宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

望遠鏡・天体観望会のことアーカイブ

光のページェントとベガ号がコラボレーション♪

毎月第1金曜日、移動天文台で勾当台公園に出動しているベガ号

昨日(12月3日)はなんと、今年から点灯期間が早まった仙台の冬の恒例行事「SENDAI光のページェント」点灯式当日とぶつかりました!

vega1.jpg朝から土砂降りで心配されていた天気も、午後にはすっかり晴れ上がり、たくさんの人たちで賑わう勾当台公園。

vega4.jpg
あちらこちらから美味しそうな屋台の匂いも漂い、おまつりムードも満天。



どこもかしこもキラキラです☆




◀隣にはサンタさんの姿も!

 
ページェント目当てでいらしたお客さまも、初めて観るベガ号に興味津々のようで、「星が観えるの!?」「いつまでやってるの?」とお声をかけてくださいます。

vega2.jpg▲ソコカラ、ナニガ、ミエル ?

 残念ながら空には分厚い雲が鎮座し、あいにくホンモノの星は観てもらえませんでしたが、望遠鏡そのものをじっくり観ていただいたり、望遠鏡でイルミネーションのどアップをご覧いただいたり、分光シートで色々な光の性質の違いを楽しんでいただいたり、ベガ号を十分にアピールできた1日となりました。 

 vega3.jpg

 ▲分光シートを手にハイポーズ


                                                     広報/菅野

望遠鏡が泣(鳴?)いています

最近の仙台はまったく晴れません。

今日もせっかくの仙台七夕ですが、市内はあいかわらずの雨模様です。

このまま梅雨明けせずに夏が終わってしまうのでしょうか?

 

さて、天文台では、毎週土曜日の夜に「天体観望会」を開催していますが、

このような天気なのでまったく星を見ることができません。

そんな状況を嘆いてか、1.3m望遠鏡も泣いています。

「スイッチョン、スイッチョン」…まるで秋を告げる虫<ウマオイ>のようです。

やはり秋が近いのでしょうか?どこか風情すら感じられます。 

 

 

ちなみにこの音は、望遠鏡に取り付けられたCCDカメラを冷やすための冷凍機から

聞こえる音です。ですから年中鳴いています。

今日もこれから天体観望会ですが、天気はダメみたいです。

スイッチョン、スイッチョン…望遠鏡が泣いています。

                                             大江