宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

1日子ども台長アーカイブ

子ども台長大活躍!

 

【イベントレポート】

 

2016kodomo01.jpg 

2016年4月24日(日)、仙台市天文台にて科学技術週間イベント「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか?」を開催しました。

 

 

科学技術週間は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として昭和35年2月に制定されました。

この期間、全国の科学館・博物館などで、各種科学技術に関するイベントを実施しています。

 

そのイベントの一環として,普段見学しているお気に入りの科学館・博物館の館長になれる「1日館長」というものがあります。

仙台市天文台でも2010年から「1日台長」イベントを開催しています。

 

 

 

 

 

2016年・6代目の子ども台長は、たくさんの応募の中から、仙台市立上愛子小学校4年生の相澤成心(あいざわなるみ)さんに決定!

 

はたして無事に任務終了できるでしょうか!?

成心台長の一日に密着しました◎

 

がんばれ!子ども台長

 

【イベントレポート】

 

15kodomo29.jpg

 

2015419日(日)、仙台市天文台にて科学技術週間イベント「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか?」が開催されました。

 

 

科学技術週間は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として昭和352月に制定されました。この期間、全国の博物館・科学館などで、各種科学技術に関するイベントを実施しています。

 

 

仙台市天文台では、この一環として「1日館長」イベントを開催いたします。普段見学しているお気に入りの科学館・博物館の館長になれる特別なイベントです。

 

今回は、抽選で選ばれた宮城教育大学附属小学校4年生の菅原暉(すがわらひかる)くんが1日台長にチャレンジ!はたして、無事に任務を終了できるでしょうか!?

 

「子ども台長」の長い一日

【イベントレポート】


2014年4月20日(日)、「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか?」が開催されました。


このイベントは科学技術週間におけるイベントの一つで、全国の科学・博物館などで実施されています。1日限りの「館長」に任命され、普段は見学しているお気に入りの科学館・博物館などの館長になれる特別なイベントです。仙台市天文台は"館"ではなく"台"なので「1日台長」となります。



kodomo01.jpg

 今年は抽選で選ばれた、仙台市立長町南小学校4年生の鹿野修太郎くんが、1日台長として天文台のお仕事に挑戦しました。


修太郎くんは、"地球や太陽について天文台に来ている人たちに伝えてみたい"という想いを持って1日台長に応募してくれました。



果たして、どれくらい伝えることができたのでしょう。



修太郎台長の長い1日に密着しました!










kodomo02.jpg

←やや緊張気味の修太郎くん。

kodomo03.jpg












→天文台スタッフのシンボル赤いツナギに着替えて準備万端!




まずは、土佐台長へご挨拶。通常一般の人は入れない台長のお部屋で初顔合わせです。


kodomo05.jpg


背筋をピンと伸ばして大きな声でハキハキと自己紹介する修太郎くん。

しっかりしたご挨拶がとても頼もしい!










kodomo06.jpg kodomo07.jpg















初めての名刺交換とは思えないほど様になっています。

実は、天文台の名刺にはある秘密が...。土佐台長がその秘密をおしえています。

不思議な名刺に妹のまなえちゃんも興味津々です。



 kodomo08.jpg


←台長のイスに座って台長気分を満喫。 










土佐台長に一番興味のある太陽について想いを伝えると、「太陽は地球の109倍くらいの大きさなんだよ」と詳しく教えてくれました。

宇宙への関心の高さに、土佐台長も安心してお仕事を任せられるとご満悦です。



さぁ、修太郎台長、天文情報をしっかり頭に入れて、いよいよ1日台長のお仕事開始です!



最初のお仕事はプラネタリウムの解説。

プラネタリウムを操作するコンソールに入って、投映の事前確認を行います。



kodomo14.jpg



←段取りを入念に確認する修太郎台長。

本番は大勢のお客さまの前でご挨拶とあり、緊張も高まります。









準備ができたら、お客様をお出迎えします。


kodomo09.jpg




←緊張でやや表情の固いご様子。

 台長!リラックス!! 




kodomo10.jpg














緊張しながらも元気に挨拶。

なんとここで、土佐台長に教えてもらった

太陽の大きさの話をお客様に披露する修太郎台長。

打ち合わせにないアドリブにスタッフも驚きです。



投映の途中では、事前に調べてきた「木星」の解説もしました。

"地球や太陽について天文台に来ている人たちに伝えてみたい"という想いをここで実現することができました。



プラネタリウムでのお仕事の後は、昼食休憩です。土佐台長と一緒に宇宙について語らいながらお昼ご飯を食べます。

土佐台長はがんばる子ども台長へと、この日のためにお揃いのアトムのマグカップを用意してくれていました。


kodomo23.jpg




 ←お揃いのマグカップ。土佐台長、ナイスです!








お腹いっぱいになったところで、さぁ昼寝でも...といきたいところですが、台長のお仕事はまだまだ続きます。

朝、サッカーの練習をしてから天文台にやって来たという修太郎台長ですが、そんな疲れは全く見せず、午後も張り切って展示室に向かいます。



kodomo12.jpg

←次の展示解説のお仕事に向けて打合せ中の修太郎台長。

ここでも、熱心に質問して、新たな知識をどんどん吸収していきます。








展示解説のお仕事では、地球公転カレンダー・惑星模型・大宇宙エリアでそれぞれ展示物の特徴や、星座の見つけ方の説明など、スタッフ顔負けの解説を披露していました。



kodomo13.jpg

→お客様の前で堂々と解説をしています。

どうやら緊張も解けてきたようです。









特に「大宇宙の姿」の展示では、「太陽の大きさにも驚いたが、宇宙の大きさはこんなにも広いんだと印象的で、オススメしてみました」と語ってくれました。



さて、展示解説の後は、いよいよ最後のお仕事。「ひとみ望遠鏡案内」です。

この日はあいにくの曇り空で、星を見ることはできませんでしたが、お客様に気分だけでも味わってもらおうと、実際にひとみ望遠鏡を操作してみました。


kodomo16.jpg

















←修太郎台長の操作でひとみ望遠鏡オープン!








kodomo17.jpg

お客様の身長に合わせて高さを調節→













kodomo26.jpg



修太郎台長も実際に覗いてみます。

真っ白なレンズの中にも宇宙を感じることができたようです。

次回はぜひ、晴れている日に実際に星の姿を見てもらいたいです。












kodomo24.jpg




←木星についてオリジナルのクイズを出します。

土佐台長との会話から得た知識をここでも役立てています。 



アドリブでクイズまで作ってしまうなんて、修太郎台長すごすぎます!




kodomo21.jpg




お仕事の最後には、サポーターボードに星を貼って、任務終了です。










長い一日でしたが、始終元気にお仕事に取り組んでいた修太郎くん。

その学習能力の高さに、スタッフ一同いい意味で驚きの連続でした。

この経験をきっかけに、ますます宇宙を好きになってもらえたらなによりです。


修太郎台長、本当にお疲れ様でした。


次はみなさんも、「1日子ども台長」になってみませんか?


「1日子ども台長」の1日

2013年4月21日(日)、科学技術週間イベント「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか?」が開催されました。

今回は応募総数71人の中から抽選で選ばれた、仙台市立大野田小学校2年生の村上温(はる)くんが、土佐誠台長とともに「1日子ども台長」として、天文台のお仕事に挑戦しました。

04218.jpg意気込みもじゅうぶん!募集ポスターのイラストとなんだかとっても似ています(笑)

温くんは「天文台でやってみたいこと」として、"ふつうの人が入れないところに入ってみたいな"、"宇宙食のししょくをしてみたいな"、"大きいぼうえんきょうをのぞいてみたいな"と、たくさん書いて応募してくれました。

さて、この中からいくつ実現するでしょうか?

04211.jpgまずは台長室で任命式。生まれてはじめての名刺交換です。

なんとテレビの取材も入って、ちょっと緊張気味の温台長。

次にプラネタリウムでお客様の前でご挨拶です「惑星の中では木星が好きです!」。元気に発表できました。

04215.jpg



04216.jpg投映終了後には、お客様に「バイバーイ」と手を振る余裕も生まれてきたご様子。

04217.jpgここでNHK仙台放送局さんからのインタビュー依頼があり、満面の笑みで受け答える温台長・・・大物です!

04219.jpgその後展示室にてスタッフと一緒に展示解説にチャレンジ。

          休むまもなく「ひとみ望遠鏡案内」へ。

042110.jpg


                             




実はこの日は残念ながらあいにくのお天気。

"大きいぼうえんきょうをのぞいてみたいな"という温台長の希望は叶いましたが、星は見られませんでした。

今度はぜひ土曜日夜の「天体観望会」に来て"ホンモノの星"を観察していただきたいです。

042111.jpg





←他のお客様の背に合わせ、高さを調節してくれる温台長。気が利きます!

042112.jpg




「望遠鏡案内」終了後は、温台長の"ふつうの人が入れないところに入ってみたいな"、というご希望通り「制御室」というお部屋に入り、パソコン操作で望遠鏡を立ち下げました。なかなか堂に入っています。

042113.jpg最後は「村上温」と書かれた2等星をサポーターボードの星座絵に貼って任務終了!ホンモノの台長との2ショットです。長い1日、お疲れ様でした。

そして、次は、あなたも「1日子ども台長」になってみませんか!?

次は、あなたも「1日子ども台長」に!?

 【イベントレポート】 

科学技術週間は4月18日の「発明の日」を含む1週間。

 

仙台市天文台では、「一家に1枚ポスター展」と「講演会」、そして「1日子ども台長」のイベントを開催しました。

 

2012_058.jpg

   科学技術週間についてはこちら ↓

   http://stw.mext.go.jp/

 

 今年の子ども台長は、応募総数94組の中から抽選された、市内小学校2年生 橋野優樹さん。

2012_002.jpg

 

 

 

まずは、子ども台長の任命を受け、お仕事開始です。 

 2012_007.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初のお仕事は、プラネタリウム「こどもの時間」の お客様をお迎えし、クイズの練習問題を出題。

投映の最後には、5月21日の日食について、プラネタリウムのお姉さんと一緒に紹介しました。

 

2012_017.jpg 

 

 

 

 

 

 

次は、 一息つく間もなく、ひとみ望遠鏡でのお仕事です。

 

2012_031.jpg

ここでは、ドームや望遠鏡を動かす操作を体験。

ドームが開いたり、望遠鏡が動いたりする姿に、興味津々のご様子。

晴れていれば、金星がお月様のように欠けている姿が見られたのですが、あいにくの曇り空。

2012_028.jpg

 

特別なお部屋でも、望遠鏡を操作してみました。

2012_042.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、望遠鏡のお仕事を終え、昼食で一休みです。

台長室は、星や宇宙の素敵な本やおもちゃがたくさん。

特に気に入ったのは、スフィアというおもちゃ。

AAAAC8lUUPwAAAAAAIjxGg.png

 

 

 

 

 

その後、展示室ではスタッフとともに「太陽はどこ?」というテーマでお客様と交流し、お仕事終了。

 

2012_047.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、「子ども台長」の記念に、みずへび座の星をつけました。

 

2012_055.jpg

 

 

今日のお仕事で一番楽しかったのは、「望遠鏡をうごかして、白い雲をみたこと!」だったそうです。

土曜日の夜、晴れたらぜひサタ☆スタでホンモノの星をご覧いただきたい。。。です!

 

橋野台長、また天文台にどうぞお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

そして、次は、あなたも「1日子ども台長」になってみませんか!?

 

 

子ども台長の一日

[科学技術週間イベントレポート]

 

 

「きみもわたしも一日子ども台長」は科学技術週間にちなんだイベント。

 

今回41組の応募から抽選で選ばれたのが、仙台市内小学校3年生の川村くんです。

"9歳になって初めての仕事を天文台でしてみたい"と応募してくれました。

 

まずは、台長室にて「一日子ども台長」の任命式。

dai11.jpg

 

支度が整ったところで、土佐台長とともに、お仕事開始です。 

 

dai12.jpg

 

 最初の仕事は、名刺交換。

 

 

 

 

 

 

続いて、展示室にて、宇宙の不思議を体感。

dai14.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

触っている「隕石」は子ども台長と同じくらいの重さです。

dai13.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は望遠鏡を操作して、ドームを開けたり、昼間見えている星を探したりと大活躍。

 

dai5.jpgdai6.jpg

 

dai10.jpg

 

dai20.jpg

 お昼休みは、地球ゴマに熱中。

 dai7.jpgP1040299.jpg 

午後のお仕事は、台長とともにプラネタリウムの解説に挑戦!

 

dai8.jpg

 

迫力ある「星々をめぐる旅」に目がまわってしまったそうです。 

 

もちろん、準備の時間ではスタッフとともにプラネタリウムの機械も動かしちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、「子ども台長の☆」を88個ある星座の星たちの中から選びました。

dai9.jpg

 

 

子ども台長が選んだのは、りゅう座のしっぽのλ(ラムダ)星。

ペルシャ語でギアンサル(双子)という名前がつけられています。

「竜の頭としっぽ」という意味もあるそうです。

実はこの星、すぐとなりにもうひとつ星がなかよく並んでいる、肉眼二重星。

北極星の近くのりゅう座のしっぽの二重星。

視力に自信がある人は、見えるか挑戦してみては!!

 

 

科学技術週間は、4月18日の「発明の日」を含む1週間。

来年は、どんな「子ども台長」が天文台で活躍してくれるのでしょうか。

 

企画・交流/佐々木