宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

七夕さんの星見会

  

2014年8月2日(土)。伝統的七夕の日にちなんで「七夕さんの星見会」を開催しました。

 

「七夕の夜は、明かりを消して、天文台へ」

 

そんなキャッチコピーのもと企画した今回のイベント。

全部で3部構成となっており、それぞれ星や七夕について知ることができる内容となりました。

 

■第一部 ワークショップ「my望遠鏡を作ろう!」

 

イベントの最初に開催されたのは、望遠鏡作りのワークショップです。組み立て望遠鏡のキットを使って自分だけの望遠鏡を作ります。

 

まずは天文台スタッフと材料の確認です。

細かい部品がいくつかあるので失くさないように注意が必要です。

mybouenkyo01.jpg  mybouenkyo02.jpg

 

全部の部品の確認が終わったら、いよいよ組み立てです。

小さな部品から組み立てをして、レンズをはめ込んで...。

レンズとなる部品は指紋をつけないように、慎重に慎重に!

mybouenkyo04.jpg  mybouenkyo03.jpg

mybouenkyo06.jpg  mybouenkyo07.jpg

 

スタッフサポーターさんと、宮城教育大学の学生のみなさんがワークショップのお手伝いをしてくださいました。

mybouenkyo05.jpg  mybouenkyo10.jpg

 

光漏れ防止の黒いテープを貼って完成です!

外側に貼る白いシールは、お家で好きなように絵を描いて、よりオリジナティーあふれる望遠鏡に仕上げてくださいね。

 

みなさんとっても上手にできました◎

mybouenkyo11.jpg  mybouenkyo12.jpg

 

完成した望遠鏡は夜の星見会までとっておいて...。

さぁ、次はプラネタリウムで七夕についてお勉強です。

 

■第二部 プラネタリウム特別投映「七夕さん」

 

プラネタリウムでは、七夕の有名な昔話を仙台弁でご紹介。

他にも、伝統的七夕について月の形による説明や、「光害」について紹介する番組が流れるなど、盛りだくさんな内容となりました。

 

~当日の月の様子~

moon0802.jpg 

 

■第三部 星見会と篠笛の夕べ

 

夕方になり、少しずつ空が暗くなりはじめたころ、天文台外の惑星広場では、この日最後のイベントとなる星見会と、篠笛と太鼓の演奏がはじまりました。

hoshimi01.jpg仙台天文同好会のみなさんやスタッフサポーターさんにご協力いただき、たくさんの望遠鏡が広場に並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

篠笛奏者のAMBOさんと、太鼓奏者のHIKAさんによる演奏は、夕暮れ時の雰囲気にぴったり!

hoshimi03.jpg 

第一部のワークショップで作った望遠鏡も早速試してみることができます。

hoshimi04.jpg 

よく晴れたこの日は、惑星広場から天の川を見ることができました。

amanogawa01.jpgamanogawa02.jpg 

みなさん思い思いに星見を楽しんだ夜でした。

 

~おまけ~

イベント当日、宮城教育大学の学生スタッフ達がなにやら"たらい"に水を張っていました。

織姫星・彦星が見えるか!?という実験なのだとか。

はたしてその結果やいかに!!

続きはスタッフブログをご覧ください→スタッフブログ