天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2016年1月アーカイブ

天文Q&A.025 曜日はどうやって決まったの?

Q.025 曜日はどうやって決まったの?

 

2016/1/9 金星と土星の接近

昼の空で,金星と土星が接近している様子を撮影することができました。

最接近となったのが12時56分でしたが,高度が10度ほどと低く,さらに雲に阻まれたために撮影できませんでした。撮影画像は,最接近の2時間ほど前の11時10分に撮影したものです。

金星が-4等級であるのに対し,土星は0.4等級と暗く淡いため,画像の強調処理をすることで土星の姿を確認することができました。この時の2天体の離角は7分40秒角で,満月(約30分角)の大きさの約4分の1の距離まで接近して見えたことになります。

 

160109_VeSa.jpg

■撮影データ
撮影日時:2016/1/9 11:10:26
撮影機材:ひとみ望遠鏡+Canon EOS 6D(トリミングあり)
露出時間:1/320 秒(ISO100)

観測計画概要 1月-3月

 

観測計画概要 1月-3月

目的 天体基礎データの取得と解析

 

予定日 観測内容
1 8(金)
9(土)
12(火)
16(土)
24(土)
30(土)
冷却CCD ○フィルター係数再測定
○長周期変光星の測光
分光器 ○分解能測定・解析
○基礎データ取得・解析
 ・散光星雲
 ・彗星
2 2(火)
9(火)
12(金)
13(土)
20(土)
27(土)
冷却CCD ○フィルター係数再測定
○長周期変光星の測光
分光器 ○基礎データ取得・解析
 ・分光連星
 ・ブライトスター
3 5(土)
8(火)
11(金)
12(土)
19(土)
26(土)
冷却CCD ○長周期変光星の測光
分光器 ○基礎データ取得・解析
 ・長周期変光星
 ・銀河

 

技術向上のための観測

対象 仙台青陵中等教育学校
1月 3夜  ○分光器(低分散モード)による連星観測