宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

入賞おめでとうございます!

 

2016年10月30日(日)、「宇宙の日作文絵画コンテスト」の表彰式を開催しました。

 

このコンテストは、文部科学省、国立天文台、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが主催するコンテストです。各地方の科学館がそれぞれ応募作品の中から最優秀賞を選定し、その中からさらに厳正な審査のもと、部門ごとに主催者賞が贈られるというものです。

 

今年のテーマは「宇宙とわたし」。

天文台にも、色彩豊かで、想像力に富んだ作品がたくさん寄せられました。

 

今回は入賞された18名様に、土佐誠台長から、表彰状と記念品を贈呈しました。

(受賞者は欠席者を合わせ23名)

 

sakubun04.jpg sakubun06.jpg

 

******

 

表彰式には、受賞者と保護者の方をあわせ、計55名もの方々が出席してくださいました。たくさんの方にご出席いただき、あたたかな雰囲気の表彰式となりました。

 

sakubun05.jpg

 

sakubun08.jpg sakubun09.jpg

 

そして今回はなんと、開智小学校6年生の稲村 柚里香さんの作文が、「宇宙航空研究開発機構理事長賞」を受賞しました!おめでとうございます!

稲村さんは、ご祖父様が仙台市天文台のある錦ケ丘に住んでいらっしゃったそうで、天文台にも何度も遊びに来てくださっていたそうです。

 

sakubun02.jpg sakubun07.jpg

 

宇宙に興味を持ったきっかけや、将来JAXAに勤めたいというご自身の夢など、小学生とは思えない叙情的な文章で「宇宙とわたし」について書かれています。

 

天文台のほか、「宇宙の日」のウェブサイトでも読むことができます。とっても感動的な作文となっていますので、ぜひご覧くださいませ。

 

表彰式の後半は、台長の講演を開催。

事前に受賞者のみなさんから寄せられた宇宙に関する質問の回答をお話しました。たくさんの質問をお寄せいただいたため、時間内で回答しきれないかも!と心配した台長は、解説シートまで作成していました。

 

sakubun10.jpg sakubun11.jpg

 

みなさんとても熱いまなざしで台長のお話を聞いていたのが印象的でした。

「宇宙とわたし」の思い出の新たな1ページに加わってくれたら嬉しいです。

 

******

 

受賞された皆さん、本当におめでとうございました!

 

※受賞作品は、11月29日(火)まで、仙台市天文台でご覧いただけます。