【プレスリリース】6/21 夏至の日に日食が起こります!

報道関係者各位

  2020年6月8日

 

夏至の日に日食が起こります!

~「部分日食」現象について事前報道の依頼 ~

 

2020年6月21日の夏至の日、部分日食が見られます。部分日食とは、太陽の一部が月に隠される現象のことです。

日食は、月が太陽と地球の間に入り、太陽・月・地球が一直線に並んだ時のみ起こる現象です。世界的には年に2・3回起こっていますが、日本では通常、数年に一度しか見ることができません。ここ最近は2019年に2回、2020年に1回と多く見られる日食ですが、今回を逃すと次に仙台で見られるのは10年後の2030年6月1日です。

仙台市天文台(所在地:仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)では、部分日食について市民のみなさまに知っていただけるよう、過去に撮影した部分日食の写真日食の仕組みについて説明したイラストなど、報道の際ご利用していただける素材をご用意しております。また、日食を自宅で観察する方法についてスタッフが紹介する等の事前取材も可能です。

今回は、日曜日であること、日食発生時刻が比較的見やすい時間帯であることから、ぜひこの機会に市民のみなさまにご覧いただきたく、「部分日食」の現象について報道のご協力をお願いいたします。

 

<基本情報>

●部分日食発生日                                    2020年6月21日(日)

●太陽が欠け始める時刻(食の始め)           16時12分05秒

●太陽が最も欠ける時刻(食の最大)           17時07分09秒 ※太陽面の約3割が欠ける

●太陽がもとに戻る時刻(食の終わり)   17時57分37秒

●前回の部分日食 (仙台)                        2019年12月26日

●次回の部分日食 (仙台)                        2030年6月1日

 

<参考:仙台市天文台イベント情報>

特別観察会「部分日食をみよう!!」

●日時/6月21日(日) 16:10-17:20

●会場/惑星広場(集合場所:加藤・小坂ホール)

●内容/月によって太陽の一部が隠される現象「部分日食」を観察してみよう!

    ※プラネタリムでの日食の解説も行います。(新型コロナウイルス感染症対策のため定員90名)

    ※新型コロナウイルス感染症対策のため、関連イベント「ワークショップ『君だけのピンホールをつくろう!』」は中止。

 

<取材について>

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、イベントの事前告知やイベント当日の取材については、状況に応じての対応となります。報道・取材については、必ず事前にご相談いただけますよう、お願いいたします。

------------------------------------------------------------ 

<お問合せ> 仙台市天文台(担当/鈴木・今野)

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32  TEL 022-391-1300  FAX 022-391-1301

------------------------------------------------------------

参考URL:http://www.sendai-astro.jp/observation/blog/2020/06/2020621.html

info_bubun02.png

▲2019年1月6日の日食の様子(仙台市天文台で撮影)