ごあいさつ・天文台のあゆみ

台長からの2018年のご挨拶
移転して10年、「宇宙を身近に」そして「We♡(らぶ)宇宙」へ

 仙台市天文台(以後天文台)は1955年に仙台市青葉区西公園に開台しましたが、2008年に現在地青葉区錦ケ丘に移転し、今年7月1日には移転開館から満10年を迎えます。天文台は市民との協力で誕生した市民の天文台として皆さんに親しまれて、移転後も学校教育・社会教育・生涯学習施設として広く市民に活用していただいております。本年初頭に延べ入館者数が300万に達する見込みです。

 この10年を振り返ると、開館時の想定を超えた賑わい、3.11東日本大震災、市民の活動の広がり、地域の教育研究機関との連携協力、さらに天文台学習で学んだ児童生徒さんの成長など、市民の天文台としての成長を見ることができます。

 新天文台の開館にあたり、施設のミッション(果たすべき使命・役割)を分かりやすい言葉で表現しようと考え「宇宙を身近に」という言葉を掲げました。皆さんに宇宙を身近に感じていただけるような活動をしようという趣旨ですが、今後もこの「初心」を大切にしたいと考えています。宇宙が身近に感じられるようになる活動はいろいろありますが、私は宇宙の理解が深まって身近に感じられるようになることを願っています。

 このミッションを実現するために、天文台では3年ごとに中期目標を設定し活動の指針としています。先期は、皆さんに「We♡天文台」と言っていただけるような愛される天文台を目標としましたが、今期(昨年から)は、皆さんがさらに宇宙が好きになることを願って「We♡宇宙」という言葉で表現しました。

 天文台は、施設の長期計画の中で10年ごとに展示を更新することになっていますが、今年がその更新の年に当たります。これまで、利用者やスタッフサポーターの声、経験、さらに天文学の進歩などを考慮して更新のプランを練ってきました。新しい展示では、親しみやすく楽しい展示とともに、より広く深く宇宙に触れていただけるような展示を目指しています。展示更新にともなう工事が1月から3月にかけて行われ皆様にご迷惑をおかけしますが、4月には新しい展示室をご披露したいと考えています。この機会に、皆さんにも宇宙のイメージを更新していただき「We♡宇宙」と言っていただけることを願っています。

 今年も様々な天文現象がありますが、特に、1月31日の皆既月食と7月から8月にかけての火星大接近が注目されます。天文台では、定例の観望会とともに天文現象にあわせた観望会も計画しています。プラネタリウムや展示室で時空を超えた宇宙をお楽しみいただき、天体観望会ではひとみ望遠鏡を通して直接リアルな宇宙にふれていただきたいと思います。

astro_osa_.jpg

天文台のあゆみ

西暦(年)和暦(年) できごと
1954昭和29 天文台建設発起人会,建設委員会結成,建設募金運動展開
天文台建設着工(施工:橋本店)
41cm反射望遠鏡(西村製作所製)組立
1955昭和30 開台(2月1日),観覧業務開始 寄付金及び募金総額238万円
「仙台天文台」として建設委員会が運営にあたる
1956昭和31 建設委員会から仙台市に寄付,採納
初代台長に加藤愛雄就任
仙台市天文台として観覧業務を開始(文化観光課所管)
1957昭和32 移動天文教室実施
1960昭和35 仙台市文化観光課から教育委員会指導室所管となる
学校教育活動として,中学校の天文台実習開始
1963昭和38 企画展「江戸時代仙台藩の天文数学展」開催
1964昭和39 展示室新設
1968昭和43 展示室竣工
東北初のプラネタリウム館開館プラネタリウム館開館(プラネタリウムは前年河北新報社より寄付)
企画展「望遠鏡展」開催
1969昭和44 プラネタリウム幼児向け投映開始
1970昭和45 天文台所蔵の渾天儀,象限儀,天球儀が市指定有形文化財となる
第二代台長に小坂由須人就任
1971昭和46 講義室,資料室,作業室竣工
1973昭和48 41cm反射望遠鏡の主鏡と凸面鏡を更新(木辺鏡)
41cmに同架されていた10cm屈折望遠鏡を15cm屈折望遠鏡に更新
1974昭和49 プラネタリウム館内及び本体機器(五藤光学研究所製)に更新
1975昭和50 移動天文教室用自動車更新
事務室増築
1976昭和51 天文台ドーム,床取替え工事竣工
1978昭和53 宮城県沖地震により41cm反射望遠鏡使用不能となり解体
1979昭和54 41cm反射望遠鏡(三鷹光器製)完成
1980昭和55 プラネタリウム館,展示室増改築完成竣工
企画展「望遠鏡展」開催
1981昭和56 22点の展示品設置
1982昭和57 太陽面爆発観測装置(五藤光学研究所製)完成
1983昭和58 移動天文教室用望遠鏡を三鷹光器製GN22型に更新
1985昭和60 開台30周年記念誌「30年のあゆみ」発行
1986昭和61 新型プラネタリウム導入(五藤光学研究所製),観覧席更新
1991平成3 第三代台長に岡崎三夫就任
1993平成5 移動天文車ベガ号導入
1998平成10 第四代台長に渡辺章就任
1999平成11 仙台市教育局内に「天文台のあり方に関する検討会」発足
同上プロジェクトチーム発足
2001平成13 新仙台市天文台整備基本構想策定
入館者300万人達成
2002平成14 新仙台市天文台整備基本計画策定
2003平成15 新仙台市天文台整備事業PFI手法導入可能性調査報告
第五代台長に蓮池芳明就任
2004平成16 新仙台市天文台整備・運営事業にPFI導入決定(BOT方式)
新仙台市天文台整備・運営事業入札
2005平成17 開台50周年記念式典・講演会を国際センターにて開催
新仙台市天文台整備・運営事業落札者決定
事業者間協定・株主間協定締結
株式会社仙台天文サービス(SPC)設立
事業契約書(仮)締結
事業契約書 本契約へ移行
・事業方式:BOT方式
・事業期間:平成17年6月-平成50年3月
・事業範囲:設計および建築設備,特殊機材,什器・備品等保有,事業期間終了時までの施設の維持管理および運営業務
2006平成18 プロジェクト契約締結
新・天文台工事着手
2007平成19 第六代台長に渡辺章就任
錦ケ丘に新・仙台市天文台竣工
西公園の仙台市天文台終了,こども宇宙館閉館
2008平成20 PFI方式による民間企業による維持管理開始
PFI方式による民間企業による運営開始
第七代台長に土佐誠就任
錦ケ丘にリニューアルオープン(7月1日)
ファンサポーター制度運用開始
国立大学法人東北大学理学研究科と連携と協力に関する協定を結ぶ
特別展「□(スペース)のみた宇宙」開催
スタッフサポーター養成講座開始
「100万人のキャンドルナイト」初開催
「ソラリスト」創刊
2009平成21 企画展「日時計の楽しみ」開催
スタッフサポーター活動開始
リニューアルオープンから入場者数50万人達成
企画展「宇宙の謎を解き明かす」開催
国立大学法人宮城教育大学と連携協力に関する協定を結ぶ
ブレインサポーター制度運用開始
企画展「仙台芸術遊泳 平野治朗の『137億光年の旅』」開催
2010平成22 2010年のテーマを「2010年宇宙の旅」に設定
第1回「天文台まつり」開催
「スペシャルプラネタリウム」開始
オーナーサポーター制度運用開始
企画展「ダンボールプラネット(平面から立体へ)」開催
巡回企画展「はるかなる宇宙の旅」開催
リニューアルオープンから入場者数延べ100万人達成
2011平成23 2011年のテーマを「はかる」に設定
大型望遠鏡の愛称が「ひとみ」に決定
東日本大震災のため,12日以降臨時休館(-2011年4月15日)
仙台市生涯学習課天文台係による運営業務(学校教育支援業務)に関する暫定措置終了
企画展「はかる」開催
2012平成24 2012年のテーマを「たべる」に設定
企画展「たべる」開催
天文台所蔵の渾天儀,象限儀,天球儀が国指定重要文化財となる
リニューアルオープンから入場者数延べ150万人達成
2013平成25 2013年のテーマを「うつす」に設定
仙台市生涯学習課天文台係による運営業務に関する暫定措置終了
仙台天文同好会と連携協力に関する覚書を交わす
天文ボランティアうちゅうせんと連携協力に関する覚書を交わす
企画展「うつす」開催
2014平成26 2014年のテーマを「光」に設定
企画展「光の謎を解き明かせ!」開催
企画展「オーロラを体感しよう!」開催
リニューアルオープンから入場者数延べ200万人達成
2015平成27 2015年のテーマを「起源」に設定
開台60周年
「仙台市天文台開台60周年 ミヤギテレビ開局45周年記念 宇宙兄弟展 仙台会場」開催
2016平成28 2016年度のテーマを「宮沢賢治」に設定