宇宙のひろば

宇宙のひろばの最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

宇宙のひろば内を検索

ワンコインプラネ スタート記念インタビュー(2)

 

takedasantitle.jpg

 2月22日(日)に記念すべき第1回「ワンコインプラネタリウム~武田こうじのpoetry reading~」が開催され、たくさんのお客様に武田さん書き下ろしの詩の朗読と天文台スタッフによる星座解説をお楽しみいただきました。

 今回のインタビューでは、詩人としてスタートした約10年前のことから、今後の豊富などを語ってもらいました。前回のイベントダイジェスト動画もあわせてお楽しみください。

―先日はお疲れ様でした。大盛況でしたね。率直なご感想はいかがですか?

oushi.jpg「初めての試みだったので、ちょっと不安もありましたが、楽しくやれました。イベントの継続性と、作品の連載というのがテーマなので、良いスタートがきれたと思います。僕が受け取ってる感想では、みなさん、楽しんでくれたみたいで...“次は◯◯座の時に行こうか”とか、“自分の星座のことを知らないから、その時には行ってみたい”とかというのがあって、嬉しかったです」。

 

―天文台のスタッフによる星座の解説も良かったということですね。

「僕としては良い意味で“手作り感”を出したかったので、(天文台スタッフと)一緒にやれて良かったなと思います。それ以外に例えば、チケットの連載も良かったし(※)、お客様に詩を配ったことも次につながる、と思いました。次回は自分の詩集をイベント終了後に販売する予定です」。

次回(3月22日(日)「ふたご座」がテーマ)も楽しみですね。意気込みのほどは?

「こういう毎月のレギュラーイベントは2回目が大切だと思っています。ミスがないようベストを尽くすのはもちろんのこと、自分も含めてみんながのびのびと楽しめる空間を作りたいなと思います」。

―さて、前回に引き続き武田さんのキャリアを振り返るインタビューですが、詩人を名乗りはじめてからは、主にどのような活動をされてきたのですか?

「自分の詩集を出すことと詩のライブをするというのがベースにありました。最初はコピーを綴じた簡単な詩集を作ったり、知り合いのお店を頼りに、定期的にイベントをやらせてもらってました」。

―文学館でも定期的にライブをされてますよね。
oushi3.jpg
「文学館との出会いはまさにターニングポイントで、それまでは自分の友人や知り合いが集まるような小さな会をやってたんですけど、その出会いでステージが変わりましたね。もともと接点は全くなくて、飛び込みの営業がきっかけです(笑)
“僕は詩の活動してる者で...”、という話をしたら、向こうも“自分たちも詩のイベントをやりたいから、一緒にできたらいいね”という話で盛り上がって、そんなところからはじまりましたね」。

―そして今では動物園やここ天文台と、仙台市民と触れ合える場所での活動が増えてきましたね。

「“仙台”そのものにこだわりがあるわけではないんです。でもやっぱり自分が街で暮らしてて、街の中や人との出会い、会
話から詩が生まれる。そういったことがきっかけになり、じゃあ今度は動物たちを題材にできないかな、星や宇宙を題材にできないかな、なんて思いから、こういう公共の場所でイベントを開催させていただくようになりました。仙台はわりと街の大きさが良い意味でちょうど良いというか、ボーダレスというか、普段カフェのイベントに来てくれる若いお客さんも気軽に文学館に来てくれたり、文学館に来てくれる方も、カフェのライブに行ってみたいなって来てくれたり、そういう良さがあります」。

―このようなイベント用の詩と、普段武田さんが何もないところから生み出す詩、作り方にはどのような違いがあるのですか?

 

「自分自身の詩を書く時っていうのは、自分に何かが起きている時、自分の心の中に葛藤があったりする時に生まれる、なんていうか、ぐちゃっとした“ゆがみ”みたいなものに形を与えているっていうのが、自分の作品なんですね。だけど天文台や動物園などのイベント用に作るときは発想がまったく逆で、“自分の周りってこんなに素敵なことが多いんだ”って思うところから始めるんです。“やっぱり星を見るのはいいよね”とか、“キリンってかわいいよね”みたいな...。それを、作品にしているという点では、出発点が逆ですね。でも実は最後に行きつくところは同じになってくるんです。星が綺麗だからこそ悲しいと思ったり、キリンが優しい目をしているからこそ、自分を振り返ると人間って寂しいなって思ったりする…そんな感じですね」。

―では武田さんご自身で、これからやってみたいことってありますか?

 

「天文台と文学館と動物園、3館をつなぐイベントをやってみたいですね。それぞれが持ってる良い部分やノウハウを足していけば、“自分の街の詩集”というのができると思うんです。星のページがあったり動物たちの詩があったり...そういうのを一緒にできたらいいなあって思います」。

↓前回のダイジェストはこちら



連動企画「仙台ポタ」のブログ「ポタネタリウム」も好評更新中です。ぜひご覧ください!

(※)=チケットにはその月の数字の詩が書かれており、3枚集めると武田さん直筆の詩入り星座ポストカードをプレゼント!12枚全部集めると1枚の綺麗なシートになります。