【プレスリリース】特別観察会「木星と土星を見よう!!」※晴天時のみ開催

397ぶりに木星土星大接近!

~ 関連イベントの報道協力のお願い ~

 2020年12月21日から22日にかけて、木星と土星が空で大接近します。接近時、木星と土星の見かけ上の距離は0.1°程度となります。木星と土星が0.1°以内まで接近するのは、1623年以来397年ぶりの天文現象です。仙台市天文台では、本現象を広く市民の皆様に知って頂き、観察して頂くため、下記の通りイベントを開催いたします。つきましては、イベント告知に際し報道のご協力をいただけますと幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。

 

<イベント概要>

 

特別観察会「木星と土星を見よう!!」※晴天時のみ開催

●開催日時       :2020年12月19日(土),20日(日),21日(月),22日(火)17時―18時

●開催場所   :仙台市天文台入口(惑星広場)

●内容     :夜空で接近を迎えた木星と土星を望遠鏡の映像を通してご覧いただきます。

●備考      :無料/事前予約無/定員無※混雑時は参加人数を制限させて頂く場合があります

 

企画展「木星と土星が大接近!」

●開催日時   :現在開催中―12月28日(月)まで/開館時間中は常時開催

●開催場所   :プレショーギャラリー

●内容     :木星と土星の各特徴や接近の仕組みについてのパネル展を開催中です。

●備考     :無料

 

プラネタリウム 星空の時間「今夜の星空散歩」

12月中の投映は、木星と土星の接近の仕組みについて詳しく紹介いたします。投映スケジュールは

天文台ウェブサイトをご確認頂くかお電話でお問合せください。(http://www.sendai-astro.jp/

 

注意)イベント・プログラムは新型コロナウイルス感染症対策等により変更・中止になる場合があります。

kansatsukai.JPG 

▲特別観察会の開催風景イメージ

20201029mokuseidosei.jpg

▲開催中の企画展の様子

plane.jpg

▲プラネタリウムのイメージ

 

<取材について>

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、イベント当日の報道・取材については、事前にご相談いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

天文台ウェブサイト内の関連情報は下記にまとめております。

<木星と土星が大接近【関連情報一覧】>

http://www.sendai-astro.jp/news/2020/12/post-305.html