宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

星空たんけん!~スペースラボレポート~

【イベントレポート】

 

2016年12月17日(土)、宮城教育大学の教員・学生のみなさんによるスペースラボを開催しました。

 

スペースラボとは、宮城教育大学と天文台の連携企画として、大学の先生達から直接わかりやすく宇宙の不思議や科学の面白さを学べる実験教室です。

毎回異なるテーマから、宇宙を理解するための基礎的な科学を学ぶことができます。

 

第5回目となる今回のテーマは「星空たんけん」。

 

2016年は宮沢賢治生誕120周年の年、またそれにちなみ仙台市天文台の今年度のテーマが「宮沢賢治」ということで、宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」に沿って星空を探検し、星の色や明るさについて学びました。

 

【導入:銀河鉄道の夜】

 

2017labo01.jpg 

銀河鉄道の夜に登場する少年、ジョバンニに扮した司会者が登場し、物語に入っていきます。

さっそく銀河鉄道に乗り込んで、さあ出発です!

 

2017labo02.jpg

天の川に沿って、いろいろな星座達を発見!

どうやら星にはいろいろな色があるようです。

 

2017labo03.jpg

みなさんは何色の星が一番多いと思いますか?

子どもたちに聞いてみると、しろー!白色!という声がたくさん聞えてきました。

ではそんな白色の光の実験をしてみましょう。

 

 

【実験①:白い光を分けてみよう!】

 

2017labo04.jpg

白い光を壁に映します。その前にペットボトルをおくと・・・。

 

2017labo05.jpg

 

なんと虹色が現れました。白い光は水を通すと光が分かれて、虹色にみえるようです。

白色には実はいろんな色が混ざっていたんですね。

 

 

【実験②:星の色を作ってみよう!】

さぁ続いては自分たちでライトを使って、星の色を再現してみます。

 

2017labo06.jpg

使うのは、赤、青、緑の3色。どんな風に組み合わせると星の色を再現できるのでしょうか。

チームで協力して、実験スタートです。

 

2017labo07.jpg

協力して、白い紙にライトを当て、色を混ぜていきます。

もう少し右にライト当てて!赤足そうかな~。なかなかいいかも!

思考錯誤して、組み合わせを考えます。

 

2017labo08.jpg

2017labo09.jpg

ライトの組み合わせはメモをとっておきます。

何色を組み合わせたら銀河鉄道の夜に出てくる星の色になるのでしょう。

 

2017labo11.jpg

2017labo10.jpg

最後にみんなで発表をして他の班の組み合わせと比べてみました。

 

 

【実験③:明るさの違いを体験してみよう!】

続いては明るさの実験です。星は色も様々ですが、明るさも様々です。

いったいどうして明るさが違うのか実際に体験してみましょう。

 

2017labo12.jpg

代表で2人にライトをもってもらいます。

 

2017labo13.jpg

近いライトは明るくて、遠くにあるライトは暗く見える。つまり、星たちの明るさの違いは星までの距離の違いだったのですね。

地球に近い星は明るく見えるということがわかりました。星座の中でも星によって距離が異なるのです。

 

 

【実験④:星空を観察しよう!】

星の色と明るさについて学んだところで実際に観察です。

夕方まで雪がちらつき、ちょっと危ういお天気模様。ですが、星空観察の時間になると雲のすき間から星たちが見え始め、最後には快晴になりました。

 

2017labo14.jpg

一人ひとり赤いライトをもって準備バッチリです。

「あっ、あれなんだー!?」

一際明るい星にみんな興味津々です。正体は金星。この時期夕方西の空に明るく見えています。

他にも目が慣れると星が見えてきました。よーく見ると星の色もわかってきました。

さぁ赤色の星はどれかな?北極星はこれだよ!うーん、難しいな・・・。見えたよ!

みんなで一緒に星空探検です。わからない星はお姉さんやお兄さんに聞いて見つけていきます。

 

2017labo15.jpg

2017labo16.jpg

 

色も明るさも星によって様々ということを参加者の子どもたちも実感できたようです。

 

2017labo17.jpg

無事に戻ってきたところで、今回のスペースラボは終了です。

 

冬の星空は、明るく色の分かりやすい星が見えるのが特徴です。

今後夜空を見上げた時に、星の色や明るさについて思い出してくれると嬉しいですね。

 

寒い中の星空観察、お疲れ様でした!