2023年春・プラネタリウムのリニューアルについて

リニューアルの目的

2008年に錦ケ丘に移転後15年目を迎え、仙台市天文台ではプラネタリウムを含む施設の大規模修繕を行います。
来館者の皆様により快適にお過ごしいただき、これまでよりもさらに「宇宙を身近に」感じていただけるような体験をご提供するため、
施設の大規模修繕およびプラネタリウムのリニューアルを実施する運びとなりました。

リニューアルのスケジュール

 【2023年1月4日(水)-4月28日(金)】
リニューアル工事のためすべてのプラネタリウムの投映を休止いたします。
※展示室、望遠鏡などは通常通りご観覧いただけます。休止期間中の年間パスポート延長についてはこちら★

 【2023年4月29日(土)-6月18日(日)】
プラネタリウムプレオープン
リニューアルの概要が分かる特別番組を特別料金でご観覧いただけます。

 【2023年6月19日(月)】
プラネタリウムリニューアルオープン
「星空の時間」、「こどもの時間」などの定番プログラムも一斉リニューアル。新たなプログラムを通常の観覧料にてご案内いたします。

リニューアルのコンセプト

近代プラネタリウムの誕生から100年―。
仙台市天文台のプラネタリウムは、持続可能な社会の実現に向けて、
地球の未来をみつめ、多様な学びのニーズに応えられる空間へと生まれ変わります。

renewal_1 _800px.png

リニューアルの詳細や今後のプラネタリウムの最新情報は、こちらのページを更新いたします。