宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

なるほど!びっくり!! 「地球ふうせん」

[講演会レポート]

2月13日(土)に小中学生のためのサイエンス講演会が開催されました。

今回の講師は、山形大学理学部教授でNPO法人小さな天文学者の会理事長も務めていらしゃる柴田晋平先生。

 

→研究室のHPはこちら http://ksirius.kj.yamagata-u.ac.jp/~shibata/

 

myself-1.jpg

 

 

 

 

 柴田先生は、実験やクイズをまじえながら「楽しい磁石星たちの物語」をお話してくださいました。

 

 

 

まずは、

地球をひとまわり4mのおおきな風船に見立てて...

sendai1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sendai2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球はまるい形をしているといってよいかを、実験を交えて考えてみました。

 

 

 

 

 

 

地球の様子を思い浮かべてみると...高い山があったり、深い谷があったり、赤道まわりの方が膨らんでいるようなイメージもありますが、ひとまわり4mの地球ふうせんで考えてみると、どれもがほんの数ミリの差となり、誤差といってもいい値であることに気がつきます。

 

宇宙にはどんなタイプの星があって、どれだけ個性的か。

明らかになってきた宇宙の姿をシミュレーションで再現  などなど。

 

「わかった!!」というキラキラした子どもたちの瞳の輝きと、笑顔あふれる講演会。

 

宇宙ってどんなところなのか、イメージも風船のように大きく膨らんだのではないでしょうか...

 

企画交流/佐々木