天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2014年4月アーカイブ

5月きりん座流星群(仮称)が極大?

毎年ほぼ同じ時期に、夜空のある一点から放射状に出現する流星の一群のことを流星群といいますが、 中には突発的に出現するものもあります。

きりん座流星群(仮称)は、母天体であるリニア彗星(209P/LINEAR)の軌道近くを今年地球が通過するために、 突発的な出現になるかもしれないと欧米の研究者によって予想されています。

(流星群についての詳しい説明はこちら:天文Q&A.010 流星群ってなに?

 

太陽でXクラスフレアが発生しました(2014/04/25)

2014年4月25日、太陽でXクラスフレアが発生しました。

明るくなった太陽の縁に、9時29分頃からカメラを向けました。
久しぶりのXクラスフレアです。
徐々に輝度が増していき、その後、明るさが減衰しループ構造が見えてきます。

2014/4/15 月食を撮影しました

 

2014/4/15の部分月食については天体観察ガイド「2014/04/15 部分月食」をご覧下さい。

 

 

観察時には雲に覆われた天気となり、部分食を確認することはできませんでしたが、半影食の撮影を行いました。

 

部分食と半影食の境目は曖昧であるため、部分食が終了したあとの18:37でも月の右上が少し欠けているように見えています。

 

また、月が赤く見えているのは月食によるものではなく、大気の影響によるものです。

1837.jpg

▲撮影データ
 
撮影日時:2014年4月15日 18:37
 
撮影場所:名取市 ゆりが丘
 
撮影機材:Canon EOS 60Da + 180mmレンズ + 1.4倍コンバーター

1845.jpg

▲撮影データ
 
撮影日時:2014年4月15日 18:45
 
撮影場所:名取市 ゆりが丘
 
撮影機材:Canon EOS 60Da + 180mmレンズ+ 1.4倍コンバーター

4/14 火星が最接近した様子を撮影

4月-6月の観測計画

 

仙台市天文台 観測計画概要 4月-6月

 

目的

①冷却CCDカメラの性能データ解析と公表
②分光器の性能データ解析と公表
③彗星の光度形状変化、分光データ取得と解析処理

 

予定日 観測内容
4

4(金)
5(土)
12(土)
19(土)
22(火)
26(土)

冷却CCD

○フラットデータ再取得
○測光精度調査
○メシエ天体撮像、資料画像蓄積
○観測用基礎的データ(カメラ特性、フィルター特性など)の処理、解析、公表
○パンスターズ彗星(C/2012 K1)の光度形状変化記録

分光器

○輝星の分光データ取得と解析処理
○パンスターズ彗星(C/2012 K1)の分光データ取得と解析
○観測用基礎的データ(カメラ特性、フィルター特性など)の処理、解析、公表

その他

○火星、木星などの記録
○天体資料画像の蓄積

5

2(金)
10(土)
17(土)
19(月)
24(土)
31(土)

冷却CCD

○測光観測の精度評価用データ取得
○メシエ天体撮像、資料画像蓄積
○パンスターズ彗星(C/2012 K1)の光度形状変化記録
○リニア彗星(209P)の光度形状変化記録

分光器

○輝星の分光データ取得と解析処理
○リニア彗星(209P)の分光データ取得と解析
○観測用基礎的データ(カメラ特性、フィルター特性など)の処理、解析、公表

その他

○火星、土星などの記録
○天体資料画像の蓄積

6

6(金)
7(土)
14(土)
16(月)
21(土)
28(土)

冷却CCD

○測光精度調査
○メシエ天体撮像、資料画像蓄積
○パンスターズ彗星(C/2012 K1)の光度形状変化記録

分光器

○輝星の分光データ取得と解析処理
○観測用基礎的データ(カメラ特性、フィルター特性など)の処理、解析、公表

その他 ○火星、土星などの記録
○天体資料画像の蓄積