宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

天文屋台「星のストラップをつくろう」レポート

【スタッフサポーター活動紹介】

 

2017年6月17日(土)、スタッフサポーターのみなさんによる天文屋台が開催されました。

 

170617hoshi01.jpg

 

スタッフサポーターとは、仙台市天文台の活動をスタッフの一員としてサポートしていただくボランティアのみなさんです。

☆スタッフサポーターとは→http://www.sendai-astro.jp/supporter/sup_other.html#staff

 

展示解説や移動天文台・観望会など、さまざまな活動をされているみなさんですが、今回開催したのは「天文屋台」。

 

天文台を訪れたみなさんに、『ものづくりをとおして天文の魅力を伝えたい!』という思いのもと開催されるものづくりワークショップです。

 

天文屋台で作るものは、「星の子しおり」「惑星モビール」「ビー玉万華鏡」などその時々でさまざま...。

なんと、これらのワークショップは全てスタッフサポーターのみなさんが発案されているんです!

 

今回は、そんな天文屋台に新しいメニューが加わりました。

その名も「星のストラップをつくろう」!

 

どんな内容なのでしょう。早速、体験してきました!

 

仙台市天文台新ユニフォーム紹介

 

5月から新しくなった仙台市天文台の新ユニフォームの特徴をご紹介します!

※お披露目会の様子はこちら→

 

新しいユニフォームのコンセプトは「飽くなき探究」です。

 

<ベースデザイン>

 "研究"というコンセプトに合わせて白衣の形をしています。

人を救う現場や物事を探究・研究する現場から生まれた白衣は、壮大な宇宙への飽くなき探究心を持った現場である仙台市天文台には相応しいのではないかという、プロデューサーさんの想いから、このデザインが採用されました。

yunirepo01.jpg

 

月面X&新ユニフォームお披露目会レポート

  

170504getsumenx00.jpg 

2017年5月3日(水・祝)、仙台市天文台にてGW特別観察会「月面Xをさがせ!!」を開催しました。

 

ひとみ望遠鏡を使って、月面に浮かび上がる「X(エックス)」の文字を探すというイベントです。

 

 

「月面X(エックス)」とは、上弦の月(半月)のころ、月の欠けぎわにアルファベットの「X」のような模様が見える現象のことです。

見える時間がおよそ1時間程度とあまり長くはないこと、日本から見やすい位置に月がないと見られないなど、条件がいくつか重ならないと見られない現象のため、年間でも観察できる回数は限られます。

 

 

今回は、せっかくゴールデンウイーク期間中に見られるということで、普段肉眼では見ることができないこの現象を、多くのみなさまに見ていただければと、ひとみ望遠鏡を使用した特別観察会を企画しました。

 

 

 

【宇宙縁日】出展企業・飲食販売詳細

 

ennichi2017.jpg 

 

お楽しみイベント盛りだくさんの9日間!

企業出展ブースや飲食販売もありますよ♪

 

 

<出展企業>

 

アトランティスマジックショップ

●日時/4月29日(土)-5月7日(日) 9:00-17:00 ※なくなり次第終了

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/UFOの浮遊マジック実演販売(1個1000円)※マジックの観覧は無料です。

 

 

マーブルアート

●日時/4月30日(日) 10:30-16:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/ビー玉とワイヤーを使った装飾品の販売

 

 

プラネくんバルーンもらえるよ

●日時/5月3日(水・祝)-5日(金) 11:30-14:00 ※なくなり次第終了

●場所/オープンスペース

●定員/各日50名(先着順)

●内容/バルーンアートでつくったプラネ君をプレゼント!!

 

 

星と宙の工房TeruTeruZa

●日時/5月3日(水・祝)、4日(木)、6(土)、7日(日) 10:00-17:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/宇宙グッズの販売、ワークショップ(地球月球儀キーホルダークラフト作り/1回500円 他)

 

 

Kompetoh*

●日時/5月5日(金)、6日(土) 10:00-17:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/お星さまのモチーフを使った雑貨の販売、ワークショップ(お星さまのモビール作り/1回1200円、バッチ作り/1回500円 ※小学生以下は保護者同伴)

 

 

THE STUDY ROOM

●日時/5月6日(土) 11:00-17:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/科学や宇宙グッズの販売、ワークショップ(「つかめる水」の実演/1回300円 ※未就学児は保護者同伴)

 

 

<飲食販売>

 

縁日に美味しい食べ物は欠かせません!お腹の満足もおまかせください!

出展日時はそれぞれ異なります。詳しくは天文台までお問合せください。

 

~出展者一覧(予定)~

SUNNY SITE COFFEE

スイーツスイート FUKUDA×Tresor

フォレ・ド・トロンソン

Bakehouse 82no28(ワニノニワ)

焼き菓子kocci by spica

Cafe2438

ポッケの森

ばんざんの森 花子とルル

パン工房 PIYOPAN

 

※出展日時は予定です。変更の場合や、売り切れ等により早めに終了の場合もございますので、あらかじめご了承ください。 

 

※価格はすべて税込です。

 

 

【宇宙縁日】ワークショップ詳細

 

ennichi2017.jpg

 

お楽しみイベント盛りだくさんの9日間!

期間中開催するさまざまなワークショップをご紹介します☆

 

 輝く星座早見(ギガスター・スカイ)を作ろう!

seizahayami.jpg

 

●日時/4月29日(土) ①10:00-、②13:00-(各回約2時間)※作業が完了した時点で退出可。

●場所/加藤・小坂ホール

●対象/小学生以上(小学校1-3年生は保護者同伴)

●定員/各回12組(一緒に作業をできるのは3名まで。それ以上は見学のみ)

●講師/特定非営利活動法人ギガスター(R)

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/1,000円(材料費)

●内容/淡く光る天の川を背景に「点」で光り輝く6等級から-1等級までの4500個の星々を再現した 「輝く星座早見(ギガスター・スカイ)」の製作を行います。5月1日の「輝く星座早見(ギガスター・スカイ)」の発売開始を記念した、全国一斉ワークショップの一環として開催いたします。

 

 

 光を分ける実験教室

 

en_hikariwakeru.jpg

 

●日時/4月29日(土)・30日(日) 10:30-(約1時間)

●場所/実験室

●対象/小学生以上(小学校1-3年生は保護者同伴)

●定員/各日20名

●講師/東北大学 樫田豪利氏

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

         ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/300円(材料費)

●内容/光はどこからくるのでしょう。炎?太陽?月?...。この世界のいろいろなものは、原子や分子などと呼ばれる"つぶ"でできています。そして、つぶはそれぞれ決まった色の光を放ちます。光とはこれらのつぶが集まったものです。今回の実験では、光を分ける道具を使って、光をいろいろな色に分けてみましょう!

 

 

 手作り望遠鏡を作ってみよう

bouenkyou_ennichi.jpg bouenkyou_ennichi02.jpg

 

●日時/5月1日(月)、3日(水・祝) 13:30-15:30

●場所/学習室(2階)

●対象/小学生(低学年は保護者同伴)

●定員/各日10名

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

          ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/1,890円(材料費)

●内容/手作り望遠鏡を作るワークショップ。望遠鏡の使い方も練習します。

 

 

 星座の音をつくろう!

oruganito.jpg

 

●日時/5月4日(木・祝)-7日(日) ①12:30-、②13:30-、③14:30-、④15:30-(各回約45分)

●場所/実験室

●対象/親子中心に幼児から大人まで(小学校低学年まで保護者同伴)

●定員/各回12名

●講師/音のれすとらん ただのなおみ

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

            ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/500円(材料費)

●内容/手まわしオルゴール、オルガニートを使った音遊び。オルガニートの音を出すカードを作成します。星座のカードに、星に見立てた穴を開けて、オリジナルの星座の音を作ります。どんな音になるのか、みんなで聞き比べてみましょう。カードはデコレーションしてお持ち帰りいただけます。

※ご自身の作品の音は録画・録音していただけます。記録されたい方は、スマホ・携帯電話などの記録媒体をご持参ください。

※参加する回によって作る星座が違います。

 

  

 アンドロメダファイト~スペースコロシアムルール~

andoromeda.jpg

 

●日時/5月7日(日) 9:00-17:00(ゲーム1回あたり約1時間)

●場所/加藤・小坂ホール

●対象/小学校3年以上

●定員/各回14-20名(全7回開催)

●講師/東北大学天文学教室のみなさん

●申込方法/9:00から会場にて受付(先着順)

●料金/無料

※カードは貸出いたします。購入希望の方は1セット500円です)

※2016年以降に配布したカードをお持ちの場合、ご持参の上、参加可能です。

●内容/天体の種類等によって強さの異なる天体カードを使った、2人対戦形式の天体トレーディングカードゲーム。

 

 

 青空に高性能紙ひこう機を飛ばそう

hikouki.jpg

 

●日時/5月7日(日) ①10:00-、②13:00-(各回約1時間半/制作60分、実験30分)

●場所/加藤・小坂ホール

●対象/小学校3年生~6年生

●定員/各回20名

●講師/ブレインサポーター 伊藤芳春氏

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

          ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/無料

●内容/ケント紙とバルサ材の角棒で、世界に一つだけの紙ひこう機を作ります。数え切れない工夫を凝らし、「簡単に作れる」「よく飛ぶ」という2つの条件をクリアした名機です。自分の手で直接材料に触れながら制作し、翼の角度を調整しながら、天文台の惑星広場で飛ばしましょう。科学のプロセスを五感で体感できる工作教室です。(紙ひこう機設計/小田健二博士)

 

 ※価格は全て税込です。

 

【祝】NHK投稿映像大賞地域賞 受賞!

 

2017年3月24日(金)、仙台市天文台が投稿した映像が、第2回 NHK投稿映像大賞の東北ブロック 地域賞を受賞しました!

 

受賞した映像は、2016年10月31日に仙台市天文台のお天気カメラが撮影した"火球"の映像です。北東から北西へ地面と平行に移動する火球の様子が確認できます。

 

 ☆動画はこちら→火球情報

 

この日、東日本各地で同じような光が多数目撃されたこともあり、その正体を説明するものとして、投稿したニュース番組で紹介していただきました。

 

受賞の様子をご紹介します。

 

実際に映像を撮影したお天気カメラの前で、賞状とたてを頂戴しました。

後ろにはひとみ望遠鏡も映っています。

 

IMG_11792.jpg 

IMG_11892.jpg 

IMG_11962.jpg 

喜びいっぱいのスタッフ。

これからも、さまざまな天文現象動画をご紹介していきます!

 

 

「天文台まつり」レポート2017

※クリックすると大きな画像で見られます(PDF)

 

matsuri2017.jpg

【天文台まつり2017】館内マップ&プラネタリウムスケジュール

 

天文台まつり2017の館内マップとプラネタリウムスケジュールです。

※画像をクリックすると大きいサイズの画像をご覧いただけます。

 

<館内マップ>

matsuri2017_map_big.jpg 

 

<プラネタリウムスケジュール>

■2月4日

 

matsuri2017_plane0204.jpg 

 

■2月5日

 

matsuri2017_plane0205.jpg 

 

【天文台まつり2017】展示室開催イベント詳細

 

天文台まつりでは、通常有料の展示室も無料でご覧いただけます。

展示室内では親子で楽しめるさまざまなワークショップを開催します!

 

 ※開催時間の詳細はスケジュールをご覧ください。

 ※ワークショップには整理券が必要な場合があります。

 ※整理券・受付はそれぞれのイベント開催場所にて行います。

 

☆スケジュールはこちら → ちらし(裏)

 

 

■アンドロメダファイト 【2/4・5開催】

 

matsuri17_andoromeda.jpg

 

東北大学天文学専攻の皆さんによる宇宙カードゲーム。

天体カードを使っていろいろな人と対戦し、勝つと相手のカードをもらうことができます。さらに、カードを集めると素敵な景品がもらえます!

※ゲームの参加には、当日会場で配布する「天体カード」が必要です。

 

 

■ちゃれんじ!10(テン)もんだいⅡ 【2/4・5開催】

 

matsuri17_challeng.jpg

 

スタッフサポーターの皆さんによる、展示室のクイズラリーとガイドツアー。

 

 

■天文屋台 星の子のしおりをつくろう 【2/4・5開催】

 

matsuri17_yatai.jpg

 

スタッフサポーターの皆さんによるものづくりワークショップ。

星の砂を使ったしおりを作ります。

※材料費30円/会場にて整理券配布

 

 

■広瀬図書館によるおはなし会 【2/4開催】

 

matsuri17_yomikikase.jpg

 

広瀬図書館の職員の皆さんによる絵本の読み聞かせ会。

 

 

■MUEショップ「星の明るさのちがいを知ろう!」  【2/5開催】

 

matsuri17_mueshop.jpg

 

宮城教育大学天文同好会の皆さんよるものづくりワークショップ。

星の明るさの違いを学びながら、「星座しおり」をつくります。

※材料費:50円/参加者多数の場合整理券配布

※材料がなくなり次第終了となります

 

 

☆プラネタリウム観覧の注意事項☆

 

プラネタリウムの入場にはチケットが必要です。

 

プラネタリウムの投映内容・時間は通常のものとは異なります。

 

プラネタリウムチケットは、当日9時の開館と同時に、その日の全ての回のものをインフォメーションにて販売いたします。(当日分のみ販売となります。ご予約はできません)

 

未就学児もチケットは必要です(但し、ひざ上でご観覧の場合は不要)。

 

各種手帳およびパスポート類はご利用いただけません

 

 

※プラネタリウチケットは、なくなり次第、販売終了となりますのでご了承ください。

※ご希望の投映がある方は、ぜひお早めにお越しください。

 

【天文台まつり2017】プラネタリウム番組詳細

 

天文台まつりで投映するプログラムをご紹介します。

 

 ※ご観覧には当日9時から販売するチケット(一律100円)が必要です。

  (ただし、ひざ上でご観覧の場合はチケット不要です)

 ※投映時間はスケジュールにてご確認ください。

 ※画像はイメージです。実際のものとは異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

 

☆スケジュールはこちら → ちらし(裏)

 

 

■南半球の星空 (約20分) 【2/4・5投映】

 

matsuri17_nanten.jpg

 

仙台からは見ることの出来ない南半球から見た星空をご紹介します!

 

 

■シアターショー「リラックマのプラネタリウム」 (約30分) 【2/4投映】

 

matsuri17_kuma.jpg ©SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 

「リラックマ」と「プラネタリウム」のコラボレーション。

満天の星の中で、子どもから大人まで一緒に"だららん"体験しましょう。

春夏秋冬、それぞれの星座たちが登場。プラネタリウムの魅力満載のプログラムです。

※観覧者全員にプラネタリウム限定リラックマのステッカーをプレゼント!!

 (観覧後にお渡しします)

 

 

■プラネタリウムの裏側クイズ (約20分) 【2/4・5投映】

 

matsuri17_uraquiz.jpg

 

いつもは見ることができない、プラネタリウムのしくみや裏側をクイズ形式でご紹介します!

普段、プラネタリウムのメンテナンスを行っている技術スタッフも登場!

見終わったらプラネタリウムマニアになれちゃうかも!?

 

 

■解説員体験ショー (約30分) 【2/4・5投映】

 

matsuri17_kaisetutaiken.jpg

 

抽選で選ばれた5名がスタッフと一緒に星空解説に挑戦!季節の星座を紹介します。

お子様はもちろん、大人の方も申込いただけます。

天文台まつり以外では中々開催のない特別プログラム。ぜひお申し込みください!

 

<募集要項>

●定員/各回5名(抽選)

●対象/小学生以上・大人可

●申込方法/イベント当日、インフォメーション向かいのピアノ前に設置する申込所にて、申込用紙に必要事項を記入し提出

●申込締切/12:30(締切後すぐ抽選を行います。当選者はそのまま練習に入ります)

●体験料/無料(お付き添いの方のご観覧には有料チケットが必要です)

 

 

■おひるねプラ寝たリウム (約30分) ・熟睡プラ寝たリウム (約45分) 【2/4投映】

 

matsuri17_jukusui.jpg

 

星空の下で気兼ねなく眠ってみたい・・・そんなあなたの夢を叶えます。

昼間はショートタイムの"おひるね"。夜はぐっすり"熟睡"。

プラネタリウムでゆったりとしたひとときをお過ごしください。

 

 

■観望会のための星空案内 (約20分) 【2/4投映】

 

matsuri17_taiken.jpg

 

夜の天体観望会で観察する天体や星座をスタッフが生解説でご紹介します。

今夜はどんな天体が見えるのでしょう?お楽しみに!

 

 

■シアターショー「おじゃる丸~いん石小僧がふってきた!~」 (約30分) 【2/5投映】

 

matsuri17_ojaru.jpg ©犬丸りん・NHK・NEP

 

宇宙から月光町に「いん石小僧」が降ってきた!

やんごとなきみやびな妖精貴族・おじゃる丸の冒険物語。

 

 

 

【天文台まつり2017】出展ブース・写真展示

 

昨年に引き続き、今年も企業出展ブースコーナーが登場!

望遠鏡や宇宙天文関連グッズの展示・販売、ワークショップコーナー、飲食コーナーなど、お楽しみがいっぱいです。

また、ギャラリーでは今年も素敵な天体写真展示がありますよ!

 

 ※出展時間は企業によって異なります。詳細はスケジュールをご覧ください。

 

☆スケジュールはこちら → ちらし(裏)

 

*************

 

【出展ブース】

 

※画像はこれまでの様子です。

※完売等により、予定より早く終了の場合もございます。

※出展企業は変更となる場合もございます。

 

<企業・団体名/出展内容/企業メッセージ>※五十音順、敬称略

 

◆石窯パン工房ばーすでい〔軽食販売〕

 

matsuri17_kigyou_birthday.jpg

 

皆様に笑顔と和やかなひとときをお過ごしいただけるようこだわりの石窯で焼き上げ、中はふんわりもちもち、外はかりっとした食感を楽しめる種類豊富な美味しいパンと焼菓子をご用意致しました。是非、ご利用下さい。

 

 

◆キーン・ジャパン合同会社〔ワークショップ・シューズ類販売〕

 

matsuri17_kigyou_keen.jpg

 

KEENは米国オレゴン州・ポートランドに拠点を構え、『屋根のない場所すべてをアウトドア』と定義し多数の商品を展開する、アウトドア・フットウェア・ブランドです。仙台市天文台とはコラボアイテムを展開し、現在第8弾が発売中。

 

 

◆株式会社ケンコー・トキナー〔望遠鏡、双眼鏡販売〕

 

matsuri17_kigyou_kenko.jpg

 

ケンコー・トキナーは光学製品と写真用品メーカーです。天体観測から撮影までをラインナップし、皆様の天文ライフをまるごとサポートします!

 

 

◆株式会社誠文堂新光社〔書籍・雑誌販売〕

 

matsuri17_kigyou_seibundo.jpg

 

「月刊天文ガイド」は天文に関するわかりやすい解説記事から、専門的な記事までを掲載した、天文ファン必読の月刊誌です。その他、「子供の科学」など、趣味・実用を中心とした幅広いジャンルで雑誌や書籍を出版しています。

 

 

◆セブンイレブン仙台錦ケ丘店〔軽食販売〕

 

matsuri17_kigyou_sebun.jpg

 

セブンイレブンはおいしい食卓を追及し続けています。天文台まつりではおでんや中華まん、おにぎりや揚げ物などの人気ある軽食をご用意し皆様をお待ちいたしております。是非ご利用ください。

 

 

◆仙台市花き市場〔ワークショップ〕

 

matsuri17_kigyou_kaki.jpg     matsuri17_kigyou_kaki_03.JPG

 

2月14日はフラワーバレンタイン、"世界でいちばん花を贈る日"です。あなたも大切な人にお花を贈ってみませんか? 今回の天文台まつりでは仙台フィルメンバーとのコラボステージやフラワーアレンジメントのワークショップを行います♪お花と音楽とお星さまの競演をぜひお楽しみに! (※右画像はワークショップ作品例です)

 

 

◆だがしや まる。〔駄菓子販売〕

 

matsuri17_kigyou_maru.jpg

 

今も昔も子供たちの社交場的存在の『駄菓子屋』。駄菓子は誰もが童心にかえれるような不思議な魅力があります。当日は皆様がわくわくするような商品を取りそろえてお待ちしています。

 

 

◆株式会社名取屋染工場〔手ぬぐい・布小物販売〕

 

matsuri17_kigyou_natoriya.jpg

 

創業百余年、仙台の名取屋染工場です。仙台市天文台のオリジナル手ぬぐい他、仙台ゆかりの柄や伝統文様の手ぬぐいを伝統技法「注染」にて染めております。是非お立ち寄りください。

 

 

◆日本郵便株式会社 愛子郵便局〔星座切手等販売〕

 

matsuri17_kigyou_yubin.jpg

 

天文台まつり2017の開催おめでとうございます。郵便局では、ご来場の天文ファンの皆様に喜んでいただける星座の切手やかわいいシール切手などをご用意いたしました。是非この機会にコレクションの一つにされてはいかがでしょうか。

 

 

◆株式会社ビクセン〔ワークショップ・展示販売〕

 

matsuri17_kigyou_vixen.jpg

 

ビクセンは、天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡など扱う総合光学機器メーカーです。本社は埼玉県所沢市にあります。各地での天体観望会開催や「スターパーティ」、「宙ガール」提唱などの企業活動を通じ、星空の魅力と感動を皆さまに伝えます。

 

 

*************

 

【写真展示】

 

■仙台天文同好会による天体の写真展

 

matsuri17_doukoukaitenji.jpg

 

仙台天文同好会のみなさんによる天体の写真展。

プレショーギャラリーと3階観望会待機室にて開催。

※それぞれの会場ごとに展示内容は異なります。

 

 

【天文台まつり2017】ステージイベント詳細

 

オープンスペースに設置する特設ステージにて、今年もさまざまなイベントを開催します!

観覧・参加無料となっておりますので、どうぞお気軽にお楽しみください☆

 

 ※それぞれのイベントの開催時間はスケジュールをご覧ください。

 ※イベント写真は参考画像および昨年の様子です。

  実際の内容とは異なる場合がございますのでご了承ください。

 

☆スケジュールはこちら → ちらし(裏)

 

 

■ミニコンサート 【2/4・5開催】

 

matsuri17_senfiru.jpg

 

街角花屋さんと仙台フィルメンバーによるコラボミニコンサートを開催!

仙台フィルメンバーの演奏にのせて、街角花屋さんが即興で花束を作ります。

 

 

■わくわくサイエンスショー 【2/4・5開催】

 

matsuri17_scienceshow.jpg

 

親子で楽しめる実験ショーをお届けします。

今回は空気砲を使った実験です!

 

 

■宇宙旅行映像ショー 【2/4・5開催】

 

matsuri17_eizoushow.jpg

 

東北大の先生が、生解説付きで宇宙旅行にご案内します。

(2Dの映像です。3Dではございません。)

 

12:40-    「月ってどんなところ?」

   身近な「月」の地名と見どころや,未だに解明されていない謎を紹介します。

14:10-    「銀河系の姿に迫る」

   銀河系とは何か?その姿がどのように解明されていったのかを紹介します。

 

 

■インターネット望遠鏡で観望会 【2/4・5開催】

 

matsuri17_m37.jpg matsuri17_m42.jpg

matsuri17_m45.jpg ※観望予定天体(左上から順にM37、M42、M45)

 

仙台が昼の時間に、海外の夜の空を眺めてみましょう。

※天体画像はイメージです。天候により観望できる天体も変わります。

 

 

■気象予報士の星空予報 【2/4開催】

 

matsuri17_kishou.jpg

 

TBC東北放送の気象予報士・星野誠さんによる星空予報。

 

 

■トワイライトサロン~天文台長土佐誠の宇宙が身近になる話~ 【2/4開催】

 

matsuri17_towairaito.jpg

 

土佐台長が土曜の夜だけにひらくサロン。

飲食自由の気軽な雰囲気の中、宇宙をテーマに土佐台長がお話します。

今回は、天文台まつり特別バージョンでお届け!

 

 

■武田こうじ Poetry Reading Live 月と空と星の詩を読む 【2/4開催】

 

matsuri17_takeda.jpg

 

仙台出身の詩人・武田こうじによる朗読会。

黄道十二星座の詩を中心に、武田こうじの詩の世界をお楽しみください。

 

 

■極寒大声コンテスト~星に願いを!~ 【2/4開催】

 

matsuri17_oogoe.jpg

 

大きな声で星に願い事をしましょう!

大きな声を出した方や素敵な願い事には景品が出るかも!?

 

 

■「みちびき」打ち上げ応援企画 【2/5開催】

 

2017年に打ち上げ予定の準天頂衛星「みちびき」2号機を応援する映像を撮影します。

★「みんなのみちびき」サイト→ http://michibiki.space/

 

 

■自転車で「月までGO!」 【2/4・5開催】

 

matsuri17_go.jpg

 

毎週土曜日に開催しているワークショップがオープンスペースに登場!

開催時間中随時受付。何度でも参加可能です!

みなさんの力で、自転車で月まで向かいましょう!

私たちが自転車で月まで行くには、いったい何年かかるのでしょうか。

 

 

【天文台まつり2017】観望会・関連イベント

 

天文台まつりに欠かせない天体観望会・関連イベントをご紹介します!

今年も、夜に加えて、昼間の天体観望会を開催する他、初開催となるイベントもありますよ。

望遠鏡を使って、本物の宇宙を覗いてみませんか?

 

 ※開催時間の詳細や開催場所はスケジュールをご覧ください。

 

☆スケジュールはこちら → ちらし(裏)

 

 

■太陽を見る会(晴天時に実施) 【2/4・5開催】

 

matsuri17_taiyou.jpg

 

仙台天文同好会の皆さんによる太陽の観察会。

 

 

■天体観望会(晴天時に実施) 【2/4開催】

 

matsuri17_yorukanbou.jpg

 

仙台天文同好会の皆さんによる天体観望会。

 

 

■昼の天体観望会~ひとみ望遠鏡観測室~(晴天時に実施) 【2/4・5開催】

 

matsuri17_hitomihiru.jpg

 

ひとみ望遠鏡を使った天体観望会。昼でも見える明るい星を観察します。

※悪天候時は「望遠鏡案内(通常版)」または「マニアックな望遠鏡案内」を開催。

 

 

■ひとみトーク 【2/4・5開催】

 

matsuri17_hitomitalk.jpg

 

今年もひとみ望遠鏡とお話ができるよ。ひとみ望遠鏡にいっぱい質問してみよう!

 

 

■夜の天体観望会~ひとみ望遠鏡観測室~(晴天時に実施) 【2/4開催】

 

matsuri17_hitomiyoru.jpg

 

ひとみ望遠鏡を使った天体観望会。見ごろの星を観察します。

※悪天候時は「ひとみトーク」、「望遠鏡案内(通常版)」、「マニアックな望遠鏡案内」を開催。

 

 

■昼の天体観望会~観察室~(晴天時に実施) 【2/4・5開催】

 

matsuri17_kansatsuhiru.jpg

 

ライセンスがないと普段は入ることができない「観察室」の望遠鏡を使った天体観望会。

※悪天候時は「望遠鏡案内」を開催。

 

 

■夜の天体観望会~観察室~(晴天時に実施) 【2/4開催】

 

matsuri17_kansatsuyoru.jpg

 

ライセンスがないと普段は入ることができない「観察室」の望遠鏡を使った天体観望会。

※悪天候時は「望遠鏡案内」を開催。

 

 

■スマホで月を撮ろう 【2/4・5開催】 NEW

 

matsuri17_sumaho.jpg

 

ライセンスがないと普段は入ることのできない観察室の望遠鏡を使って月を撮影できます!どんな風に写るのかお楽しみに!

※カメラ付き携帯電話であれば撮影可能(デジタルカメラは不可)

※悪天候時には、事前に撮影した月の写真をダウンロードできます。

 その際、パケット通信料はご負担ください。

 

 

天文台まつり2017

 

2月1日は仙台市天文台の開台記念日。

2015年には「仙台市天文台の日」として、記念日登録もされました。

 

天文台では、日頃の感謝の気持ちをこめて、今年も2017年2月4日(土)、5日(日)の2日間、「天文台まつり」を開催いたします。

 

情報第1弾は、ちらしの公開!

 

今年もイベント盛だくさんとなっております。

 

裏面には当日スケジュールを掲載!

当日までに気になるイベントをチェックしてみてくださいね♪

 

本日から仙台市天文台で配布のほか、今後、仙台市内の様々な場所でも配布予定です。

下記からダウンロード(PDF)もできますので、当日はぜひご持参の上、ご来館くださいませ。

 

イベントの詳細は、随時こちらのコーナーで紹介していく予定ですので、どうぞお楽しみに☆

 

matsuri2017omote.jpg

▲ちらし表紙

 

matsuri2017ura.jpg

▲ちらし裏

 

ちらしダウンロード(PDF)→   /  裏(スケジュール表)

 

 

ロビーコンサートvol.18レポート

  

【イベントレポート】

 

2016年12月17日(土)、宮城教育大学&仙台市天文台PRESEBTS ロビーコンサートin 仙台市天文台vol.18を開催しました。

 

このコンサートは、宮城教育大学音楽教育専攻の学生やOG・OB、先生方によるコンサートです。

 

18回目となる今回のテーマは「星をかなでる 賢治がうたう 賢治をうたう」。

2016年が宮沢賢治生誕120周年の記念の年ということ、またそれにちなみ仙台市天文台の2016年度のテーマが「宮沢賢治」ということで、このテーマになりました。

 

161217lobicon01.jpg

星空たんけん!~スペースラボレポート~

【イベントレポート】

 

2016年12月17日(土)、宮城教育大学の教員・学生のみなさんによるスペースラボを開催しました。

 

スペースラボとは、宮城教育大学と天文台の連携企画として、大学の先生達から直接わかりやすく宇宙の不思議や科学の面白さを学べる実験教室です。

毎回異なるテーマから、宇宙を理解するための基礎的な科学を学ぶことができます。

 

第5回目となる今回のテーマは「星空たんけん」。

 

2016年は宮沢賢治生誕120周年の年、またそれにちなみ仙台市天文台の今年度のテーマが「宮沢賢治」ということで、宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」に沿って星空を探検し、星の色や明るさについて学びました。

 

【導入:銀河鉄道の夜】

 

2017labo01.jpg 

風を感じてみよう!~スペースラボレポート~

【イベントレポート】

 

2016年12月4日(日)、宮城教育大学の教員・学生のみなさんによるスペースラボを開催しました。

 

スペースラボとは、仙台市天文台で「宇宙の不思議にふれてみよう」という趣旨のもと、宮城教育大学のみなさんが企画している実験教室です。

毎回異なるテーマから、宇宙を理解するための基礎的な科学を学ぶことができます。

 

第3回目となる今回のテーマは「風を感じる―宮沢賢治の自然観―」。

2016年は宮沢賢治生誕120周年の年、またそれにちなみ仙台市天文台の今年度のテーマが「宮沢賢治」ということで、宮沢賢治と風との関わりを紹介しつつ、風の起きる仕組みや、向きの調べ方、風の操り方などを学びました。

 

実験の様子をご紹介します。

 

【実験①:風の動きを見る】

 

2016labo_3_01.jpg

▲発泡スチロールの上に保冷剤とお線香を置き、上から水槽をかぶせ、お線香の煙がどのように動くか観察。

 

入賞おめでとうございます!

 

2016年10月30日(日)、「宇宙の日作文絵画コンテスト」の表彰式を開催しました。

 

このコンテストは、文部科学省、国立天文台、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが主催するコンテストです。各地方の科学館がそれぞれ応募作品の中から最優秀賞を選定し、その中からさらに厳正な審査のもと、部門ごとに主催者賞が贈られるというものです。

 

今年のテーマは「宇宙とわたし」。

天文台にも、色彩豊かで、想像力に富んだ作品がたくさん寄せられました。

 

今回は入賞された18名様に、土佐誠台長から、表彰状と記念品を贈呈しました。

(受賞者は欠席者を合わせ23名)

 

sakubun04.jpg sakubun06.jpg

 

ロビーコンサートvol.17レポート

【イベントレポート】

 

2016年9月4日(日)、宮城教育大学&仙台市天文台PRESEBTS ロビーコンサートin 仙台市天文台vol.17を開催しました。

 

17robi01.jpg

 

このコンサートは、宮城教育大学の学生の皆さんや、OB・OGの皆さん、先生方によるもので、今回で17回目を迎えました。

 

今回のテーマは「祈らばや ゆらぐ星のもと」。

演奏曲にもなっている、ゴダール作曲「ジョスランの子守唄」の日本語訳の一説からとったそうです。

 

曲目は、星の曲はもちろん、今年生誕120周年を迎えた宮沢賢治にまつわる曲なども演奏され、今年ならではのコンサートとなりました。

 

「回転アニメ」ワークショップレポート

【スタッフサポーター活動紹介】

 

2016年7月30日(土)、天文台のスタッフサポーターのみなさんによる工作教室を開催しました!

スタッフサポーターとは、仙台市天文台の活動をスタッフの一員としてサポートしていただくボランティアのみなさんです。毎年、仙台市天文台のテーマに合わせて、様々なワークショップを企画・実施してくださいます。

 

0730kaiten01.jpg 0730kaiten02.jpg

 

今回、制作したのは「回転アニメで作る宮沢賢治の世界」。

アニメーションの原型でもある、ゾートロープを、身の回りの簡単に手に入る材料を使って作ります。どんな作品ができたのでしょう。早速、制作の様子をのぞいてみましょう!

 

 

**************

天文台長がプラネタリウムを投映!

【イベントレポート】

 

400towa01.jpg 

 

2016年7月2日(土)、「トワイライトサロン400回記念~天文台長といく銀河鉄道の旅~」を開催しました。

 

トワイライトサロンとは天文台の土佐台長が土曜の夜だけにひらくサロンのことです。

天文台に入ってすぐのオープンスペースで台長が宇宙をテーマに毎週いろいろなお話しをします。

 

☆詳しくは"こちら"

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル七夕飾りへの道 vol.3

 

tanabatakazari.jpg 

オリジナル七夕飾りへの道、いよいよ最終回です!

先日、仙台市天文台オリジナル七夕飾りが完成しました。

 

仕上げと取り付けの様子をご紹介します!

 

オリジナル七夕飾りへの道 vol.2

 

tanabatakazari.jpg 

仙台市天文台オリジナル七夕飾り作りの続報です!

 

制作2日目もスタッフサポーターの皆さんにご協力いただき、だんだん完成へと近づいてきました。

 

途中経過を写真でご紹介!

 

キャンドルナイトレポート~2016夏~

【イベントレポート】

 

2016can00.jpg

 

2016年6月18日(土)、「100万人のキャンドルナイトin仙台市天文台」を開催しました。

『電気を消して、スローな夜をすごしませんか・・・』というキャンドルナイトの趣旨のもと、毎年夏至と冬至付近の土曜日に開催しています。

 

今年もキャンドル点灯のほか、仙台市野草園の職員の皆さんによる、キャンドルホルダーづくりのワークショップを開催しました。

 

*************

オリジナル七夕飾りへの道 vol.1

 

tanabatakazari.jpg 

仙台市天文台では、毎年七夕の季節になると、館内に吹流しを飾っています。

今年は、初めて天文台オリジナルの吹流しを作ることになりました!

 

7月某日、スタッフサポーターの皆さんにご協力いただき、制作がスタートしました!

 

子ども台長大活躍!

 

【イベントレポート】

 

2016kodomo01.jpg 

2016年4月24日(日)、仙台市天文台にて科学技術週間イベント「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか?」を開催しました。

 

 

科学技術週間は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として昭和35年2月に制定されました。

この期間、全国の科学館・博物館などで、各種科学技術に関するイベントを実施しています。

 

そのイベントの一環として,普段見学しているお気に入りの科学館・博物館の館長になれる「1日館長」というものがあります。

仙台市天文台でも2010年から「1日台長」イベントを開催しています。

 

 

 

 

 

2016年・6代目の子ども台長は、たくさんの応募の中から、仙台市立上愛子小学校4年生の相澤成心(あいざわなるみ)さんに決定!

 

はたして無事に任務終了できるでしょうか!?

成心台長の一日に密着しました◎

 

賢治文学の音楽性を楽しむ

【展示更新情報】

 

仙台市出身のアーティスト・はらだかおるさんによる展示が開催中です。

 

はらだかおる「宇宙物語Ⅷ」 ~賢治と宇宙~

 

harada2016_00.jpg 

今年で8年目を迎えた、宇宙にまつわるファンタジーイラスト&空想物語の展示。

 

今年は、仙台市天文台の2016年度のテーマ「宮沢賢治」に合わせて、宮沢賢治の作品をイメージした作品を展示中です。

 

はらださんご自身が、深く影響を受けたと語る「宮沢賢治」。

今回は、数多くある賢治作品の中から、「春と修羅」をテーマとした作品をお届けします。

 

harada2016_02.jpg ←展示準備中のはらださん

 

 

朗読を視覚化したという作品は、はらださんが大学の授業で作成したもの。

朗読は人によって声の強弱や音程、間の取り方が違います。

そのリズムや音楽性を、目で見てわかるような本にしたいという思いから、作られたそうです。

 

 

音符のようにならんだ文字は、はらださんと、宮沢賢治の実弟である宮沢清六さんの朗読を視覚化したものです。

清六さんの朗読が濃い文字、はらださんの朗読が薄い文字となっています。

 

harada2016_03.jpg

 

 

清六さんとはらださん、二人の朗読が織り成す"目で見る楽譜「春と修羅」"。

ぜひiPodに入った実際の朗読を聴きながらご覧ください。

 

harada2016_04.jpg
 

 

今回の展示に合わせて新たに描かれた作品もアクセントになっていますよ!

 

harada2016_05.jpg

 

 

さらに、以前から構想していたという、「双子の星」の物語をイメージした作品も新登場。

 

harada2016_06.jpg

 

 

はらださんの空想の中の賢治ワールドをお楽しみください。

 

<展示詳細>

■期間/2016年4月26日(火) -6月4日(土)

■時間/開館時間中

■観覧料/無料

 

 

童話と現実の世界を繋げる

【展示更新情報】

 

展示室にある企画展示コーナーでは、毎回テーマにあわせた展示を行っています。

今年度のテーマは「宮沢賢治」。

2016年に宮沢賢治生誕120周年を迎えることに由来して決まりました。

 

4月から始まった展示のタイトルは「風野又三郎と緯度観測所」です!

 

mata01.jpg
 

月まであと何年??

 

【ワークショップレポート】

 

2016年4月2日(土)、この春から新しく始まったワークショップ「自転車で月までGO!」の第1回目を開催しました。

 

160402go_00.jpg