天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観察ガイド2013アーカイブ

天体観察ガイド「ラヴジョイ彗星を見よう」

明け方の東の空で、ラヴジョイ彗星が見られます。

天体観察ガイド「2013/1/1 初日の出」

2013年の宮城県内の初日の出情報をご紹介します。

初日の出からはじまる素敵な新年をお迎えください。

天体観察ガイド「2013/3/10 パンスターズ彗星(C/2011 L4)が近日点を通過」

彗星イヤーの今年、いよいよ期待のパンスターズ彗星の見頃がやってきました。
太陽にもっとも近づく近日点を通過するのが3月10日です。
この頃から、日本でも夕方の西の空の低い位置で観察することができそうです。

天体観察ガイド「2013/4/1 水星が西方最大離角」

天体観察ガイド「2013/4/5 パンスターズ彗星(C/2011 L4)がアンドロメダ銀河と接近」

3月中旬頃から見頃を迎えたパンスターズ彗星ですが、4月5日前後にはアンドロメダ銀河と接近する様子を楽しむことができます。

天体観察ガイド「2013/5/29 夕方西の空で、水星、金星、木星が集合」

5月下旬、西の空のかなり低い位置で、水星、金星、木星、3つの惑星の集合を楽しむことができそうです。

天体観察ガイド「2013/6/23 今年最も大きな月」

今年、最も月が大きく見えるのは、6月23日です。

天体観察ガイド「2013/8/4 月、火星、水星、木星が集合」

8月4日、夜明け前の東の空で、月、火星、水星、木星が並びます。

天体観察ガイド「2013/8/12 スピカ食」

8月12日の夕方、おとめ座のスピカが月に隠される「スピカ食」が見られます。

天体観察ガイド「2013/08/13 ペルセウス座流星群が極大」

ペルセウス座流星群は、しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並ぶ三大流星群のひとつで、毎年活発な活動が見られます。7月20日~8月20日頃が活動期間と予想されていますが、この期間中で最も多く流れると予想されている極大を迎えるのが、今年は8月13日の午前3時頃です。

天体観察ガイド「2013/8/13伝統的七夕の日」

仙台には3つの七夕があります。一つ目は7月7日、二つ目が8月6日~8日の仙台七夕まつり。そして、もう一つが伝統的七夕の日です。

天体観察ガイド「2013/9/19 中秋の名月」

今年は9月19日が「中秋の名月」です。

天体観察ガイド「2013/10/7 月・水星・金星・土星が並ぶ」


10/7の夕方、三日月と水星、金星、土星がずらりと並ぶ様子が見られます。

天体観察ガイド「2013/10/17 十三夜」

今年は10月17日が「十三夜」です。

天体観察ガイド「2013/11/29 アイソン彗星(C/2012 S1)が近日点通過」

【11/30追記】

近日点通過時に消滅した可能性があるとされたアイソン彗星は、その後、太陽観測衛星画像にも写し出され、彗星としての活動が見られます。

「近日点通過後にアイソン彗星が現れ、尾が伸びていることもわかる。それが彗星の残骸によるものなのか、生き残った核の一部によるものなのかはわかっていない。」また、NASAの科学者によると「少なくとも、小さな核の一部が残っていることを示唆している。」と発表されています。(下記リンク参照)

Comet ISON May Have Survived

 

【11/29追記】

肉眼でも見えるほどの大彗星になると期待されていたアイソン彗星ですが、「近日点通過時にアイソン彗星が蒸発し消滅したとみられる」とNASAの見解が示されています。(下記リンク参照)

Comet ISON Fizzles as it Rounds the Sun

 


  

彗星イヤーの今年、トリを飾るのはアイソン彗星です。
11月29日に太陽にもっとも近づき、過去の大彗星と並ぶ彗星になるのではないかと期待されています。

天体観察ガイド「2013/12/2 水星食」

12月2日、水星が月に隠される「水星食」が見られます。

天体観察ガイド 「2013/12/14 ふたご座流星群が極大」

ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群のひとつで、毎年活発な活動が見られます。
12月5日~1月20日頃が活動期間と予想されていますが、この期間中で最も多く流れると予想されている極大を迎えるのが、今年は12月14日の14時頃です。