宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

キャンドルナイトレポート~2015夏~

【イベントレポート】

 

can15_01.jpg 

2015620日(土)、「100万人のキャンドルナイトin仙台市天文台」を開催しました。

『電気を消して、スローな夜をすごしませんか・・・』というキャンドルナイトの趣旨に賛同し、仙台市天文台でも毎年、夏至と冬至近くの土曜日に開催しています。

 

今年も、キャンドル点灯の他、関連イベントとして、仙台市野草園の職員の皆さんによるワークショップや、クリスタルボウルの演奏も行われました。

 

当日の様子をご紹介いたします。

 

*************

 

can15_02.jpg 

 

 

 

今年のキャンドルナイトのイベントはキャンドルの点灯・キャンドルホルダー作りワークショップ、クリスタルボウルの演奏の3つでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり恒例となった仙台市野草園によるキャンドルホルダー作りのワークショップ。お子さまから大人の方まで楽しめるとあって、毎回とても好評です。中には昨年作ったことがあるというリピーターの方もいました。

 

早速、制作の様子を見ていきましょう。

 

①木の実選び

can15_08.jpg

たくさんある木の実や貝殻、ビーズなどから、お好みで台座に載せたいものを選んでいきます。

 

can15_07.jpg

↑迷ってしまうほど沢山の種類が!

 

ここで使われている木の実は、野草園の職員の方がこれまで集めてきたものだそうです。

どんぐりはさっと茹でて、虫が出てくるのを防止するとか。

見えないところで、手間隙がかかっています。

 

can15_06.jpg

↑どのどんぐりもピカピカです。

 

面白い木の実があったのでご紹介します。松ぼっくりなのですが、見慣れた形と少し様子が違います。

皆さん、これ(↓)何に見えますか?

can15_05.jpg

 

松ぼっくりをリスがかじることで、こんな形になるそうです。

その形から、"エビフライ"と呼ばれていました。

 

can15_04.jpg

↑確かにちょっと美味しそう?なエビフライ

 

野草園の職員の方にお話を聞いているうちに、どうやら皆さん選び終わったようで、台座につける行程に移っていました。

 

②台座に接着

まずは選んだ木の実を接着する場所を決めていきます。

can15_11.jpg

↑あっちかな?こっちかな?台座の上を木の実がウロウロ。

 

場所が決まったら、いよいよ接着です。グルーガンを使ってとめていきます。

can15_12.jpg

can15_13.jpg

グルーガンの先はとても熱いので、皆さん慎重に、真剣に作業を進めます。

 

can15_17.jpg 

 

 

 

中には、こんなに長い棒を建ててみるお子さまもいました。

はたしてこの後、どのようになっていくのでしょう・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

can15_15.jpg

↑どうやら無事にまっすぐ建ったようです。

 

can15_16.jpg

↑樹の枝のように横にも長いものがくっつきました。

 

迷いながら慎重に接着をする方、迷わず大胆に進める方、皆さんの個性が制作途中からも、とてもよく現れていました。

 

③完成

皆さまとっても素敵に完成しました。

今年は上へ上へと伸びるようなデザインのキャンドルホルダーが多く見られました。

kansei.jpgkansei02.jpg 

 

キャンドルホルダーを作っているうちに、外ではいよいよキャンドルの点灯が始まりました。

 

can15_20.jpg 

 

 

点灯参加の受付を担当しているのは、仙台市天文台のスタッフサポーターの皆さん。キャンドルの準備から当日の運営まで、いつもお手伝いいただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←いつもありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーサポーターの株式会社渡辺教具製作所様からいただいた、夜の地球儀とキャンドルが来館するお客様をお出迎え。

can15_21.jpg 

キャノピーには、キャンドルが並び始めました。

can15_22.jpg

↑まだちょっと明るいですね。

 

 

日が暮れた館内では、クリスタルボウル奏者・安達季久子さんによる、クリスタルボウルの演奏が始まりました。

can15_19.jpg 

 

いつもながら素敵で幻想的な音色に、たくさんのお客様が包まれていました。

can15_18.jpg 

 

外はすっかり夜になり、キャンドルの灯りがより一層あたたかな雰囲気を作り出しています。

can15_23.jpgcan15_03.jpgcan15_24.jpg 

最後の方で、途中雨が降ってしまったものの、今回のキャンドルナイトも盛況のうちに終了したのでした。

 

次回の開催は冬至付近の土曜日。

みなさんも一緒に、キャンドルの灯りを眺めながら、天文台でスローな夜を過ごしませんか?