宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

キャンドルナイトレポート~2014夏~(その2)

 

【イベントレポート】 様々なワークショップでにぎわう館内。そんな館内にさらに彩を添えたのが、音楽とのコラボレーションイベントでした。

 

★かけらライオのキャンドルライブ★
 
宮城出身のメンバーによって結成された"かけらライオ"。

15時からは、そんな彼らによるライブ演奏が行われました。
 
ボーカルの佐藤恵深(めぐみ)さんの囁くような歌声から始まったライブ。透き通った歌声がオープンスペースいっぱいに広がり、観客のみなさんを包んでいきます。
 

kakera05.jpg 
曲が進むにつれ、お客さんに近寄る恵深さん。いつもこうして近くに寄って歌っているのだとか。語りかけるように歌う姿が印象的でした。

 

kakera03.jpg 

 

 
←お客様に近寄る恵深さん。

この日は少し遠慮気味に寄っていったのだとか。

 

 

 

 
 
かけらライオには、星や月をテーマにした曲がいくつかあります。太陽の光よりも月や星のように、光すぎない、熱すぎない音楽を制作しているという彼ら。かけらライオ自体のイメージも月や星などをイメージしているそうです。
 
kakera04.jpg
物販スペースも月と星で飾り付けられとても可愛らしいです!

 
 
「日のあたらないところに日を当てたい。あたためたい。日陰にいてなにかくすぶっている人たちの切ない気持ちや、哀しい気持ちを包み込むことができたらいいなと思って曲を作っています。がんばれ!というのではなく、そっと寄り添うような、そんな音楽を。」
ライブ後のインタビューで、そう語ってくれた恵深さん。
 

最後に天文台webサイトをご覧のみなさんへメッセージをお願いしたところ、「星に合う曲が多いので、天体観察しながら聴いていただければ嬉しいです。ライブ活動も沢山行っているので、星が出てない時でも、ぜひ観に来て星を感じていただきたいです。」と、明るく答えてくださいました。
 

心にスッと溶け込むかけらライオさんの音楽。ぜひ、夜空を眺めながら聴いてみたいです。
 

kakra07.jpg 
かけらライオのみなさん、お忙しい中インタビューに答えていただき、ありがとうございました!

 

 

 
★地球を想う~クリスタルボウル×キャンドルナイト~★

 

日が沈み、キャンドルナイトの灯りがあたたかく灯りはじめたころ、クリスタルボウルとキャンドルナイトのコラボレーションイベントが始まりました。
 

昨年の冬に開催されて好評だったこのイベント。今回もスペシャルプラネタリウムではお馴染みの、クリスタルボウル奏者の安達季久子さんによる演奏です。
 
水晶でできた楽器クリスタルボウルを取り囲むように置かれたキャンドルたち。柔らかな灯りがより一層、雰囲気を盛り上げます。

cry01.jpg

 
神秘的な音色にみなさん聴き惚れていました。

cry02.jpg

 
2回行われたイベントの合間には、安達さん自らクリスタルボウルの解説もありました。

cry03.jpg

 

見慣れない楽器にみなさん興味津々です。
 

 
7月26日(土)に、スペシャルプラネタリウムコラボショーでクリスタルボウルの演奏を聴くことができますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
 

 

 
★キャンドル点灯★
 
毎年恒例となった夏と冬のキャンドルナイトイベント。
キャンドルホルダーはいつもスタッフサポーターさんのみなさんが、開催前から作成・準備してくださいます。

staff02.jpg staff03.jpg

 
当日は、受付やキャンドル点灯の準備などをお手伝いしてくださいました。
tentou04.jpg

 
いつもありがとうございます!
 

 
途中雨が降ってきてしまったものの、キャノピーの屋根の下に移動したキャンドルが光の道を作って来場者をお出迎えしていました。

tentou01.jpgtentou05.jpgtentou06.jpg 
 
次回は、冬至近くの土曜日開催を予定しております。
大切な人と一緒に、スローな一日を過ごしてみませんか?