宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

太陽の通り道をたどろう!レポート

2012年3月20日(春分の日)に、ワークショップ「太陽の通り道をたどろう!」が開催されました。

taiyo3.jpgこのワークショップは、季節ごとに年に4回行われており、春分、夏至、秋分、冬至の太陽の軌跡をたどり、メダルを取りつけるというものです。

2008年の秋分から始まったので、メダルもだいぶ埋まってきました。年によって少しずつ時間をずらし、メダルが重ならないようにしています。

このメダルを見ると、季節によっていかに太陽の高さが違うかがよくわかります。

 taiyo5.jpg

今回は9時5分からはじまり、1時間ごとに太陽がどんな影を作り、どんな動きをしているのかをお客様と一緒に見て行きました。

当日は「雪」という天気予報の中、奇跡的に顔をのぞかせてくれる太陽をすかさずキャッチしながらの作業でした。

日食グラスでは、黒点もしっかり観察できました。

taiyo6.jpg

 

 

 

 

 

 


2012年3月20日の日付と時間を刻印。これで後から見てもいつの太陽かわかりますね。

  taiyo9.jpg


取り付けも体験していただきました。

 

taiyo10.jpg

 

 

 

 






残念ながら午後から予報通り雪がちらつきはじめ、太陽は隠れてしまいましたが、「なんか楽しい」「次の夏至の時にも参加したい」という子ども達の声も聞かれた、楽しいワークショップとなりました。


このメダルを取り付けた日時計は、いつでも惑星広場でご覧いただくことができます。

今年は「日食」もあり、例年に比べ太陽にスポットが当たっています。身近だけど実はあまり知られていない太陽について、少し注目してみませんか。展示室では天気が良ければいつでも太陽の今の姿を見ることができますよ。taiyo2.jpg