宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

今話題のパラグアイから素敵な音楽が届きます!!

 

sorudemisiones.jpg

 今(6/26現在)、日本国中でもっとも多く口にされてる(かもしれない)外国の名前、それは「パラグアイ」ではないでしょうか?というのも、ワールドカップ決勝トーナメント第1戦で、日本代表が対戦する相手国だから…。

 それを記念して!というわけではないのですが、仙台市天文台では、9/25(土)、パラグアイご出身のホセ・ルイス・バルボーサさんと奥様・わかなさんのおしどりアルパデュエット「ソル・デ・ミシオネス」のコンサートを開催することになりました。

 もともと、西公園時代に天文台スタッフがジャズフェス会場でお二人をスカウト(ナンパ!?)したのがご縁の始まり、ということで、今回は9月のコンサートの打ち合わせでいらした「ソル・デ・ミシオネス」のルイスさん、わかなさんご夫妻と、その時のスタッフ(高橋)との対談をお届けします。

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

高橋「私がはじめてお二人のアルパの演奏を聴いたのは、2002年のジャズフェスの前。ラジオで、ジャズフェスに出演される方達が何組か出ていて…」。

ソル・デ・ミシオネス(以下ソル)「そうそう、ラジオカーが練習してるところに来たんですよ」。

高橋「その音色がと~っても素敵で、星空にすごいぴったり!!って思って、ジャズフェスで直接スカウトしたんですよね。突然、“プラネタリウムで演奏しませんか!? 次の七夕の時にコンサートを考えてるんですけど”ってね(笑)」。

wakanasan2.jpg

ソル「ラジオで聴くと、絶対皆さんどんな楽器なんだろう?って興味を持って下さるんですよね」。

高橋「そして2003年に1回目が実現して、次が2007年閉館イベントでのコンサート。そして今回、移転してからここでははじめての開催になりますね。プラネタリウムでのコンサートはこれまで何度か実施しているのですが、私達としては、ぜひ地元のアーティストさんと一緒に色々作っていけたらいいなって思ってるんですよ」。

ソル「ありがとうございます」。

高橋「それにしてもワールドカップで対戦することになっちゃいましたね~(笑)」。

ソル「そうなんですよ。今朝も会う人みんなから“ちょうどいいじゃない、宣伝になって”って言われて(笑)」

高橋「でも日本とパラグアイ、どちらを応援するんですか?」

ソル「よく考えたら、どっちかが(負けてトーナメントから)いなくなっちゃうから、もったいないよねって言ってたんです。もうちょっと後に対戦だったらね。でもここら辺では日本を応援する人がたくさんいるから、パラグアイを応援するかな~」。

高橋「パラグアイはサッカーが盛んな国なんですか?」

ソル「そうですね。日本みたいに、ビデオゲームとか娯楽がそんなにないから、子どもたちはみんな外でいっぱい遊んでて、古くなったシャツを丸めたりオレンジやマンゴーをボール代わりにしたり、男女関係なくみんなで楽しんでるのがサッカーじゃないかな。他のスポーツは色々道具が必要だけど、サッカーは転がるものさえあればできるから、一番親しんでるよね。南米ってどこの国もみんなそうなんじゃないかな」。
ruisusan2.jpg
高橋「サッカーといえば、ルイスさんは“キリンカップサッカー 日本vsパラグアイ戦”で、過去3回、大観衆を前に国歌斉唱した経歴をお持ちなんですよね。どんな気持ちでしたか」。

ソル「やっぱり遠い国からチームのみんなが来て、日本で一緒に何かできるというのは、とても嬉しい気持ちでした。まさかこんなチャンスが来るとも思ってなかったですし」。

高橋「パラグアイの国歌っていうのはどんなことを歌っているのですか」?

ソル「スペインなどに占領されていて、独立したときにできた国歌だから、国の誇りや団結、そういう歴史のことをうたってますね。実は難しいし長いんですよ。全部歌ったら1時間くらいかかる。パラグアイの人でも、全部知ってる人いないよね(笑)。11番か12番くらいまであるんですから。キリンカップのときは“君が代”が短いから、バランス悪くなるから早めにって言われてね、だいぶ短く早回しにしました」。(つづく)

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

お二人がいらしたのは、対戦が決まったまさに次の日(25日)、話題はやはりワールドカップやサッカーのことになりましたが、これまであまりイメージが湧きにくかった「パラグアイ」という国が、ぐっと身近になった今回、ぜひ南米の音楽、そしてアルパという楽器にも注目してみてはいかがですか?次回はパラグアイの星空についてお話が続きます。お楽しみに。

「南米の星空とアルパの調べ~ソル・デ・ミシオネスコンサート~」

開催日/9月25日(土)
開催時間/19:00-20:30
開催場所/プラネタリウム
料金/前売:大人1000円、高校生以下500円
    当日:大人1200円、高校生以下700円
    ※障害者手帳をお持ちの方と付添の方は、前売・当日とも半額
      ファンサポーターは当日でも前売料金
    ※8月1日より前売り開始

▼ソル・デ・ミシオネスさんの演奏風景