天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2008年7月アーカイブ

1.3m 大型望遠鏡での観測活動開始!

長い梅雨も終わろうとしている7月28日、夕方から急速に天候が回復してきました。

自宅の望遠鏡で気流を確認してみましたが、惑星観測には不向きな気流状態。

しかし、透明度がとても良いので、自宅から車で5分のところにある天文台へ。

行ってみてビックリ! 天の川が見えているのです。

久しぶりの天の川を見ながら、天文台へ入りました。

天文Q&A.002 国際宇宙ステーションはどのくらいの高さを飛んでいますか?

Q.002

国際宇宙ステーションはどのくらいの高さを飛んでいますか?

梅雨の晴れ間に2

15日の明け方に1.3m望遠鏡で「ボアッティーニ彗星」をテスト撮影しました。

 この日の夜半過ぎは、中分散分光器のテストをやっていました。

梅雨の晴れ間に

今日12日は、開台2回目の土曜日。たくさんのお客様に囲まれながら1.3m大型望遠鏡解説です。そして、雲の飛来はあるものの、きれいな梅雨の晴れ間が広がりました。久しぶりのきれいな晴れ間を見ながら、思い切って太陽のそばの金星と水星に1.3m大型望遠鏡を向けてみることにしました。

天文Q&A.001 仙台の夏至と冬至の太陽の南中高度を教えて下さい。

Q.001
仙台の夏至と冬至の太陽の南中高度を教えて下さい。

開台初観測

7月1日、好天に恵まれた開台日!
1500人以上のお客様に新しい設備を見ていただきました。
記念すべき日に、何か良い天体を観測しておきたいと思っていました。夕食後仮眠をとり、22時頃から観測を開始。目標は、大好きな、そして観測好機となる木星に決めました。