宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

60周年記念事業アーカイブ

【60周年記念事業】『あなたに夢をかなえてホシい!』開催 vol.3

 

20151018()、仙台市天文台にて「あなたに夢をかなえてホシい!」を開催しました。

 

kanaetehoshii_ss.jpg 

 

仙台市天文台開台60周年記念事業の一つとして、仙台市内の小中学生を対象に「天文台でやってみたいこと」を募集し、実現していただく企画『あなたに夢をかなえてホシい!』 。

(募集概要→ ※募集は終了いたしております)

 

 

  

 

 

  

 

 

今回、夢をかなえるために天文台に訪れたのは、宮城県仙台二華中学校1年生の井崎英乃(いざきあやの)さんと、仙台白百合学園小学校6年生の井崎英里(いざきえり)さん。

 

二人は姉妹で、応募作文を送ってくれたのは、妹の英里さんでした。

 

夢の内容は、「南天の星座をプラネタリウムで見たい!」というもの。秋になるとツバメが南へ旅立つことから、ツバメ達が道中見るだろう星空、ツバメを見守る星座たちを、見てみたいと思ったのだそうです。

 

また、できればその投映をお姉さんと一緒にお手伝いしたい。そんな思いも応募作文にしたためられていました。

 

それでは早速、お二人が夢を叶える様子をご紹介いたしましょう。

 

【60周年記念事業】『あなたに夢をかなえてホシい!』開催 vol.2

 

2015919()、仙台市天文台にて「あなたに夢をかなえてホシい!」を開催しました。

 

kanaetehoshii_ss.jpg 

仙台市天文台開台60周年記念事業の一つとして、仙台市内の小中学生を対象に「天文台でやってみたいこと」を募集し、実現していただく企画『あなたに夢をかなえてホシい!』 。

(募集概要→ ※募集は終了いたしております)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、夢をかなえるために天文台に訪れたのは、仙台市立南小泉中学校1年生の佐藤美翔(さとうあげは)さん。

応募の作文にはとても丁寧な文字で、美翔さんの熱い思いがしたためられていました。

 

【60周年記念事業】『あなたに夢をかなえてホシい!』開催

仙台市天文台開台60周年記念事業の一つとして、仙台市内の小中学生を対象に「天文台でやってみたいこと」を募集し、実現していただく企画『あなたに夢をかなえてホシい!』 (募集概要→ ※募集は終了いたしております)

 

kanaetehoshii_s.jpg

 

天文台でかなえたい夢を作文にしたためご応募くださった小中学生の中から選ばれたのは、仙台市立向山小学校1年生の新沼恵瑠(にいぬまめぐる)さん。

 

8月2日(日)閉館後の天文台、恵瑠さんが夢をかなえる場所は・・・

 0802_01.jpg

 

夜のプラネタリウム!

 0802_02.jpg

 

恵瑠さんの夢は、「ぷらねたりうむにおとまりしたい」だったのです。

 

応募の作文には、星好きのお父さんに連れられて小さい頃から仙台市天文台のプラネタリウムに何度も来ていること、最初はこわくて泣いちゃったこと、そして、大きくなったら天文台で働きたいということも書いてありました。

とっても素敵な絵も一緒に送ってくれました。

 0802_03.jpg

 

夜のプラネタリウムに入ると、真っ赤なベッドがお出迎え。

恵瑠さんは、お父さん、お母さん、そしてまだ生後5ヶ月の弟、武流(たける)くんと一緒に、浴衣姿で登場!

 0802_04.jpg

 

 

家族みんなでさっそくゴロンと横になって・・・

 0802_05.jpg

 いよいよ、素敵な時間の始まりです。

 0802_06.jpg

 

 プラネタリウムのドームに大きく映したDVDを観賞したり、満天の星に包まれたりしながら、恵瑠さんもいつしか夢の中へ。

 

 

 0802_07.jpg

 

目を覚ましてからは、天文台で働きたいという想いも書いてくれた恵瑠さんのためにスタッフからのプレゼント。

 

星座絵や、星座を結ぶ線を自在に出すことができるマシーンを手渡し、恵瑠さんに自由に好きな星座をプラネタリウムのドームに映し出していただきました。

この日のためにお父さんがご用意くださった優しい音楽が流れる空間で、家族4人のとても穏やかな時間が過ぎていきました。

 

お父さん「どの星座出す?」

恵瑠さん「うさぎ座」

お母さん「うさぎ座なんてあるの~?」

お父さん「あるよ。」

恵瑠さん「おおぐま座、大つきい!!」

お父さん「大きいなぁ。」

お母さん「それふたご座?」

お父さん「そうだよ。明るい星が二つあるだろ。」

恵瑠さん「かみのけ座出したい。」

お父さん「ずいぶん地味なとこいったなぁ~。」

・・・・・

 

途中、恵瑠さんが持って来ていた双眼鏡でかに座のプレセペ星団を覗いてみたり、土星を大きく出してみたりもしながら、21時を回ったところで終了となりました。

 0802_08.jpg

 

朝までお泊り、とはいきませんでしたが、

最後に「恵瑠さんの夢はかないましたか?」とたずねたスタッフに、

「うふふふふ。」とちょっと恥ずかしそうに答えてくれました。

 0802_09.jpg

 

天文台での活動を通して、宇宙や天文をより身近に感じていただき、将来の夢を考えるきっかけにしてもらえればという思いから生まれた企画『あなたに夢をかなえてホシい!』。

 この後も、夢をかなえてホシい小中学生が登場します。

どんな夢をかなえるのか、続報に乞うご期待!