宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

がんばれ!子ども台長

 

【イベントレポート】

 

15kodomo29.jpg

 

2015419日(日)、仙台市天文台にて科学技術週間イベント「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか?」が開催されました。

 

 

科学技術週間は、科学技術について広く一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として昭和352月に制定されました。この期間、全国の博物館・科学館などで、各種科学技術に関するイベントを実施しています。

 

 

仙台市天文台では、この一環として「1日館長」イベントを開催いたします。普段見学しているお気に入りの科学館・博物館の館長になれる特別なイベントです。

 

今回は、抽選で選ばれた宮城教育大学附属小学校4年生の菅原暉(すがわらひかる)くんが1日台長にチャレンジ!はたして、無事に任務を終了できるでしょうか!?

 

 

まずは、天文台スタッフのユニフォームにお着替え。

赤いつなぎお似合いです!

15kodomo01.jpg 15kodomo02.jpg

 

続いては任命式。副台長と初めてのご対面に緊張するかと思いきや笑顔の子ども台長。さすがです!

15kodomo03.jpg 15kodomo04.jpg

 

台長席のすわり心地はいかがでしょう。あ、いいようですね。

15kodomo05.jpg 15kodomo06.jpg

 

準備ができたところで、いよいよお仕事スタートです。緊張しているかうかがったところ、「楽しみ!ワクワクしてる!」とのお答えが。ヒカル台長、頼もしいです!

 

 

■プラネタリウム

15kodomo07.jpg

 

最初のお仕事はプラネタリウム。

 

本番前に、子ども台長が考えてきてくださった原稿を確認します。

 

前の晩遅くまでかけて完成させてくれたようです。とても詳しく調べられた内容にスタッフもびっくり!

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

確認後は、いよいよマイクを持ってリハーサル。

プラネタリウムの解説は暗い中で原稿を読まなければならないので大変です。

子ども台長、お家でたくさん練習してきてくださったようで、ゆっくりと聞きやすい話し方でとっても上手!

リハーサル後もスタッフと入念な最終調整は欠かせません。

15kodomo08.jpg 15kodomo09.jpg

さぁ、まもなく本番。はたして上手くできるでしょうか!?

 

 

入場開始時刻になり、子ども台長はスタッフと一緒に入口でお客さまのお出迎え。「こんにちは!」元気な声でお客さまをお迎えします。これも大事なお仕事です。

15kodomo11.jpg

 

 

投映が始まると、まずはみなさんへご挨拶。観覧席からの登場した子ども台長。

なんと、この登場の方法、子ども台長のアイデアなんです!ご挨拶も、緊張することなく、堂々としたもの。

「木星」についてお話するところで、クイズを出題したのですが、実はこれも台長のアイデア。

クイズの問題から答えのバリエーションまで考えてきてくださいました。

スタッフとの掛け合いもお見事。息ぴったりの投映で、お客さまを楽しませてくださいました。

15kodomo12.jpg 15kodomo13.jpg

 

 

 

■ひとみ望遠鏡案内

プラネタリウムの次は休む間もなく「ひとみ望遠鏡案内」です。

スタッフと一緒にひとみ望遠鏡の鏡についてご紹介。スタッフの質問にも的確に答えていきます。

15kodomo20.jpg

 

 

いよいよ望遠鏡を動かします。タッチパネルを使って操作。

自分の指一つでこんな大きな望遠鏡が動くのですから、感慨もひとしおです。

15kodomo16.jpg 15kodomo18.jpg

 

 

実際に望遠鏡を覗いてみます。

この日はあいにくの曇り空でしたが、子ども台長が覗いた時には、運よく金星が見えていたそうです。

15kodomo17.jpg 

 
 

*****

 

ひとみ望遠鏡案内が終わったら、お昼の休憩。

やっと一息つけるかと思いきや、お忙しい子ども台長、取材にいらっしゃった記者さん達の質問攻めにあってしまいました。ところが、「取材大歓迎!ぜひ記事にしてください!」と、意欲的な子ども台長はスラスラと質問に答えていました。

15kodomo19.jpg

 

 

■展示解説

さぁ、次が最後のお仕事、展示ツアーです。お客さまに展示物を使って宇宙や天文について説明していきます。

まずは太陽系惑星運行儀を使って惑星の動きについてご紹介。スタッフとのリズミカルな掛け合いが息ぴったりでとても分かりやすい解説です。

15kodomo23.jpg 15kodomo24.jpg

 

 

惑星について紹介するところでは、率先してお客さまをご案内し、それぞれの星の特徴をご説明。時には身振り手振りを使って全身でご案内していきます。

15kodomo25.jpg  15kodomo26.jpg

 

地球公転カレンダーで誕生星座についてご案内して、展示解説は終了です。

物怖じすることなく、お客さまにご説明する様子が本当に頼もしく、一緒に解説したスタッフも勉強になったそうですよ。

 

 

*****

 

この後も、展示室内の隕石を見学したり、ベガ車庫でベガ号を見たりして、館内をまるごと楽しみました。

プラネタリウムの番組を作る録音室では、置いてあったキーボードを使って子ども台長が即興で作曲した曲を演奏してくださる場面も!「はるか遠い銀河」をイメージして作ったという曲は、とても即興とは思えない叙情的なメロディで、居合わせたスタッフは皆一様に感動していました。

15kodomo27.jpg 15kodomo28.jpg

 

 

最後は、副台長と一緒にサポーターボードに星を貼って、本日の任務終了です。

長い時間、本当にお疲れさまでした。

15kodomo30.jpg才能にあふれたヒカル台長、将来がとても楽しみです。またぜひ遊びにきてください!

 

 

「きみもあなたも1日子ども台長になってみませんか」は来年も開催予定です。応募時期や方法につきましては、天文台ウェブサイトでお知らせしていきますので、ぜひご応募してみてくださいね。

 

次はあなたも、「1日子ども台長」になってみませんか?