天文台学習支援

天文台学習

中学校

仙台市内の中学校向けに学習をしております。市外の中学校で、ご利用を希望する際にはご相談ください。

学習内容

・望遠鏡学習

ひとみ望遠鏡観測室にて天体望遠鏡のしくみを学習します。

・展示学習

「学習のしおり」を利用して展示室内での学習を行います。

A)地球エリア

(1)季節による太陽高度の変化 (2)月と地球 (3)様々な流星

B)太陽系エリア

(1)太陽 (2)太陽系の惑星 (3)太陽系の天体 (4)太陽系のひろがり (5)隕石 (6)日食と月食

C)銀河系/大宇宙エリア

(1)四季の星座 (2)星の一生 (3)星の距離 (4)宇宙のすがた

・プラネタリウム
1.必修学習

・日周運動

2.選択学習

・年周運動と季節の変化 ・太陽系 ・月の動きと見え方 ・四季の星座 ・宇宙開発
・宇宙の広がり

3.天文トピックス

【選択学習の内容】
・年周運動と季節の変化

地球の公転よって、同じ時間・方角に見ることのできる星座が季節によって変化することを学習します。また、地球の地軸の傾きが、昼夜の時間の長さの違いや南中高度の変化,地表面の受ける熱量の違いなどを起こし、それらが季節の変化に関係していることを学習します。

・月の動きと見え方

月を観測するときのポイントを確認し、月の公転と地上からの見え方を関連付けて考えます。また、金星の動きや見え方についても学習します。

・太陽系

探査機などが撮影を行った惑星のようすやその他の太陽系の天体に関して学習します。

・四季の星座

黄道12星座や星座の探し方、星座にまつわる神話などを取り上げます。日周を進めることで、季節にとらわれることなく四季の星座を楽しむことができることを確認します。

・宇宙開発

これまでの宇宙開発に関する歴史を紹介するともに,現在進行している国際宇宙ステーションや惑星探査、人工衛星などの技術や社会貢献などについても紹介していきます。

・宇宙の広がり

現在観察することができる銀河や宇宙の大規模構造を紹介し、天文を研究することは、宇宙や物質、生命の起源の解明に役立つことを紹介します。

雨天時の昼食場所について

晴天時は、敷地内にある惑星広場で昼食をとることができます。
悪天の場合は、加藤・小坂ホールを利用することができます。利用時間は、原則として12時00分から12時30分までになります。一度に昼食をとることのできる人数は230名までになります。打ち合わせの時にご相談ください。

資料のダウンロード

概要ダウンロード(PDF)    学習支援ツール

高等学校

学習内容

望遠鏡見学

「ひとみ望遠鏡観測室」にて天体望遠鏡のしくみを学習します。

展示見学

展示室を見学していただきます。

プラネタリウム

内容に関しては、事前に打ち合わせを行い決定しております。内容に関しましては、資料の学習投映例を参考にしてください。教科としての投映以外にも、一般投映をご覧になることもできます。

料金について

(1)仙台市内の学校に関しては、生徒、引率教諭は共に全額減免の対象となります。ご利用日の7日前までに減免申請書をご提出下さい。

(2)上記(1)以外の学校の観覧料は下記の通りです。

プラネタリウム観覧料

高校生

280円(350円)

一般(引率者)

480円(600円)

展示室観覧料

高校生

280円(350円)

一般(引率者)

480円(600円)

セット券
【プラネタリウム1回+展示室】

高校生

480円(600円)

一般(引率者)

800円(1,000円)

*()は入館者数30名未満でご利用の場合の観覧料金です。
*30人に一人の割合で引率者無料となります。

雨天時の昼食場所について

晴天時は、敷地内にある惑星広場で昼食をとることができます。悪天の場合は、加藤・小坂ホールを利用することができます。利用時間等に関しては、予約時にご相談ください。一度に昼食をとることのできる人数は230名までになります。

資料のダウンロード

概要ダウンロード(PDF)

特別支援学校

事前に打ち合わせを行い、内容を決定します。指導例は下記資料をご覧下さい。

資料のダウンロード

概要ダウンロード(PDF)