宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

その他アーカイブ

仙台市天文台新ユニフォーム紹介

 

5月から新しくなった仙台市天文台の新ユニフォームの特徴をご紹介します!

※お披露目会の様子はこちら→

 

新しいユニフォームのコンセプトは「飽くなき探究」です。

 

<ベースデザイン>

 "研究"というコンセプトに合わせて白衣の形をしています。

人を救う現場や物事を探究・研究する現場から生まれた白衣は、壮大な宇宙への飽くなき探究心を持った現場である仙台市天文台には相応しいのではないかという、プロデューサーさんの想いから、このデザインが採用されました。

yunirepo01.jpg

 

【祝】NHK投稿映像大賞地域賞 受賞!

 

2017年3月24日(金)、仙台市天文台が投稿した映像が、第2回 NHK投稿映像大賞の東北ブロック 地域賞を受賞しました!

 

受賞した映像は、2016年10月31日に仙台市天文台のお天気カメラが撮影した"火球"の映像です。北東から北西へ地面と平行に移動する火球の様子が確認できます。

 

 ☆動画はこちら→火球情報

 

この日、東日本各地で同じような光が多数目撃されたこともあり、その正体を説明するものとして、投稿したニュース番組で紹介していただきました。

 

受賞の様子をご紹介します。

 

実際に映像を撮影したお天気カメラの前で、賞状とたてを頂戴しました。

後ろにはひとみ望遠鏡も映っています。

 

IMG_11792.jpg 

IMG_11892.jpg 

IMG_11962.jpg 

喜びいっぱいのスタッフ。

これからも、さまざまな天文現象動画をご紹介していきます!

 

 

【60周年記念】館内装飾の模様替え

 

2015年2月1日に60歳の誕生日を迎えた仙台市天文台。

今年は60周年の記念の年ということで、館内装飾も60周年仕様となっています。

天文台まつり前に変わったのですが、みなさまお気づきでしょうか。

 

P10300242.jpg

 

来館すると一番初めに目に飛び込んでくるこの「吊りバナー」。

スタッフが閉館後に付け替えました。

どのようにして付け替えたかというと・・・

 

①まずは、これまでのものを外します。

 

IMG_55342.jpg ←高所作業車に乗って慎重に、慎重に・・・。

 

 

②下で待ち構えていたスタッフが金具を取り外し、新しいバナーに付け替えます。

 

IMG_55402.jpg IMG_55412.jpg

IMG_55422.jpg IMG_55432.jpg

↑新しいバナーは閉館後の暗闇の中スポットに照らされてスタンバイ。

 

 

③新しいバナーを再び吊り下げます。

 

IMG_55472.jpg IMG_55492.jpg

高所作業車に乗って、再び慎重に、慎重に・・・。

安全のためにヘルメット着用も忘れずに!

 

 

④完成

 

P10300232.jpg

 

 

館内が華やかになりました。

今年一年、この装いでみなさまをお待ちしております!

 

 

うちゅうじん捕獲!?

 

8月某日、仙台市青葉区錦ケ丘にある仙台市天文台で「うちゅうじん」が捕獲されました─。

 

ニュース記事のような書き出しで今回ご紹介するのは、「うちゅうじん」です。

といっても、エイリアンの「宇宙人」ではなく、宇宙のチリ(塵)と書いて「宇宙塵」。

 

みなさんは「宇宙塵」とはどんなものかご存知ですか?

 

宇宙空間には塵が無数に浮かんでいます。この小さな塵は、やがて集合して石や岩になると考えられています。また、たとえ小さな塵でも、地球と出会うとその引力にひかれて大気圏に突入してきます。

 

マイクロメートルというとどれくらいの大きさかわかりにくいですが、1マイクロメートルは0.001ミリメートルというと想像がつくでしょうか。

 

大気圏に入った大きな塵は、摩擦熱によって発光し、流れ星(流星)となります。その一部は、うんと小さく溶けた粒になり、表面張力で完全な球体で冷えて固まります。そうして地上に落ちてきて、捉えたものを「宇宙塵」とか「流星塵」と呼ぶのです。

 

流星塵の発見は意外と古く、1950年に発表された論文によると、1821年スペインで雹(ひょう)を溶かした水から流星塵が発見されています。1946年には、アメリカでスライドガラスを使い、空中から採取する方法で見つかるなど、多数の発見例があります。

 

形の特長はとにかく真ん丸なこと。大きさは数十マイクロメートルという非常に小さいものですが、顕微鏡で観察すると、その形は一目瞭然です。

 

いつでも空気中を落下してきますが、特に流星の多い夏に増えるという傾向があるようです。

 

今回は、夏休みということで、天文台スタッフが顕微鏡とプレパラートを使い、流星塵採取に挑戦しました。

 

採取方法はそんなに難しくありません。用意するものは、プレパラート(ガラス板)、ワセリン(グリセリン)、顕微鏡の3つ。

 

①まずプレパラートの2/3くらいの範囲にワセリンを薄く塗ります。

 

 uchujin01.jpg

 

②次に、ワセリンを塗ったプレパラートを屋外に一日(24時間)ほど置いておきます。

置く場所は、危険でない場所で、風が強く吹く所でなければどこでも大丈夫です。あまり低い場所もよくないようで、スタッフは天文台外の自動販売機の上に設置していました。

 

③次の日になったら、回収して顕微鏡で丹念に探していきます。

 

 uchujin02.jpg

↑根気よく探すことが大事です。

 

顕微鏡を覗いてみると、飛んできたゴミや花粉なども付着しているので、間違えないように、倍率100倍あたりで真っ黒な真ん丸いものを探しましょう。

候補が見つかったら400倍ぐらいに拡大して、さらに真ん丸いかどうかを良く見ます。最後に、流星塵の多くは鉄球の場合が多いので、それらしきものが見つかったら横から光を当ててみます。キラッと光ったら流星塵です。

 

スタッフが見つけた流星塵です。綺麗な円の形をしています。大きさは大体70マイクロメートルくらいです。

 

Meteo02.jpg

採取方法はさほど難しくありませんので、ぜひみなさんも夏休みの自由研究に宇宙塵を探してみてはいかがでしょう。

宇宙を旅したアサガオのひ孫

【イベントレポート】

宇宙アサガオは2010年のスペースシャトルフライトで山崎直子さんとともに旅した200粒の種が元になっています。

 ↓JAXA宇宙アサガオの情報はコチラ

 http://edu.jaxa.jp/seeds/

 

そのうち4粒が日本宇宙少年団の福島分団へ寄贈され、2011年に栽培し、3000粒ほどが収穫されました。この種は福島県の教育委員会や、学校に配られました。

その種の一部をいただきましたので 今年天文台でも育ててみました。

 rps20131203_104839.jpg      P2013_0907_092550.JPG   P2013_0903_104906.JPG

発芽したのはひ孫の代(4代目)

育てた環境も 他のアサガオと一緒に育てていません。

今回取れた種は5代目になります。

アサガオの発芽適温は約25℃前後と高温を好むので その頃に また 次の代を育ててみたいと思っています。

 

【報告】2013伝統的七夕ライトダウン大実験レポート

2013年8月13日(火)の伝統的七夕の日に、青葉区錦ケ丘地区にて実施したライトダウン実験の結果についてご報告します。

星景写真コンテスト審査結果発表

seikeititle.jpg

 

仙台市天文台では今年の3月から約3ヶ月間、「宮城の空」をテーマに、皆さんが撮影した星景写真を募集しました。入賞作品は夏休み期間、夏の企画展「うつす」の中で展示し、さらに今回、その中から各賞が決定したのでお知らせいたします。

 

******************************************************************

■台長賞&来館者賞 「仙台平野の夜景と夏の天の川」 藤井修一さん
A1.jpg

■月刊天文ガイド賞 「平和の祈り」 佐藤善治さん
A2.jpg

■エプソン販売株式会社賞 「宇宙(ソラ)へ」 川﨑淳一さん
A3.jpg

■株式会社ケンコー・トキナー賞 「月照の山頂神社と冬の星たち」 足利裕紀さん
A4.jpg

■株式会社高橋製作所賞 「月下の街」 日下航さん
A5.jpg

■株式会社ビクセン賞 「セブンビーチの夜明け」 櫻井智雄さんA6.jpg

******************************************************************

皆様、おめでとうございます!

【報告】8.24 伝統的七夕ライトダウン大実験レポート

2012年8月24日の伝統的七夕の日に、青葉区錦ケ丘地区にて実施したライトダウン実験の結果についてご報告します。

皆様をお迎えする準備がととのいました!


震災から約1ケ月間臨時休館していた天文台も、ついに明日再開することになりました。

スタッフ一同この日を楽しみに準備してまいりましたので、ぜひたくさんのお客様にお越しいただきたいと思っております。

プラネタリウムは新番組が目白押し! 14:00~「りま~じゅ」のクラシックコンサートも予定通り行われる予定です。(無料)

416.jpg

ソラリストも春号に衣替えして皆様をお待ちしております♪ 

415.jpg

三日月!? いえいえ金星です


IMGP1739.jpg

1.3m大型望遠鏡で見た今日の金星です。(午前11:55)

気流の具合も丁度よく雲のない青空には、こんな細い金星が輝いていました。

私の簡単コンパクトデジカメでも、望遠鏡の接眼部にレンズを近づけたら綺麗に撮影できましたよ☆

ケータイカメラでもOKだそうです!

今の時季、「望遠鏡案内」でも、条件が良ければこのような昼間の金星をご覧頂いております。

時間は早めがオススメです(土日・祝日の11:00-や12:30-)。

ちゃんとした画像は「天文観測」のページでご確認くださいね。
                      
                                                   広報/菅野

中庭に素敵なデッキチェアが登場しました☆

※下記デッキチェアは冬季お休みします。3月下旬にまた再開する予定ですので、それまで館内のカフェをご利用くださいませ。(11月14日追記)

ご覧ください! 

プラネットカフェの向こう、「花と緑の天の川」に、とっても素敵なデッキチェアがお目見えしました。

chair.jpg

これは、オーナーサポーターである、「Uクリニック五十嵐歯科」様、「五十嵐小児科」様、「株式会社山口製材所 ウッドハウス」様からご寄贈いただいたデッキチェアです。

表からみるとこんな感じ。

chair2.jpg

晴れた日には、ぜひここでお弁当や飲み物などを広げて、くつろいでみませんか?

himoro.jpg

                                           「座り心地も抜群です!」byスタッフH

江戸時代の仙台藩と世界の天文学を語る


仙台市天文台は、2009年に立ち上がった仙台・宮城ミュージアム・アライアンス(SMMA)に参加しています。詳しくはこちら。→「見験楽学 SMMAとは

SMMA行事として、昨年11月22日に、博物館と天文台によるクロストーク・セッション「天文学の今と昔」が開催されました。

支倉常長が月の浦を出帆した日の夜が月食だったこと、日本で最初の反射式望遠鏡を作ったのは鉄砲の鍛冶職人だったことなど、江戸時代にまつわるエピソードを交えながら、天文の過去と現在について紹介しました。

このたび見験楽学ページにおいて、このイベントのレポ-トがアップされましたので、ぜひご覧ください。知的好奇心を刺激されるとても面白い内容で、貴重な画像もたくさん掲載されています。→「クロストーク第2回 天文学の今と昔

                                                     広報/菅野

イブの日のプレゼント


今週はいよいよクリスマスの週。
天文台では,昨日までミュージックプログラムにおいて「STARRY Xmas」をお楽しみいただいておりました。
また,観覧されたお客様には,30名限定で素敵なプレゼントがイブの日に届くことになっています。
このプレゼントについては,キラキラ探検隊ブログに譲ることにして,今回は違うプレゼントの話です。
 
こちらのプレゼントは,限定のプレゼントではなく,イブの日の17時まで天文台にいらした方全員へのプレゼントです。
内容は...
ご来館いただいてからのお楽しみ ということで
ヒントは...

eve.jpg

写真の場所で16:45から,皆様にプレゼント開始です。
クリスマス気分に浸った後,帰宅できること間違い無しです。
 
皆様のご来館をお待ちしております。
 
                                                                                                                   小野寺
 

ガリレオもビックリ!? なスイーツ登場

 

afo.jpg

宇宙が身近になるスイーツが登場しました!その名も「アフォガード~ガリレオの望遠鏡~」。

世界天文年にちなんで、天文台近くのカフェレストラン「ラ・ヴェランダ」さんとコラボレーションしました。

真ん中の細長いラングドシャが、まるでガリレオがのぞいていた望遠鏡のよう。

キャラメル風味アイスとバニラアイスに温かいエスプレッソをかけて食べる、おしゃれで美味しいスイ~ツです♪

ソラリストにはお得なクーポンもついてます。ぜひ、ガリレオ気分? でお試しを☆

                                                              広報/菅野

オープン・スペースってどう書くの?

「OPEN SPACE」
 
「OPEN」は,「開く」や「公」という意味。
「SPACE」は,「宇宙」や「空間」という意味。
 
ということは,「開いた宇宙」とか「公の空間」という意味。
併せると「開いた公の宇宙・空間」
 
そう,仙台市天文台は,ご来館いただける皆さんに「宇宙を感じられる空間」を提供したいと思っているのです。
 
それを具現化しているのが,サタ☆スタ
これまでに,スタッフサポーターの天文屋台や100万人のキャンドルナイト等々,持ち込みの企画や自主的参加で,土曜の夜を盛り上げていただいております。
 
そして明日も,また新しい試みが...
題して「トワイライトミュージック!(仮称...)」
 
明日5日は,金石忠夫さんのトランペットの演奏で,星や宇宙にに関した曲をお聞きいただきます。
場所は,オープン・スペース。費用は無料。
 
昨日のリハーサルでは,オープンスペースに鳴り響くトランペットの音色が,非常に感動的でした。
みなさまのお越しをお待ちしております。
 
satasta.jpg                                                                                                                               小野寺

ラップグループ"ガグル"が...!?


DSC_0251.jpg
 仙台を拠点に活動し、国内外からも高い評価を得ているラップグループ"ガグル"がプロモーションビデオ撮影のため天文台にいらっしゃいました!!

 メンバー全員仙台在住で、プライぺートでも天文台にはよく来てくださっているとのこと。

 なぜ今回天文台を撮影場所に選ばれたのか、また天文台に対しての熱い気持ちなど、ガグルの素顔に迫るインタビューは近日このコーナーでお届けします。お楽しみに☆

 

DSC_0095.jpg

                                          撮影/DJ MITSU THE BEATS

7月1日オープンしました!!

本日ついに、仙台市天文台がリニューアルオープンしました!!

特別無料開放ということで、多くのお客様にご来場いただき、ご覧のとおりの大盛況。

お客様の笑顔やお言葉ひとつひとつに励まされ、スタッフ一同感激しています。

皆様本当にありがとうございました。

明日からは9時~17時開館の通常営業です。

有料になりますが、ぜひぜひいらしてくださいね!!

shiki.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 ▲開館記念式典の様子

 

ent.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 ▲13:30~一般開放スタート!!

 

tenji.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 ▲展示室での一コマ

 

pra.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

▲プラネタリウムも楽しんでいただきました♪