宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

特集アーカイブ

【宇宙縁日】出展企業・飲食販売詳細

 

ennichi2017.jpg 

 

お楽しみイベント盛りだくさんの9日間!

企業出展ブースや飲食販売もありますよ♪

 

 

<出展企業>

 

アトランティスマジックショップ

●日時/4月29日(土)-5月7日(日) 9:00-17:00 ※なくなり次第終了

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/UFOの浮遊マジック実演販売(1個1000円)※マジックの観覧は無料です。

 

 

マーブルアート

●日時/4月30日(日) 10:30-16:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/ビー玉とワイヤーを使った装飾品の販売

 

 

プラネくんバルーンもらえるよ

●日時/5月3日(水・祝)-5日(金) 11:30-14:00 ※なくなり次第終了

●場所/オープンスペース

●定員/各日50名(先着順)

●内容/バルーンアートでつくったプラネ君をプレゼント!!

 

 

星と宙の工房TeruTeruZa

●日時/5月3日(水・祝)、4日(木)、6(土)、7日(日) 10:00-17:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/宇宙グッズの販売、ワークショップ(地球月球儀キーホルダークラフト作り/1回500円 他)

 

 

Kompetoh*

●日時/5月5日(金)、6日(土) 10:00-17:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/お星さまのモチーフを使った雑貨の販売、ワークショップ(お星さまのモビール作り/1回1200円、バッチ作り/1回500円 ※小学生以下は保護者同伴)

 

 

THE STUDY ROOM

●日時/5月6日(土) 11:00-17:00

●場所/加藤・小坂ホール

●内容/科学や宇宙グッズの販売、ワークショップ(「つかめる水」の実演/1回300円 ※未就学児は保護者同伴)

 

 

<飲食販売>

 

縁日に美味しい食べ物は欠かせません!お腹の満足もおまかせください!

出展日時はそれぞれ異なります。詳しくは天文台までお問合せください。

 

~出展者一覧(予定)~

SUNNY SITE COFFEE

スイーツスイート FUKUDA×Tresor

フォレ・ド・トロンソン

Bakehouse 82no28(ワニノニワ)

焼き菓子kocci by spica

Cafe2438

ポッケの森

ばんざんの森 花子とルル

パン工房 PIYOPAN

 

※出展日時は予定です。変更の場合や、売り切れ等により早めに終了の場合もございますので、あらかじめご了承ください。 

 

※価格はすべて税込です。

 

 

【宇宙縁日】ワークショップ詳細

 

ennichi2017.jpg

 

お楽しみイベント盛りだくさんの9日間!

期間中開催するさまざまなワークショップをご紹介します☆

 

 輝く星座早見(ギガスター・スカイ)を作ろう!

seizahayami.jpg

 

●日時/4月29日(土) ①10:00-、②13:00-(各回約2時間)※作業が完了した時点で退出可。

●場所/加藤・小坂ホール

●対象/小学生以上(小学校1-3年生は保護者同伴)

●定員/各回12組(一緒に作業をできるのは3名まで。それ以上は見学のみ)

●講師/特定非営利活動法人ギガスター(R)

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/1,000円(材料費)

●内容/淡く光る天の川を背景に「点」で光り輝く6等級から-1等級までの4500個の星々を再現した 「輝く星座早見(ギガスター・スカイ)」の製作を行います。5月1日の「輝く星座早見(ギガスター・スカイ)」の発売開始を記念した、全国一斉ワークショップの一環として開催いたします。

 

 

 光を分ける実験教室

 

en_hikariwakeru.jpg

 

●日時/4月29日(土)・30日(日) 10:30-(約1時間)

●場所/実験室

●対象/小学生以上(小学校1-3年生は保護者同伴)

●定員/各日20名

●講師/東北大学 樫田豪利氏

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

         ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/300円(材料費)

●内容/光はどこからくるのでしょう。炎?太陽?月?...。この世界のいろいろなものは、原子や分子などと呼ばれる"つぶ"でできています。そして、つぶはそれぞれ決まった色の光を放ちます。光とはこれらのつぶが集まったものです。今回の実験では、光を分ける道具を使って、光をいろいろな色に分けてみましょう!

 

 

 手作り望遠鏡を作ってみよう

bouenkyou_ennichi.jpg bouenkyou_ennichi02.jpg

 

●日時/5月1日(月)、3日(水・祝) 13:30-15:30

●場所/学習室(2階)

●対象/小学生(低学年は保護者同伴)

●定員/各日10名

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

          ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/1,890円(材料費)

●内容/手作り望遠鏡を作るワークショップ。望遠鏡の使い方も練習します。

 

 

 星座の音をつくろう!

oruganito.jpg

 

●日時/5月4日(木・祝)-7日(日) ①12:30-、②13:30-、③14:30-、④15:30-(各回約45分)

●場所/実験室

●対象/親子中心に幼児から大人まで(小学校低学年まで保護者同伴)

●定員/各回12名

●講師/音のれすとらん ただのなおみ

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

            ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/500円(材料費)

●内容/手まわしオルゴール、オルガニートを使った音遊び。オルガニートの音を出すカードを作成します。星座のカードに、星に見立てた穴を開けて、オリジナルの星座の音を作ります。どんな音になるのか、みんなで聞き比べてみましょう。カードはデコレーションしてお持ち帰りいただけます。

※ご自身の作品の音は録画・録音していただけます。記録されたい方は、スマホ・携帯電話などの記録媒体をご持参ください。

※参加する回によって作る星座が違います。

 

  

 アンドロメダファイト~スペースコロシアムルール~

andoromeda.jpg

 

●日時/5月7日(日) 9:00-17:00(ゲーム1回あたり約1時間)

●場所/加藤・小坂ホール

●対象/小学校3年以上

●定員/各回14-20名(全7回開催)

●講師/東北大学天文学教室のみなさん

●申込方法/9:00から会場にて受付(先着順)

●料金/無料

※カードは貸出いたします。購入希望の方は1セット500円です)

※2016年以降に配布したカードをお持ちの場合、ご持参の上、参加可能です。

●内容/天体の種類等によって強さの異なる天体カードを使った、2人対戦形式の天体トレーディングカードゲーム。

 

 

 青空に高性能紙ひこう機を飛ばそう

hikouki.jpg

 

●日時/5月7日(日) ①10:00-、②13:00-(各回約1時間半/制作60分、実験30分)

●場所/加藤・小坂ホール

●対象/小学校3年生~6年生

●定員/各回20名

●講師/ブレインサポーター 伊藤芳春氏

●申込方法/当日9:00から会場前にて予約(先着順)。名簿にお名前と参加人数をご記入ください。

          ※予約をしても、開始時間までにいらっしゃらない場合はキャンセルとなります。

●料金/無料

●内容/ケント紙とバルサ材の角棒で、世界に一つだけの紙ひこう機を作ります。数え切れない工夫を凝らし、「簡単に作れる」「よく飛ぶ」という2つの条件をクリアした名機です。自分の手で直接材料に触れながら制作し、翼の角度を調整しながら、天文台の惑星広場で飛ばしましょう。科学のプロセスを五感で体感できる工作教室です。(紙ひこう機設計/小田健二博士)

 

 ※価格は全て税込です。

 

いざ、天文学の旬なスポットへ!【vol.2ニュートリノ検出器 カムランド】

 

【特集】 

2016年2月16日、神岡鉱山跡の施設見学にいってきました。

ここには、最近の天文学を賑わせているニュートリノや重力波の観測施設が大集合しています。

まさに最新の天文学のホットなスポットなのです!

今回見学したのは、KAGRA(かぐら)、カムランド、スーパーカミオカンデの3つの施設です。

とても貴重な体験となりましたので、3回に分けてレポートをお届けします!

 

いざ、天文学の旬なスポットへ!【vol.1重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)】

 

 【特集】

2016年2月16日、神岡鉱山跡の施設見学にいってきました。

ここには、最近の天文学を賑わせているニュートリノや重力波の観測施設が大集合しています。

まさに最新の天文学のホットなスポットなのです!

 

今回見学したのは、KAGRA(かぐら)、カムランド、スーパーカミオカンデの3つの施設です。

仙台市天文台のブレインサポーターでもある

東北大学ニュートリノ研究所所長井上邦雄先生のご案内のもと、

今回台長とスタッフ数名で見学する機会をいただきました。

とても貴重な体験となりましたので、3回に分けてレポートをお届けします!

 

【特集】宇宙兄弟展レポート

 

chirashi.jpg 

201574日(土)-830日(日)、「仙台市天文台開台60周年 ミヤギテレビ開局45周年記念宇宙兄弟展 仙台会場」を開催しました。

 

仙台市天文台の開台60周年記念事業の一環として開催した今回の企画展。

 

宇宙飛行士を目指す兄弟の成長を描いた人気漫画『宇宙兄弟』の展示ということで、全国からたくさんのお客様にご来場いただきました。

 

会期中の様子をご報告いたします。

 

 

【60周年記念事業】『あなたに夢をかなえてホシい!』開催 vol.2

 

2015919()、仙台市天文台にて「あなたに夢をかなえてホシい!」を開催しました。

 

kanaetehoshii_ss.jpg 

仙台市天文台開台60周年記念事業の一つとして、仙台市内の小中学生を対象に「天文台でやってみたいこと」を募集し、実現していただく企画『あなたに夢をかなえてホシい!』 。

(募集概要→ ※募集は終了いたしております)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、夢をかなえるために天文台に訪れたのは、仙台市立南小泉中学校1年生の佐藤美翔(さとうあげは)さん。

応募の作文にはとても丁寧な文字で、美翔さんの熱い思いがしたためられていました。

 

はじまりを探す旅~羽馬有紗さんインタビュー~

 

ellen_bunner.jpg 

10月1日から展示室で、はじまりをさがす旅~『エレンの宇宙』原画展~ を開催します。

『エレンの宇宙』(技術評論社)は、宇宙の歴史をあたたかな絵とやさしい言葉でたどったものがたり。

まるで絵本のような親しみやすいイラストの数々を生み出す羽馬さんは、なんと現在オランダ在住。

大学院で学んだ天文学の知識をベースに、サイエンスライター・イラストレーターとして活躍中です。

そんな羽馬さんの声が、とおくオランダから届きましたよ!

 

【特集】宇宙兄弟展をより楽しむ方法

 

~宇宙兄弟展の楽しみかた vol.2~

 

830日(日)まで開催中の宇宙兄弟展。

展示をよりお楽しみいただける、ポイントをご紹介します!

 

***************

 

【特集】月の石・火星の石がやってきた!

 

~宇宙兄弟展の楽しみかた vol.1~

 

好評開催中の宇宙兄弟展。展示の見所をご紹介します。

 

726日(日)から、宇宙兄弟展開催を記念して、国立極地研究所からお借りした、月隕石と火星隕石を展示しています。

 

どちらの隕石も南極に落下した石で、調べた結果、月から来た石と、火星からきた石であることがわかりました。

 

月隕石は「宇宙兄弟展」の会場内に展示中です。

 

 

月球儀を目印に探してみましょう。

 

tsuki01.jpg

 

 

宇宙飛行士の模型が一緒にお出迎えしてくれます。

日々人でしょうか。六太でしょうか。

 

tsuki02.jpg 

 

 

隕石の断面図も見ることができます。

 

tsuki03.jpg

 

 

 

火星隕石は、天文台の展示室内に展示しています。

入口の足元に矢印があるので、目印に辿っていくと・・・

 

kasei01.jpg

 

 

隕石展示コーナーのケース内に展示中です。

 

kasei02.jpg

 

kasei03.jpg

 

 

どちらも830日(日)まで期間限定で展示中です!

 

☆展示の詳細はこちら

 

※月隕石のご観覧には宇宙兄弟展観覧料が、火星隕石のご観覧には展示室観覧料が必要となりますので、あらかじめご了承ください。

 

 

【特集】宇宙兄弟展はじまりました!

 

uchukyodai_banner.jpg 

201574日(土)から、「仙台市天文台開台60周年 ミヤギテレビ開局45周年記念

宇宙兄弟展 仙台会場」が始まりました。

 

オープニングセレモニーの様子をご紹介します。

 

***********

【特集】新・ユニフォームへの道 vol.3


newuni.jpg

新ユニフォームのある程度のデザインも決まり、さあこれから!というときです。

311日、東日本大震災が起きました。

被災地である天文台はもちろん、今回ユニフォームの縫製をお願いする工場が陸前高田にあり、甚大な被害を受けてしまったそうです。

ELNEST CREATIVE ACTIVTYさんは新たに依頼する縫製工場を探さなくてはいけなくなり、天文台も1ケ月の臨時休館を余儀なくされ、新・ユニフォームの話はそこでストップしてしまいました。

・・・それから何カ月が過ぎたでしょう。徐々に生活環境が復旧し、お客様の顔にも笑顔が戻りつつあったある日、ELNESTさんから久々に連絡がありました。新・ユニフォーム話の再開です!

基本となるデザインから少し進んで、生地の種類や色の決定、スタッフそれぞれのサイズの希望などを集めて、再度ELNESTさんの代表・宮田さんと具体的な打ち合わせをするまでに至りました。

その時の様子がこちらです。

saisun.jpg                                 ▲採寸中の宮田さん


kakou.jpg

            ▲その場で色やデザインをパソコンで加工し、色々ご提案くださる宮田さん



kigokochi.jpg                  ▲スタッフ立花が色々な動きをして着心地を確認しています




また今回、「
盛岡市子ども科学館」のスタッフユニフォームも色違いで作っていただくことになりました!こちらもぜひ注目していただきたいです。


・・・さあそして、ついに新・ユニフォームの納品日が決定いたしました!!

 


11
月××日です!!


エックスデーまで、なんとあと
1ケ月ほどです。


どうぞご期待ください!!

【特集】新・ユニフォームへの道 vol.2


newuni.jpg

ARATAさんの斬新なアイデアを、やや興奮気味に持ち帰ったスタッフでしたが、いざ現場のスタッフ達にその案を伝えてみると、ありとあらゆる疑問、難問が生じてきました。

仙台市天文台で働くスタッフは文字通り老若男女。それぞれの世代の考え方も違えば、体型だってバラバラです。なかなかすんなりと受け入れてはもらえません。

これではらちがあかないと、やはりARATAさんにもぜひ実際に天文台を見てもらって、現場の生の声を聞いてもらって、そしてスタッフにもARATAさんに会ってもらうことになりました。

そして当日、スタッフの松下が代表してモデルとなり、ELNEST CREATIVE ACTIVTYさんの商品を色々試着させていただきました。ARATAさんがかぶっていらした帽子もお貸しくださりコーディネイト。松下役得です。

matsushita.jpg

▲着せ替え人形状態の松下。

その時のARATAさんとスタッフさんのブログがこちらです。

http://elnest.sblo.jp/archives/20110128-1.html (ARATAさん)

http://elnest.sblo.jp/archives/20110118-1.html (スタッフさん)

夜には小さな懇親会を開催し、ARATAさんの「モノづくり」にかける熱い思いや、役者としての、役づくりへの情熱などをお伺いし、その真摯なお姿に、天文台スタッフはまたまた魅了されるところとなったのでした。

その後、あらために何パターンかのデザインをお送りいただき、こちらの意思も決定し、夏に発表できるよう粛々と進む予定だったのですが…。

つづく

【特集】新・ユニフォームへの道 vol.1


newuni.jpg

ARATAさんと最初の顔合わせは、2010年7月22日、猛暑の東京でした。

その日、仙台市天文台のスタッフは新しいコラボシューズのデザインコンテストの審査をするために、KEEN Japan本社に出向いており、そこで、ARATAさんと引き合わせて頂きました。

ARATAさんがデザイナーを務めるブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVTY」さんは、江戸東京博物館で開催された「隅田川展」の物販コーナーを担当するなど、もともと博物館とのコラボレーションに積極的で、ARATAさんも以前よりミュージアムのユニフォームデザインに興味を持たれていたということでした。

挨拶も早々に、ARATAさんはその時点で持たれていたデザインのアイデアを、立ったまま身振りもつけながら、とても熱く語ってくださいました。

仙台市天文台にいらしたことはないはずなのに、コンセプトもしっかりしていて、働くスタッフのこと、来館されるお客様のことをよく考えてくださったご提案に、その場にいた天文台スタッフも感激しきり。ある意味目から鱗の斬新なアイデアだったのですが、ARATAさんご自身のオーラや独特の口調も相まって、すっかり未来のユニフォームの虜になって、東京を後にしました。

つづく

【予告】新・ユニフォームへの道【新企画】

今秋、仙台市天文台スタッフのユニフォームが変わります!! 

この新・ユニフォームは、ファッションブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVTY」さんとのコラボレーションで、デザイナーは、モデル・俳優として大活躍中のARATA(アラタ)さんです。

皆様へのお披露目にむけて、新・ユニフォームへの道のりを連載でご紹介したいと思います。

どうぞお楽しみに。

 ARATAsan.jpg

▲10月スタート、フジテレビの連続ドラマにも出演が決定しているARATAさん☆
 公式サイトはこちら→テンカラット


4月17日(土)は 『まるごと地球の日』

 [イベント紹介] 

今年、2010年4月22日に40周年を迎えるアースデイ。

1970年に米国で始まり、地球環境に目を向ける機会として各地で様々な取り組みがなされてきました。

今年も日本各地でアースデイイベントが予定されています。

  全国イベント情報はこちら → http://fes.earthday.jp/

 

hiroba2.jpg 

仙台市天文台でも 地球のことを考える1日 「アースデイ☆仙台市天文台」を開催。

 

 

 

私たちの地球を知るということは宇宙を知る第一歩。

「地球の今」を知ることができる講演会も開催します。

 

 

  講演会の情報はこちら → http://www.sendai-astro.jp/join/kouza.html
 

 

 歌やイラストをとおして、私たちの「地球」についてメッセージをおくる在仙アーティストの「A2C」さんと繭さん。

2sendai.jpg

お二人とは、キャンドルナイトでも天文台とつながっています。

  前回の100万人のキャンドルナイトin仙台市天文台

    → http://www.sendai-astro.jp/square/blog/2009/12/post-43.html

 

天文台で 「私たちのほし、地球」について 一緒に考えてみませんか。

企画交流/佐々木 

【特集】 ミュージックプログラムとは?


musictitle.jpg
今回は、毎週土曜日18:00~お届けしているプラネタリウム「ミュージックプログラム」についてご紹介します。

【特集】トワイライトサロンってなんだ!?

 title5.jpg

今回は、毎週土曜日に開催されている「トワイライトサロン」についてご紹介します。

【特集】よし、プラネタリウムを攻略しよう~後編~

title4.jpg前回お届けした特集で、プラネタリウムのプログラム内容はおわかりいただけましたね?

さて、今回はいよいよ実践編です。実際に天文台に到着してからの、効率の良いまわり方をお伝えします。

2009年は世界天文年です!!

 

LogoA_land_150dpi.png

ガリレオ・ガリレイが望遠鏡を初めて夜空に向けてから400年。この記念すべき年を、国際連合、ユネスコ、国際天文連合が「世界天文年」と定めました。スローガンは「宇宙...解き明かすのはあなた」。世界中の人々が夜空を見上げ、宇宙の中の地球や人間の存在に思いをはせ、自分なりの発見をしてもらうことが目的です。

天文台でも一年を通して楽しい企画を計画中です。今後、随時イベント情報やイベントレポートなどをここでupしていきますので、どうぞご期待ください。

世界天文年のウェブサイトはこちら→http://www.astronomy2009.jp/

【特集】よし、プラネタリウムを攻略しよう~前編~

  plane4.jpg現在天文台で投映しているプラネタリウムは全部で4種類あるってご存知でしたか?意外と知られていないようですが、時間や曜日によって内容が違うんですよ!

【特集】そうだ、土曜の夜は天文台に行こう

  DSC_0775.JPG 新しい天文台のおすすめは、なんといっても毎週土曜日に開館時間を21:30まで延長し開催している「サタ☆スタ」です!「サタデースターフェスタ」を略したこの名の通り、"土曜の夜の星祭り"をテーマに、毎週皆様にお楽しみいただけるイベントをご用意しています。大人がゆっくり楽しめる夜の天文台。余すことなく楽しむためのポイントをご紹介します。