天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観察ガイド「2018/08/17 伝統的七夕」

仙台には3つの七夕があります。一つ目は7月7日、二つ目が8月6日-8日の仙台七夕まつり。

そして、もう一つが伝統的七夕の日です。

20180817_tanabata.jpg

七夕は旧暦7月7日の行事でしたが、明治の改暦で新暦(現在の暦)の7月7日に行うのが一般的となりました。そのために現在の七夕の日は旧暦の七夕よりも約一ヶ月も早くなってしまったのです。

 

旧暦の七夕は現在の8月にあたることが多く、梅雨も明け、夜8時にもなれば織姫星と彦星が空高く輝いています。また、旧暦は月の満ち欠けをもとにしているので、七夕の夜には決まって半月状の月が南西の空に浮かんでいます。織姫はこの月の舟を漕いで彦星に逢いに行き、人々はその舟に願いを託すのです。

 
現在では国立天文台がこの旧暦の七夕を「伝統的七夕」(※)として広く報じており、2018年は8月17日が伝統的七夕の日になっています。(※「伝統的七夕」・・・二十四節気の処暑を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い新月の瞬間を含む日から数えて7日目と定義されます。)
なお、2030年までの伝統的七夕の日は、以下の通りです。

 

2018年 8月17日 2025年8月29日
2019年 8月7日 2026年8月19日
2020年 8月25日 2027年8月8日
2021年8月14日 2028年8月26日
2022年8月4日  2029年8月16日
2023年8月22日 2030年8月5日 
2024年8月10日