宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

文部科学大臣賞おめでとうございます!

omedetou1.jpg

9月23日(日)、「宇宙の日」記念行事全国小・中学生作文絵画コンテストの入賞者表彰式を開催いたしました。

このコンテストは、文部科学省、国立天文台、宇宙航空開発機構などが主催しているもので、各地方の科学館が最優秀賞を選定し、その中からさらに厳正な審査のもと、各部門ごとに主催者賞が贈られる、というものです。

仙台市天文台にも、今年のテーマ「宇宙オリンピック」を題材にした多くの作品が寄せられ、みごと、全国表彰七つの主催者賞の一つ"文部科学大臣賞"に、仙台二華中学校2年 鈴木美紀(すずきみのり)さんの作品「宇宙オリンピック、万歳!」が選ばれました!受賞作品はこちらからどうぞ→「宇宙の日」ホームページ

今回は、美紀さんを含めた受賞者(小・中学生)約20名が、天文台で行われる表彰式に出席されました。

omedetou2.jpgomedetou3.jpg

表彰式に伴い、一般財団法人 リモート・センシング技術センター事務局長・松浦直人さんによる記念講演も同時開催。「宇宙開発の今」と題し、宇宙飛行士が宇宙で撮影した貴重な画像などを交えながら、とてもわかりやすくお話してくださり、出席した子供達や保護者の皆さんも、大変熱心に耳を傾けていました。

omedetou6.jpgomedetou7.jpg

最後に、表彰式での美紀さんのご挨拶が、受賞作品にも劣らない素晴らしいものだったので、美紀さんの許可を得て、全文掲載させていただきます。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 私が知っている宇宙は微々たるもの。

これといって、詳しいわけではありません。

 

ただ、空を見上げ、星を眺めているのが好きなのです。

 

 夜空は、私の乱れた心を穏やかにしてくれます。

光る星は、私の傷ついた心を癒してくれます。

 

 震災の日も、私は真っ暗闇の空を見ていました。

吸い込まれそうな濃紺の空間。

星だけが何事もなかったかのように 明るく輝いていました。

 

 宇宙の果てしなく大きいこと。

そして、その大きな宇宙の中の小さな星、地球。

そして、その小さな地球にいる もっと小さな私。

 

 私は思わず、遥か彼方に向かって「小さな私に力をください」と 祈っていました。

宇宙は、ものすごいパワーを秘めているように感じたからです。

 

 ですから、今回のこの作文は宇宙の知識を生かして書いた、というより

神秘的な宇宙で このような話が展開されれば素敵だろうな、との思いで書きました。

 

 きっと近い将来、最新の技術が宇宙で行かせる日がくるでしょう。

宇宙が地球のように作られる「テラフォーミング」が進み、宇宙旅行ができる・・・

考えるだけで、ワクワクします。

 

 ところで、私には障害を持つ兄弟がいます。

今回の作品では、「みんなちがってみんないい」という宇宙オリンピックを通して、

地球でも「心のバリアフリー」、偏見と差別のない社会を~と 訴えたかったのです。

 

 障害のある人もない人も高齢者も 共に生きる社会、

「ノーマライゼーションの精神」で絆を深めていこう、

私たちは皆 小さな地球という星に生きている 小さな小さな人間なのだから...

そう願って書いた物語が、文部科学大臣賞をいただきました。

 

 先週、神奈川県相模原市で行われた表彰式に出席してきたのですが、

改めて宇宙への夢を描き、希望を抱いて帰ってきました。

 

 きっと私は以前より増して、星を見上げては空想の世界に浸ることでしょう。

でも、それもまた楽しみですし、

これからも宇宙から 生きる力を与えてもらおうと思っています。

                                       宮城県仙台二華中学校 2年

                                                  鈴木 美紀

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

omedetou4.jpg

 本当におめでとうございました。