天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観察ガイド「2014/08/27 火星と土星が接近」

8月27日、太陽が沈み空が暗くなってくると、接近した火星と土星の姿が見られます。

1408271947kaseidosei.jpg

できるだけ西の空が開けている場所で観察すれば、沈んでいく火星と土星の姿を長く見ていることができるでしょう。(※火星と土星が最も近づくのは22時14分ですが、2つの惑星はすでに沈んでいるので見ることはできません。)
双眼鏡で覗けば、一度に2つの惑星を視野の中におさめることができるでしょう(図右上:視界7°で覗いた様子)。
また、火星と土星に対して、月が8/31、9/1は近くに輝くので、3天体の共演を楽しむことができるでしょう。
そしてこの時期、火星のそばには「火星に対抗する者」という意味を持ったさそり座のアンタレスが見えています。火星とアンタレスの色の赤さを比べるのもいいかもしれません。

1408311940kaseidosei.jpg