天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

開台初観測

7月1日、好天に恵まれた開台日!
1500人以上のお客様に新しい設備を見ていただきました。
記念すべき日に、何か良い天体を観測しておきたいと思っていました。夕食後仮眠をとり、22時頃から観測を開始。目標は、大好きな、そして観測好機となる木星に決めました。
愛用の望遠鏡に約200倍かけて観測条件をチェック、表面模様がよく見えています。接眼部にウエブカメラを取り付け木星観測開始。撮り終えた画像を処理しながら作業を翌日の午前2時ころまで行いました。
画像を見てください。日が変わって2日の00時49分に観測したもので、条件も良かったので微細な表面模様をキャッチできました。中央上の太い南赤道縞が大変複雑で目立っています。そのほかにも、小さな暗斑や白斑も多く見られますし、中央下の北赤道縞も目立っています。さらに、大赤斑付近の変化に注目が集まっています。その付近の観測ができましたら、詳しくご紹介することにしましょう。
自宅から天文台まで車で5分。これから愛用の望遠鏡で観測条件を確認してから、1.3m大型望遠鏡による木星観測を行おうと計画しています。

080701ju13w80_2.jpg観測者:天文台係・小石川
使用機材:31cm反射望遠鏡 XP24mm拡大撮影
撮影地:青葉区愛子東6丁目地内