宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

天界の響きとは!? クリスタルボウル演奏者登場

   149.jpg毎月第1土曜日に開催しているスペシャルプラネタリウム「天界の響き☆クリスタルボウル」。満天の星空を眺めながら「クリスタルボウル」の演奏を楽しむという内容で、“星空とクリスタルボウルの音がピッタリ!”“心からリラックできた”などという評判が評判を呼び、回を重ねるごとにどんどんお客様が増えてきています。

「クリスタルボウル」とは、音の波動がこころやからだに共鳴し、深い癒しをもたらすと言われている水晶製の楽器。楽器といっても、きまったメロディを演奏するものとは違い、そのものを叩いたり縁を棒でこすったりして、音の響きを体全体で感じながら楽しむものです。

そんな、まだまだ一般的には広く知られていない「クリスタルボウル」の魅力やご自身の活動について、演奏されている安達季久子さんにインタビューしました。


-まず、クリスタルボウルとの出会いを教えていただけますか?

crystalbowl2.jpg「もともとその名前や存在は知っていたのですが、実際の出会いは、とある神社でのイベントでした。 “アマミ舞”、という巫女さんの舞台を観に行って、メインの舞よりも、脇で鳴らされていたクリスタルボウルの方に魅せられてしまったんです。ずーん、と深いところまで響いてきて…。そしてすぐに地元の方の演奏会を聴きに行ったら、今度はどうしても自分で演奏したくなってしまって。その気持ちをその方に伝えたら、ちょうど講座を始められるっていうタイミングで、本当に自然な流れで習うことになりました」。

-それが約1年前くらいなんですよね。

「はい。講習を受け終わって、すぐに楽器をアメリカから輸入しました。クリスタルボウルはシリカサンドという水晶の粉を3~4000度近い熱で焼いた楽器なんですね。楽器、というからにはもちろん音階や音程が大きさによって違っていたり、本当に色々な種類があるんですけど、私はまずフロステッドタイプという七個セット(ドレミファソラシ)を注文しました。もともとずっと音楽をやってきたので、鍵盤で音を取りながら、自分できれいに聞こえるハーモニーのものを選んだり音程にはちょっとこだわって。それと同時にクリスタルボウルとの出会いや先生との出会いを書くブログを始めたら、すぐに『自宅に来て演奏してくれませんか?』なんていう問い合わせを頂いたりして、それがきっかけで、色々な方とセッションなんかをするようになったんです」。

-ブログの繋がりってすごいですね。天文台で演奏するきっかけも、ブログでの出会いからとお聞きしました。

「そうなんです。ブログで偶然に知り合ったご縁で、神社で演奏したり、ヨガとコラボしたり、どんどん繋A2C6.jpgがって自然の流れでここまで来たという感じなんですけど、天文台でやるきっかけも、キャンドルナイトやアースデイなどでミニライブをされているA2C(アツシ)さんからの紹介でした。彼がご自分とは違うジャンルの音楽に興味を持ったときに、検索してたらたまたま私のブログが出てきたらしいんですね。そこから交流が始まって、すぐに“天文台に合うと思うよ”って勧めてくれました。プラネタリウムの中で実際に音を鳴らしてみたら、不思議と余韻もすごく長く響くし、クリスタルボウルもプラネタリウムもどちらも丸い形で、なんかそれもピッタリあってるなあっていう感じでスムーズに決まりました」。                                             
                                                              ▲A2Cさん
-毎月1回の開催ですが、毎回どのような趣向で演奏してるのですか?

「最初はまず、グランディングといって、地に足をつけるための音を鳴らすというのは、どこで演奏するときも基本一緒なんですけど、あとはもう会場にいらっしゃるお客様の雰囲気とか、その季節によって、受けたインスピレーションのままに音を鳴らしていますcrystalbowl.jpg。夏休みなど小さいお子様がたくさんいらっしゃるときは、キラキラした高い音を多めに鳴らしたり、秋はちょっと深い音を鳴らしてみたり。叩くだけでなく、縁をこすると、ものすごい長い余韻で響いて、まさに音のマッサージのように感じると思います。後ろの方の座席のお客様とはやはり距離がありますので、ちょっと響きも違うようで、終わってから皆様『こんな音が鳴ってたの~?』って、興味津々に近づいてこられます(笑)」。

-このスペシャルプラネタリウムには来年3月までのご出演が決まってますが、今後チャレンジしていきたいことなどはありますか?

「そうですねぇ・・・。いつも自然の流れにのっていたらここまで来てしまった、という感じなので、やはりインスピレーションが出てきた時に、その都度それに沿ってやっていくだけですね。なので今時点で特に何も考えてはいないんです。たまに演奏しながら、少し言葉を入れたほうが良いのかな?なんて思うんですけど、私が喋ったり言葉を入れたりすると、皆様思考を働かせてしまうと思うんですね。でもせっかくの星空があるので、ここは30分間まるっきり星と音だけっていうのが良いのかな、と思っています。きっと皆様普段から思考と情報で頭がいcrystalbowl3.jpgっぱいだと思うので、せめてここでの30分間くらいは、頭を真っ白にしてもらいたいなあ、と。ただ、演奏法とか少し楽器のタイプを変えたりはしていきたいですね」。
 -楽しみにしています。では最後にメッセージをお願いします。

「クリスタルボウルは、楽器そのものの波動で癒されたり自分の浄化にも繋がったりするので、ストレス社会や普段のあわただしい生活から少し離れて、ここで、リラックスできる時間を持っていただけると嬉しいなと思います」。

安達さんのブログ→天界の響き☆クリスタルボウル
                                                             

                           広報/菅野