”と呼んだそうで、それ以来、“クリスマスツリー星団”などとも呼ばれ、親しまれています。
このたび仙台市天文台では、この夜空に輝く“クリスマスツリー”を撮影いたしました。地球から約2,600光年の距離にあり、肉眼では見ることはできないこの星団。紀元前に放たれた光が、今ようやく地球に届いて見えていると思うと、その存在はさらにロマンチックに感じられます。

tree2.jpg
真ん中で輝く明るい恒星(4.7等星)をツリーの根元に見立てると、矢じり型はこんな感じにも見えますよね。


tree.jpg観測日時:11月29日00時50分頃撮影
露出時間 90s 6コマコンポジット
使用機材 天文台観察室 250mmBRCアストロカメラキヤノンイオス5D ISO1250
撮影者:天文台係 小石川

撮影者のコメント
「撮影した夜は、久しぶりに良い透明度に恵まれ、冬の大三角の中を横切る淡い天の川も確認できました。その中にあるクリスマスツリー状の星並びは、双眼鏡で見てもきれいでした。」