天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2017/11/1 十三夜

13moon.png

日本には、十五夜と十三夜の2回お月見をする独自の文化があります。

十三夜の月は、収穫時期が重なることから「栗名月」とも呼ばれています。

残念ながら空は曇っていましたが、雲が薄くなった瞬間を狙って撮影することができました。

 

■撮影データ

撮影日時:2017年11月1日18時03分

撮影場所:仙台市天文台

撮影機材:15cm屈折望遠鏡 + Canon EOS60D(ISO400)

露出時間:1/640

 

十三夜について詳しくはこちら→天体観察ガイド「2017/11/1 十三夜」