木星と土星が大接近【関連情報一覧】

2020年12月21日から22日にかけて、木星と土星が空で大接近します!

今回ほどの大接近は、1623年以来、実に397年ぶりで、肉眼では、木星と土星が一つの星と見間違えるくらいになると予想されています。

「木星と土星を見分けられるのか挑戦!」というのも楽しみ方のひとつになるかもしれません!

  

接近についての解説・観察の仕方・関連イベント等は下記リンク先をご参照ください。

------------------------------------------ 

【大接近の解説・観察の仕方】

どんな現象? 観察のポイントは? 次に接近するのはいつ? ⇒ こちらをクリック

  2020_JupSat_s.png

 

 

【接近の記録】

少しずつ近づいて見えていく木星と土星の記録画像をまとめています ⇒ こちらをクリック

jupsat_35mm_20201024_s.png

 

 

【企画展「木星と土星が大接近!」】(開催中)

木星・土星それぞれの特徴と、接近の仕組みについてのパネル展を開催中です。 ⇒ 詳細はこちら

20201029mokuseidosei_s.jpg

  

 

【フリーペーパー「ソラリスト」】(配布中)

仙台市天文台のフリーペーパー「ソラリスト Vol.48(秋号)」では、木星と土星の大接近を少女漫画仕立てにご紹介! ⇒ ダウンロード(pdf)

soralist_vol48_ss.png

☆ジュピオとサタ子の恋の行方は・・・? ⇒ 12月1日公開予定!

 

 

【プラネタリウム】(12月から)

12月のプラネタリウム「星空の時間『今夜の星空散歩』」では、スタッフが総力を上げて木星と土星の大接近をご紹介します。⇒ ※詳細準備中

 hosizora_ss.jpg

  

 

【特別観察会「木星と土星をみよう!!」】(12月19日-22日開催予定)

接近時期の木星と土星を、望遠鏡で観察してみよう!(晴天時のみ開催)⇒ ※詳細準備中

kansatsukai2020mokuseidosei_s.jpg

 

------------------------------------------

 

木星と土星は、すでに夜空で観察が可能な状態になっています。

大接近のその日だけでなく、今のうちから、少しずつ近づいて見えていく木星・土星にぜひご注目ください!

 

 

※新型コロナウイルス感染症対策等にともない、すべてのイベントやプログラムは変更や中止の場合がございます。