宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

おめでとうございます!表彰式レポート

 本日、「宇宙の日」記念行事として行われた全国小・中学生作文絵画コンテストの入賞者表彰式を開催いたしました。

taikikun-1.jpg

 このコンテストは、文部科学省、国立天文台、宇宙航空開発機構などが主催しており、各地方の科学館が最優秀賞を選定し、その中からさらに厳正な審査のもと、各部門ごとに主催者賞が贈られる、というものです。

 仙台市天文台にも、今年のテーマである「宇宙大ハッケン!!」を題材にした多くの作品が寄せられ、みごと、全国表彰である七つの主催者賞の一つ"リモート・センシング技術センター理事長賞"に、愛子小学校2年・山村泰輝(やまむらたいき)くんの作文「すごいことがあるかもうちゅうって」が選ばれました!!


taikikun-2.jpg

泰輝くんにインタビューです。

-おめでとうございます。
作文を書くのは好きですか?

「あんまり...」。

-これまで賞をもらったことは?

「はじめてです」。

-この作文はどんな気持ちで書いたのですか?

「一番伝えたかったのは、友達のうちの犬のプルが星になったことです」。

-将来は宇宙飛行士になりたいって書いてたけど...。

「今は他のものに興味があります。電車の運転手です」。

▲リモート・センシング技術センター理事長賞の賞品「人口衛星で撮影したあなたの町の写真」を手に...

-ありがとうございました。これからもいろんなことに興味を持って、次回もぜひ応募してくださいね。

 今回の表彰式には、泰輝くんを含めた入賞者約15名が出席し、土佐誠天文台長から表彰状と記念品が贈呈されました。

 子供たちの感性豊かな作品は明日(27日)までオープンスペースで展示しています。 ぜひご覧ください。

taikikun-3.jpg

                                                    広報/菅野