宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

中秋の名月の日、サタ☆スタは。。。

 

10月3日は中秋の名月でした。

お天気はちょっと微妙でしたが、1.3m望遠鏡では月や木星を見ていただくことができました。

天文台の外では、天文同好会のサポーターのみなさんによる「お月見観望会」が賑わっていました。

 

オープンスペースでは、7月22日の皆既日食観測ツアーの報告会が開かれました。

 

P1030579s.jpg

 60人ほどのギャラリーを前にしての発表です。

奥には、夏休みに天文台のプレショーギャラリーで展示した「日食報告」や、子どもたちの夏休みの研究発表を掲示、日食当日に使用した観測機材なども並べられ、観客のみなさんも興味深く見てくださっていました。

 

 

P1030575s.jpg

 ≪日食の時のまわりの変化の発表≫

"気温は部分日食から皆既になるまでに32度から30度に下がりました。皆既中には真っ暗になり金星が見えました。鳥は皆既前は警戒した鳴き声、皆既中は鳴きやみ、皆既後朝のやさしい鳴き声になりました。セミは、皆既23分前に鳴きやみ、皆既23分後にうるさく鳴き始めました。"

 

P1030577s.jpg

 

≪皆既日食中の動画を見ながら、臨場感いっぱいの発表≫

左は、全天周動画。空全体の様子、月の影の動きなどがよくわかります。右上は太陽の拡大画像。右下は風景。だんだん暗くなり、皆既になると真っ暗になる様子は皆既日食の醍醐味。

 

 

 

皆既日食はたった数分間の現象、一人ですべてを見ることは不可能ですが、ツアーメンバーの記録や記憶をつなぎ合わせると大変貴重な観測報告となりました。

 

オープンスペースでは、このあと、A2C(アツシ)さんによるライブが行われました。

 

市民の皆さんがおおいに盛り上げてくれたサタ☆スタのひとときでした。

 

 

高橋(博)