天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

観測記録アーカイブ

2018/1/31 皆既月食

2018年1月31日に起きた皆既月食の様子を撮影しました。
今回の皆既月食については、天体観察ガイド「2018/1/31 皆既月食」でも紹介しています。

天文台周辺は悪天候の予報だったため、晴れの見込みがある太平洋側へと遠征して撮影しました。

月食開始時刻には、空が雲で覆われていましたが、月食が進んでいくにつれて雲が晴れ、月食中の月が顔を出してくれました。

途中、曇ったり晴れたりを繰り返しながら、部分食~皆既食~部分食と経過して行く様子をとらえることができました。

gousei20180131.jpg

2018/1/27 月とアルデバランが並ぶ

2018年1月27日に撮影した、月とアルデバランが並んだ様子です。

火球情報(2018/1/14 19:25)

2018年1月14日19:25の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。 画面上が北の方角です。 北(画面上)から北西(画面右上)へと火球が流れていく様子がわかります。

火球情報(2018/1/12 18:02)

2018年1月12日18:02の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。 画面上が北の方角です。 天頂付近から西(画面右)へと火球が流れていく様子がわかります。

 

火球情報(2018/1/4 5:59)

2018年1月4日5:59の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。

北東(画面左上)から南西(画面右下)へと火球が流れていく様子がわかります。

 


2017/12/14 ふたご座流星群動画

12月14日21時47分ごろのふたご座流星群の流星が天文台のお天気カメラに映っていました。

 

2017/12/14 ふたご座流星群

2017年12月14日に撮影した、ふたご座流星群の画像です。

※ふたご座流星群についてはこちら

火球情報(2017/12/7 18:04)

2017年12月7日18:04の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
ベガ号での観望会中だったので、お客様と一緒に眺めることができました。


2017/11/1 十三夜

火球情報(2017/10/25 23:12)

2017年10月25日23:12の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
西(画面右)の低空へと火球が流れていく様子がわかります。

火球の経路からオリオン座流星群に属する火球ではないかと考えられます。

2017/10/4 中秋の名月 

2017/6/9 今年最小の満月

火球情報(2017/05/06 2:25)

2017年5月6日2:25の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
火球の経路からηみずがめ座流星群に属する火球ではないかと考えられます。
ηみずがめ座流星群は5月6日10:00に極大をむかえると予想されていました。

2017/05/05 環水平アーク

2017年5月5日の午前11時ごろに、「環水平アーク」とも呼ばれる珍しい現象が見られました。

 

20170505rainbow.jpg

火球情報(2017/04/06 3:08)

2017年4月6日3:08の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
画面中央、南から北へとながれる火球の様子がわかります。
火球が一気に明るくなる様子がわかります。

金星と国際宇宙ステーション

ISS_kinsei_2_550pix.jpg

上空を通過する国際宇宙ステーション(ISS)が金星の側を通り過ぎていく様子を撮影することができました。

画面上左から右へ動いていきました。

次回、仙台でISSが見やすい日は以下の通りです。晴れますように!

2017/01/03-04 しぶんぎ座流星群

2017年1月3日から4日にかけて撮影した、しぶんぎ座流星群の画像です。

※しぶんぎ座流星群についてはこちら

 

1701032347sph.jpg

■撮影データ
撮影日時:2017/01/03 23:47
撮影機材:Canon EOS 6D+魚眼レンズ
露出時間:19秒(ISO3200)

 

 

 

1701032347.jpg■撮影データ
撮影日時:2017/01/03 23:47
撮影機材:Canon EOS 6D+14mmレンズ
露出時間:19秒(ISO3200)

 

 

 

1701040135sph.jpg

■撮影データ
撮影日時:2017/01/04 01:35
撮影機材:Canon EOS 6D+魚眼レンズ
露出時間:9秒(ISO6400)

 

 

 

1701040135.jpg■撮影データ
撮影日時:2017/01/04 01:35
撮影機材:Canon EOS 6D+14mmレンズ
露出時間:19秒(ISO3200)

 

 

 

1701040139sph.jpg

■撮影データ
撮影日時:2017/01/04 01:39
撮影機材:Canon EOS 6D+魚眼レンズ
露出時間:9秒(ISO10000)

 

 

 

1701040139.jpg■撮影データ
撮影日時:2017/01/04 01:39
撮影機材:Canon EOS 6D+14mmレンズ
露出時間:14秒(ISO6400)

火球情報(2016/11/20 21:51)

2016年11月20日21:51の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
南東(画面左下)から天頂方向(画面中央)へと流れる火球の様子がわかります。
南東には飛行機も通過しており、火球がいかに明るいかがわかります。

火球情報(2016/11/16 18:00)

2016年11月16日18:00の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
東から西へとながれる火球の様子がわかります。

また、その他にも2つの火球を撮影しました。
16日22:45 画面左上(うす雲の中)
17日02:16 画面右下
少しわかりにくいですが、探してみてください。

火球情報(2016/10/31 05:43)

2016年10月31日5:43の火球を仙台市天文台のお天気カメラが撮影しました。
画面上が北の方角です。
北東から北西へ地面と平行に移動する火球の様子が確認できます。

 

 

2016/10/13 十三夜

気持ちの良い秋晴れの中、十三夜の月を撮影することができました。

台風の時期が重なり、中秋の名月を見れないことも多かった日本ならではの習慣です。

今年の中秋の名月は曇りでしたが、十三夜は見ることができました。

 20161013_550pix.jpg

■撮影データ

撮影日時:2016年10月13日19時01分

撮影場所:仙台市天文台

撮影機材:Takahashi TOA-150 + Canon EOS60D (ISO 125) 

露出時間:1/400秒

 

十三夜について詳しくはこちら

2016/08/12-13 ペルセウス座流星群を撮影

 

2016年8月12日から13日にかけて撮影した流星動画のダイジェスト版です。ペルセウス座流星群の流星と,それ以外の流星を見分けることができるでしょうか。
なお,ペルセウス座流星群の動画には「ペルセウス座流星群」のタイトルを付記しています。

2016/6/11 パンスターズ彗星(C/2013 X1)

パンスターズ彗星(C/2013 X1)を撮影しました。

肉眼では観察できませんが、望遠鏡ではかろうじてその姿を見ることができました。

テイルをとらえることはできませんでしたが、コマははっきりと写りました。

160611_C2013_550pix.jpg

■撮影データ

撮影日時:2016年6月11日 2時12分

撮影場所:仙台市天文台

撮影機材:ε180 + Canon EOS 60Da (ISO 640)

露出時間:750秒(30s×25)

画像処理:ダーク処理,メトカーフコンポジット,デジタル現像,レベル調整

2016/05/31 火星接近

2016/04/11 太陽の肉眼黒点

4月8日から東側に現れた黒点が、現在、日食グラスを使って肉眼でも観察することができます。

※肉眼でも観察できる黒点を、「肉眼黒点」と呼んでいます。

2016/1/9 金星と土星の接近

昼の空で,金星と土星が接近している様子を撮影することができました。

最接近となったのが12時56分でしたが,高度が10度ほどと低く,さらに雲に阻まれたために撮影できませんでした。撮影画像は,最接近の2時間ほど前の11時10分に撮影したものです。

金星が-4等級であるのに対し,土星は0.4等級と暗く淡いため,画像の強調処理をすることで土星の姿を確認することができました。この時の2天体の離角は7分40秒角で,満月(約30分角)の大きさの約4分の1の距離まで接近して見えたことになります。

 

160109_VeSa.jpg

■撮影データ
撮影日時:2016/1/9 11:10:26
撮影機材:ひとみ望遠鏡+Canon EOS 6D(トリミングあり)
露出時間:1/320 秒(ISO100)

2015/12/13 ふたご座流星群

ふたご座流星群の極大日を前に,火球を撮影することができました。

画像中央の天頂付近にふたご座があり,その放射点から流れた流星であることがわかります。

1512130212_geminids800.jpg■撮影データ
撮影日時:2015/12/13 02:12:52
撮影機材:Canon EOS 6D+魚眼レンズ
露出時間:20秒(ISO3200)

 

 

上記と同じ流星を,天文台の雲監視カメラも捉えていました。

2015/12/3 はやぶさ2撮影成功!

ひとみ望遠鏡で、小惑星探査機「はやぶさ2」の姿をとらえることに成功しました!

「はやぶさ2」は2014年12月3日に打ち上げられ、地球の引力を使ってスイングバイを行うために、2015年12月3日の今夜、地球に接近していました。

 

高感度カメラで18時57分前後の動画を撮影しました。 左斜め上から右下にかけてはやぶさ2が動いていく様子をみることができます。

上記動画のオリジナルデータはこちらからダウンロードできます。(57.1MB)

 

 

高感度カメラで観測の一部始終を動画で撮影しました。(18時45分から18時57分のはやぶさ2の映っているところ抜粋しました。) 望遠鏡を動かして何度もはやぶさ2を待ち受けている様子がわかります。 動画の最初は暗いので探しにくいですが、後半になると明るくなっている様子がわかります。 11:51には画面左上から右下にかけて動いていく様子がわかりやすく見ることができます。 注意)2:00ごろに右下から右上に動いているのははやぶさ2ではありません。他の衛星です。 11:13からバッテリー交換で画面全体が黒くなっています。

上記動画のオリジナルデータはこちらからダウンロードできます。(1.63GB)

 

 

画像の中央を横切るように写っている線が「はやぶさ2」が動いていった軌跡です。

1512031844_hayabusa2.jpg

■撮影データ

撮影日時:2015年12月3日 18:44:53.4

撮影機材:ひとみ望遠鏡+冷却CCDカメラ

露出時間:10秒

上記画像で軌跡がわかりやすいように加工したものをこちらからダウンロードできます。(7.65MB)

 

 

1512031856_hayabusa2.jpg

■撮影データ

撮影日時:2015年12月3日 18:56:56.7

撮影機材:ひとみ望遠鏡+冷却CCDカメラ

露出時間:5秒

上記画像で軌跡がわかりやすいように加工したものをこちらからダウンロードできます。(7.60MB)

火球情報(2015/11/12 19:22:55)

2014年11月12日19:22:55の火球を仙台市天文台のお天気カメラが捉えていました。

画面上が北の方角です。 とても明るい火球が約4秒間にわたり確認できます。

 

2015/10/25 十三夜

天気がとても変わりやすい1日でしたが、夜は晴れて十三夜の月を撮影することができました。

十三夜は別名「栗名月」とも呼ばれるように、おいしそうな栗が空に浮かんでいるように見えました。

     

151025moon.jpg

 

■撮影データ

撮影日時:2015年10月25日21時07分

撮影場所:仙台市天文台

撮影機材:Takahashi TOA-150 + Canon EOS60D (ISO 200) 

露出時間:1/400秒