天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2009年1月アーカイブ

1.3mで捉えたルーリン彗星の尾!

1月27日から28日にかけて仙台地方は良い天気に恵まれました。
20時過ぎに天文台入り。
1.3m反射望遠鏡の立ち上げ後、観測できる彗星や小惑星を対象に冷却CCDカメラで撮影。
その後、フラット補正画像を取得するための作業を行いました。

続報 ルーリン彗星

25日03時前、自宅付近から見る星空はすばらしい透明度に恵まれましたが、
星の瞬きがひどく、しし座の中で輝く土星の観測をあきらめました。
観測目標はいくらでもあります。

続報 ルーリン彗星

2007年に台湾のルーリン(鹿林)天文台で発見されました。
7月11日に発見された時には、18,9等の特異小惑星としてでした。
これくらいの明るさであれば、
仙台市天文台の1.3m大型望遠鏡でもキャッチできます。

ルーリン彗星 1.3m大型望遠鏡で撮影成功!

春の夜空で明るくなるルーリン彗星が、明け方の南東の空で明るくなっています。

今までに何度となくチャレンジしてきましたが、天候に恵まれず、
また、低空のために観測できませんでした。

新年明けましておめでとうございます。

年末年始にかけて、残念ながら良い観測日和には恵まれませんでした。
それでも夕方の愛犬の散歩のときに、南西の空にビガビガと輝く金星を見て
1.3m大型望遠鏡でも撮影してみようと思っていたのです。

しぶんぎ座流星群

しぶんぎ座流星群を撮影するため、この季節の晴天率が高い宮城県山元町に遠征しました。